('19-146) 銀座-木場公園-墨田15kmランニング

2019年5月25日(土)、晴れ、15~32℃  
  (16時) 
・ 日本列島は高気圧に覆われて、広い範囲で季節外れの暑さになった。
・ 大分県竹田市で35℃の猛暑日となり、425の観測地点で30℃以上の真夏日になった。全国の140地点で5月の最高気温を更新した。
・ 明日はさらに気温は高くなるようだ。
・ 八王子でも朝から雲一つなく晴れて、最高気温は32.3℃になったが、全国135位だった。
・ 今日は天気が安定していたので、洗濯物や布団を干して、ランニングに出た。
画像











◎ 晴海-隅田川-浅草16kmランニング

・ 銀座から木場公園、猿江恩賜公園、錦糸公園を経て、大横川親水公園と東京スカイツリーを巡って、浅草駅までの15kmを走った。

○ 北野駅~銀座駅
 (八王子市:湯殿川)         
画像・ 朝9時15分、晴れ、25℃、南3m/s。快晴だが、まだ気温は30℃にはなっていない。
・ 体力温存のため、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅から新宿駅まで行って、地下鉄で銀座駅に向かった。
(1.5km北野駅)9分40秒 







○ 銀座駅前~都立木場公園
・ 銀座3丁目の松屋前からランをスタートした。日差しが強いので、ビルの日影ができている銀座通りを東へ日本橋に向かった。
・暑さのせいか、土曜朝のせいか、人通りは少なかった。
・ ウォーキングをしているグループたちとすれ違った。
(1.5km銀座3丁目)80分     
(銀座通り)                (京橋)
画像画像














・ 日本橋では、ちょうどクルーズ船が接岸したところだった。きょうの水上観光は暑くなりそうだ。
・ 永代通りに戻って、東へ向かって、永代橋を渡った。隅田川沿いにランニングしている人がいた。
 (4.5㎞茅場町)107分55秒 (6.2㎞門前仲町)120分50秒
 (日本橋桟橋)             (隅田川と永代橋)      
画像画像














○ 都立木場公園
・ 門前仲町からさらに東へ進むと、木場5丁目に着いた。ここから北へ少し行くと、都立木場公園に着いた。
・ 木場公園は、東京都江東区にある都立公園で、総面積は24.2haもある。
・ 元は材木業関連の倉庫や貯木場などが多かったが、貯木場としての機能が新木場へ移転した後は、江東区の防災都市計画の一環として、公園が整備された。
・ 今は、都心東部地域の貴重な緑豊かな空間となっている。
・ この日も、広大な広場の木陰で休憩したり、バーベキューをして賑わっていた。
・ 木場大橋を渡って、北東へ進んだ。
(7.6㎞木場公園南口)132分
画像画像

















○ 都立猿江恩賜公園
・ 小名木川橋を北へ渡って、江東区住吉と毛利にある都立猿江恩賜公園に着いた。
・ ここも元は、徳川幕府から明治政府の貯木場になり、その後1932年に公園になった。
・ 公園の南側は野球場、庭園、北側の地区は緑地広場や遊具がある。
・ 公園の西側にある毛利小学校で運動会が行われていた。この日は、他の小学校や幼稚園の校庭や公園でも運動会が行われていたが、暑さ対策で大変だったようだ。
(10.9㎞)171分  
 (猿江恩賜公園)             (毛利小)
画像画像


















○ 錦糸公園
・ 錦糸駅のガードを通過して、駅北東側に出ると、錦糸公園がある。
・ 公園には体育館や噴水なども整備され、再開発によって隣接して大きな商業施設が整備されて、いつも賑わっている。
・ この日は、公園内で肉料理と音楽ステージなどが行われていた。炎天下の下、肉を焼くのは大変そうだが、夏バテ防止には肉食が良いだろう。
(12.3㎞錦糸公園)182分 
画像画像



















○ 大横川親水公園~浅草
・ 錦糸公園北西の墨田区に入って、大横川親水公園に着いた。
・ 暑い日には水辺の木陰の遊歩道がうれしい。
・ 600mほど進むと、「ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ2019」が開催されていた。【後ほどレポート】
・ 業平橋から西へ、隅田川を吾妻橋で渡って、浅草駅前に着いた。
(14.2㎞ご当地キャラフェス会場)195分 (業平橋)240分 (15.2㎞浅草駅前)251分
 (大横川親水公園)           (隅田川吾妻橋)
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック