('19-183) 夜雨中7kmラン-夏越の祓(茅の輪くぐり)と水無月

2019年7月1日(月)、曇り/雨、21~26℃
          
・ 梅雨前線が日本列島に横たわっていて、全国的に雨やぐずついた天気になった。特に、九州から四国、西日本では強い雨が降った。
・ 東京でも5日連続の雨になった。
・ 八王子では、朝方は曇りだったが、夕方には雨がしっかり降ってきた。
  (7時)                  (12時半)
画像画像
















◎ 夜7kmランニング
・ 19時33分、雨、気温21℃、微風。
・ 雨が降っていたが、出る時は比較的弱まったので、帽子をかぶって走った。
・ 3㎞からペースアップして、4㎞から全力走したが、雨が強くなって、ウェアはびしょ濡れになった。
・ 5kmでは、息が切れてバテた。
(1km)5分36秒 (2km)10分53秒[5:17]  (3km)15分57秒[5:03]
(4km)20分50秒[4:53] (5㎞)25分12秒[4:21] (6㎞)29分34秒[4:22] (7㎞)34分25秒[4:50]

◎ 夏越の祓(なごしのはらえ)と水無月(みなづき)

○ 夏越の祓 とは、6月末に行われる神事で、半年分のケガレを落として、この後の半年の健康と厄除けを祈願する。

○ 茅の輪くぐり
(東京都府中市:大國魂神社)
画像・ 夏越の祓には、神社で、茅の輪くぐりが行われることがある。
・ 6月30日、東京都府中市にある大國魂神社に行くと、本殿への入口の前に、茅の輪が設けられていた。
・ 多くの人が茅の輪をくぐっていた。











・ 茅の輪の横に、神事の作法が掲載されていた。
画像・ さらに、丁寧な作法としては、
1. 輪をくぐる前に一礼をして、「水無月の 夏越しの祓する人は 千歳の命 のぶというなり」と唱えながら左まわりにくぐり、茅の輪の前に戻る。
2. 一礼をし、同様に唱えながら、右まわりにくぐって茅の輪の前に戻る。
3. 3回目も一礼をし、同様に唱えながら、左まわりにくぐって茅の輪の前に戻る。
最後に、あらためて一礼をして茅の輪をくぐり、神前に進んでお参りする。










(港区:愛宕神社)
画像・ 6月23日(日)、愛宕神社へ行くと、茅の輪くぐりをしようとする人達が行列になっていた。
・ このスペースでは、8の字に茅の輪をくぐることはできない。















・ 神田明神でも、茅の輪が設けられていた。
(神田明神)
画像
















○ 水無月
・ 夏越の祓には、茅の輪くぐりとともに、特に京都では「水無月(みなづき)」という和菓子を食べる風習があり、6月後半には店頭でよく見かけるようになる。
画像・ このルーツは、昔、宮中では6月1日に「氷の節句」が行われ、氷室に貯蔵された冬の氷を取り寄せ、氷を口にすることで夏を無事に乗り切ろうと祈願したが、庶民にとって氷は高嶺の花だったため、削り立ての鋭い氷に見立てたの生地に、邪気を払う小豆をのせたお菓子を作り、6月を意味する「水無月」と名付けたという。
・ 今では、全国的にも、 水無月は6月の和菓子として親しまれ、特に夏越しの祓の頃に食べると無病息災で過ごせるとされ、夏越しの祓の行事食として取り入られている。
・ 白いういろうのプリプリした食感と甘い小豆粒あんが美味しい!

('19-182) 府中-甲州街道-八王子18kmランニング

2019年6月30日(日)、雨/曇、21~25℃

・ 日本列島に停滞している梅雨前線が活発化して、九州から西日本、東日本にかけて、広く雨になった。
・ 東京でも朝から雨が降ったりやんだりで、4日連続の雨になった。
・ 午前中に、掃除や買い物をして、昼すぎのランに出た。
・ 夕方には少し晴れ間が見えて、多摩丘陵の南東の空に2本の虹が見えた。
 (7時)                (18時40分)     
画像画像




















◎ 府中-甲州街道-八王子18kmランニング

○ 北野駅へ      
・ 13時30分、24℃。南風3m/s。厚い曇がかかっていたが、雨は降っていなかった。
・ 傘は持たずに、ランスタートした。
・ 通りに、ノウゼンカズラのエンジ色の花が咲いていた。
・ 京王線北野駅から電車に乗って、府中駅へ向かった。
・ 多摩川上流もどんより曇っていた。
(1.5㎞北野駅)10分40秒 
  (北野町)                (多摩川)
画像画像

















○ 府中駅・大國魂神社~谷保天満宮
・ 14時、京王線府中駅に着いて、駅前のケヤキ並木に出た。FC東京のフラッグが並んでいる。
・ 駅南の大國魂神社の境内を歩いて、神殿に向かった。
・ 参拝した後、14時10分、神社前から、ランニングを再開した。
(1.5㎞大國魂神社前)40分  (2.5㎞分倍河原駅北)47分
 (府中駅前ケヤキ並木)        (大國魂神社)
画像画像




















・ 旧甲州街道を西へ向かった。
・ 分倍河原駅西の踏切を渡って、本宿交差点に着いた。ついに雨が降ってきたが、レインウェアはなく、傘もなかったので、濡れていくしかない。
・ ここから甲州街道を走った。この沿道にもノウゼンカズラの花が咲いている。
(2.5㎞分倍河原駅北)47分  (3.5㎞本宿交差点)55分30秒
 (旧甲州街道)                (甲州街道)
画像画像





















○ 谷保天満宮
・ 14時半すぎ、谷保天満宮に着いた。谷保天満宮は、東日本における天満宮としては最も古く、湯島天神、亀戸天神とならんで関東三天神と称され、学業の守護神として有名。
・ 神殿の方に向かうと、境内に数羽のきれいなニワトリが歩いていた。このニワトリは、チャボのようだ。放し飼いなので、キツネなどの被害に遭っているようだ。
(3.6㎞谷保天満宮)65分~73分
画像画像





















○ 谷保天満宮~八王子
・ 谷保天満宮からランニングを再開した。雨がパラついていたので、濡れたが涼しくて走りやすかった。
・ 日野橋を渡って、日野市に入った。
・ ここでも、ノウゼンカズラの花が咲いていた。
(6.5㎞矢川駅入口)79分50秒  (8.8㎞日野橋南詰)95分20秒 
画像画像




















・ 日野駅前から大坂上への上り坂をキロ6分でトコトコ走った。
・ この後は、寄り道しながら八王子駅へ向かった。
(10.7㎞日野駅前)110分 (12.7㎞日野台)121分30秒 (15.7㎞明神町)141分30秒 (18.1㎞)162分35秒
画像画像

('19-181) 仙川-神代植物公園-飛田給12kmランニング

2019年6月29日(土)、曇り/雨、25~31℃
(8時)                 
画像・ 日本列島に梅雨前線が停滞して、西日本から東日本、東北にかけて、雨雲が活発化した。
・ 東京でも昨夜から雨が続いて、今日も雨が降ったりやんだりのぐずついた一日になった。







◎ 仙川-神代植物公園-飛田給12kmランニング

○ 北野駅
 (JR横浜線:湯殿川)       
画像・ 10時30分、20℃。南風3m/s。厚い曇がかかっていたが、雨は降っていなかった。折りたたみ傘を持って、ランスタートした。
・ 湯殿川沿いに京王線北野駅へ向かった。
(1.5㎞北野駅)11分20秒 






○ 仙川駅~実篤公園
・ 11時15分、京王線仙川駅の南からスタートした。雨が降っていたので、傘を差して、ゆっくり進んだ。
・ 1kmもないが、迷って時間がかかった。
・ 実篤公園は2回目の訪問だが、雨のせいか閑散としていたので、園内をゆったりと散策した。孟宗竹や紅葉などの植物と池が配置されている。
(1.5㎞仙川駅南)45分  (2.3㎞実篤公園)55分~68分
 (実篤公園)
画像画像



















○ 実篤公園~神代植物公園
・ 実篤公園を出て、京王線つつじヶ丘に向かった。
・ 京王線を横切って北へ少し行くと、甲州街道に出た。
・ 西つつじヶ丘を北へ向かったが、道幅は狭い。
・ 都市住宅街に、マンション、学校や花苗の温室など、落ち着いた雰囲気がある。
・ 中央自動車道を渡って、神代植物公園通りを西へ向かった。
(4.1㎞西つつじヶ丘)80分  (5.6㎞中央自動車道)94分30秒
(甲州街道:西つつじヶ丘)        (中央自動車道)
画像画像


















( 神代植物公園植物多様性センター)
・ 都立神代植物公園の東側に植物多様性センターがあるので、訪問した。
・ 2012年に、東京都の植物多様性を守るために、神代植物園の付属施設として設置された。
・ 伊豆諸島の火山性草地や溶岩岩地、武蔵野の雑木林や石灰岩地などの植生が保存展示されている。
(7.1㎞植物多様性センター)106分~115分
画像画像



















○ 神代植物公園前~国立天文台
・ 神代植物公園前から野川を越えて、西へ向かった。
・ 造園用の植栽木が多い。
・ 途中道に迷ったが、1kmほどで国立天文台に着いた。
(9.1㎞国立天文台)127分~180分

○ 国立天文台~飛田給駅
・ 国立天文台から天文台通りに沿って、ランを再開した。
・ 小雨が降っていたが、傘は差さずに走った。
・ 味の素スタジアムに近づくと、駐車場の整理員がいたり、スタジアム横で場所取りが行われていたり、イベント場が設置されていた。
・ 横浜F・マリノスやFC東京のウェアを着た人達が歩いていた。今夜J1の試合が予定されていた。
・ 味の素スタジアムから、調布駅まで走ろうと予定していたが、疲れたので、飛田給駅から電車に乗って帰ることにした。
(12.2㎞飛田給駅)215分
画像画像

('19-180) 夜7kmラン-第6回前橋・渋川シティマラソン を走った(その5)

2019年6月28日(金)、曇り/雨、22~31℃
           
・ 昨日、台風3号になって、今朝には関東沿岸に接近してきたが、予想より南方を通過したため、東京では今日の日中はあまり雨は降らなかった。
・ しかし、前線に向かって南方から暖かい空気が入り込んで、気温は30℃を超えて蒸し暑くなった。
・ 夕方には、関東北部や埼玉県西部などで雷雨になった。
・ 八王子でも、夜には稲光が見えた。
  (7時)             (19時)
画像画像

















◎ 夜雨中7kmランニング
・ 20時16分、気温22℃、南風4m/s。
・ 昨夜は懇親会でランニング見送ったが、今夜は体がダルクてしんどかった。
・ 走り出すと雨がパラついてきたが、昨日ラン休したので、そのまま走った。
・ さらに、3㎞から雨が強くなったが、5㎞までは行こうと思って、4㎞から全力走したが、体は全く動かず、4-5㎞は4分31秒もかかった。
・ 5㎞でバテたが、雨がやんだので、そのまま全力走を続けた。
・やはり、バテバテになった。
(1km)5分33秒 (2km)10分47秒[5:13]  (3km)15分57秒[5:10]
(4km)20分43秒[4:45] (5㎞)25分15秒[4:31] (6㎞)29分44秒[4:29] (7㎞)34分42秒[4:57]

◎ 第6回前橋・渋川シティマラソン を走った(その5)
  【19-179より続く】
○ コース図(30㎞~ゴール)
画像・復路はブルーのコース。
・ 第12給水地点(30.1㎞)から、南下して、中央大橋手前にある第17給水地点が40㎞。






















○ 30km~35km
・ 30km地点のすぐ先のスカイテルメ渋川前で、渋川名物へそ踊りが披露されていた。面白かったので、立ち止まって、撮影した。
 (へそ踊り)
画像


















・ さらに、直後の第12給水所で、湯の花まんじゅうとバナナを食べて、水を飲んでひと休みしたので、ここのラップは5分30秒かかったっが、元気を少し回復した。
・ このあたりの田んぼでは、小麦が栽培されている。
・ 31kmあたりから前橋渋川バイパスの側道を走った。
(31km) 145分48秒 [5:30] (32km) 150分21秒 [4:33] (33km) 155分01秒 [4:39]
 (第12給水所)             (32㎞すぎ:バイパス側道)
画像画像





















(利根川河川敷コース)
・ 33km付近で、バイパスを離れて、利根川東岸河川敷の遊歩道に入った。
・ ここから河川敷内遊歩道を40㎞すぎまでの間の7kmほどずっと下っていく。
・ 遊歩道は幅2~3m位で狭いが、景色はよくて走りやすかった。
・ 35km手前にミニトマトや麦茶などがあったが、スルーした。
・ 35kmは164分23秒で、30km~35kmは24分05秒でキロ4分49秒。この区間もなんとかキロ5分以内のペースを維持した。
(34km) 159分44秒 [4:43] (35km) 164分23秒 [4:39]
 (33㎞すぎ)           (34.2㎞:第14給水所)
画像画像



















○ 35km~40km
・ 35kmからも河川敷内のフラットなコースを淡々と走った。
・ しかし、右足中指の痛みがひどくなって、感覚はマヒした。
・ 35kmすぎに乗馬クラブがあって、直後に上毛大橋の下を通過した。
・ 37kmすぎの給水所でスポーツドリンクを飲んだ。
・ この後の2kmは痛みを我慢してペースを維持した。
(36km) 169分11秒 [4:47] (37km) 173分56秒 [4:45] (38km) 178分49秒 [4:53]
 (35㎞すぎ)               (37.1㎞:第15給水所)
画像画像















・ 両足つま先の痛みと疲れで、39kmの第16給水所で、バナナを食べて、水を飲んだ。
・ しかし、ラスト3㎞地点でバナナを食べるのはどうかな?20秒位のタイムロスになった。
・ 40㎞通過は189分09秒、35~40kmは24分46秒で、キロ4分57秒のペース。かろうじて5分を切っていた。
(39km) 183分29秒 [4:40] (40km) 189分09秒 [5:14]
  (39㎞:第16給水所)             (40㎞地点)
画像画像

('19-179) 第6回前橋・渋川シティマラソン を走った(その4)

2019年6月27日(木)、曇り/雨、17~28℃
           
・ 九州南方で低気圧が発達して、午後6時に台風3号になり、太平洋岸に接近してきている。
・ 西日本から中部、東日本に雨が広がってきた。
・ 東京では朝から曇りがちで、日中は気温が上がって蒸し暑くなった。
・ 夕方には、雨が降ってきた。
・ 明朝、台風は関東に接近する。
  (9時)            (19時)
画像画像
















◎ 懇親会でランニングなし

◎ 第6回前橋・渋川シティマラソン を走った(その4)
  【19-178より続く】

(コース図:ハーフ~30km)
画像





















 (コース標高図)
画像















○ ハーフ~25km

 (21㎞すぎ)
画像・ 利根川西岸の堤防上の狭い遊歩道を上流に向かった。
・ 遅咲きの八重桜の花びらが歩道に散っていた。1週間前には満開できれいだっただろう。
(21km) 97分31秒 [4:42] (22km) 102分09秒 [4:37]










・ 22.1km地点の第2関門で、南西へカーブして渋川市街地へ向かうが、ここの第9給水所にイチゴの給食があった。疲れた体においしかった。
(23km) 106分58秒 [4:49]
画像画像























・ 23kmすぎまで国道を下った後、中村三差路でUターンして、23.5㎞から長い上り坂になった。
・ 道路上の気温計は15℃になっていた。マラソンにはベストの気温だった。
・ 24kmから25kmにかけて、このコースで一番の急な上り坂だったが、キロ5分を切るペースを維持した。
・ 20km~25kmは23分55秒、キロ4分47秒ペース。
(24km) 111分39秒 [4:40]  (25km)116分34秒 [4:55]
 (中村歩道橋)                (25㎞地点)
画像画像

















○25km~30km
・ この日は曇りで涼しかったので良かったが、日差しがあって気温が高いと、ここの上り坂で完全にへばってしまうだろう。
・ 24kmからの厳しい上り坂の途中、第3関門の手前の25.3km地点にイチゴの給食があったので、イチゴを食べて、給水もして、一休みした。ここで30秒くらい休憩した。
・ この反対側では、太鼓演技が行われていた。
・ 25.8kmが、このマラソンコースの標高ピークになった。
・ ここからコースは南下していく。
(26km) 121分58秒 [5:24]
画像画像



















・ 丘の上に出ると、遠くの勇壮な山並みが見えたが、この日は少し霞んでいた。
・ 26kmから28kmへの長い下り坂になったので、キロ4分30秒台にペースアップした。
・ タスキを掛けているランナーは、2人でマラソンをリレーするペアランナー。
(27km) 126分28秒 [4:29]
  (27㎞地点)
画像画像













・ 27kmすぎから、JR上越線に沿って田んぼや集落中のフラットな道を走った。
・ ちょうど電車がやってきた。
・ 30km通過は140分18秒で、残り12㎞をキロ5分ペースでいくと、ゴールは3時間20分になるが、すでに両足の指先は感覚マヒの状態になっていた。
・ そして、ガーミンの画面が動かなくなってから60分くらい経って改めて見ると、画面は真っ黒になっていた。
・ 25km~30kmは23分42秒でキロ4分46秒。
(28km) 131分02秒 [4:33] (29km) 135分48秒 [4:45] (30km) 140分26秒 [4:38]
 (JR上越線)              (30㎞地点)
画像画像

('19-178) 夜7kmラン- 第6回前橋・渋川シティマラソン を走った(その3)

2019年6月26日(水)、晴れ、18~30℃
           
・ 東京では朝方は薄くもりだったが、日中は青空が広がって日差しが強く、気温は30℃近くまで上がった。
・ 九州から西日本では低気圧と前線がかかって雨になった。
・ さらに明日には、沖縄南方で低気圧が発達して台風になって北上してくるので、全国的に雨が広がってくる見通し。
  (9時)            (12時半)
画像画像
















◎ 夜7kmランニング
・ 20時05分、気温24℃、南風4m/s。
・ 涼しくて好条件だったが、走り出すと額に汗をかいた。
・ 3㎞からペースアップして、4㎞から全力走したが、最近ではわりと体は軽くて、キロ4分15秒-4分17秒だった。
・ 最後は息が切れてバテた。
・ やはり、上り坂では左足付け根の痛みが大きくなった。
(1km)5分31秒 (2km)10分41秒[5:09]  (3km)15分44秒[5:03]
(4km)20分31秒[4:46] (5㎞)24分40秒[4:15] (6㎞)29分03秒[4:17] (7㎞)34分06秒[5:02]


◎ 第6回前橋・渋川シティマラソン を走った(その3)
  【19-177より続く】

○コース図(10㎞~20km~ハーフ)
・ 大渡橋を渡って10㎞になってから、利根川東岸を上流に向かった。
画像 (ピンクのコース)
























○ 10km~15km
・ 10km通過は46分01秒で、ここまでキロ4分36秒の好ペースだった。
・ 10.9kmの第4給水所で水を補給した。この時のラップは10秒くらい落ちた。
(ガーミンの電池切れ)
・ 12kmをすぎてガーミンを見ると、「電池残量低下」と表示されて、数値は動かなくなっていた。いよいよ電池切れに近づいた。
・しかし、まだ文字画面は明るいので、内部メモリーにタイムは記録されているだろうと期待した。この文字画面もそのうちに消えてしまうだろう。その時には、タイム計測はできなくなると思った。
・ 電池充電は前夜の出発前に100%までやったたが、夜中に何らかの原因で消耗してしまった。
・ 幸い、前橋・渋川マラソンでは、10kmごとのタイム計測が行われているので、それでも仕方ないと思った。
(11km) 50:44 [4:42] (12km) 55:16 [4:32] (13km) 59:54 [4:38]
(第4給水所)             (12㎞すぎ)
画像画像


















 (13㎞上毛橋)
画像・ 13kmをすぎて、上毛橋の下を通過した。右手の沿道に、遅咲きの桜が咲いていた。
・ 10kmから15kmまでの5kmは23分ジャストで、キロ4分36秒でカバーした。
(14km) 64:27 [4:32]  (15km) 69:02 [4:34]















○ 15km~中間点(ハーフ)

・スタートから60分を超えた15km付近から、左足指、薬指と右足指先・中指が痛くなった。
・15km過ぎで利根川の堤防から河川敷に降りた。
・16kmの直後に、第1関門があるが、ここの休憩所で、群馬名物「焼きまんじゅう」を食べた。このため16~17kmラップは5分を超えた。
・再び、堤防から国道に戻って北上を続けた。
(16km) 73:32 [4:30] (17km) 78:43 [5:11]
(15㎞すぎ)                 (16.1㎞第6給水地点)
画像画像


















・前橋市から渋川市に入って、17㎞を過ぎると、利根川にかかる坂東橋がある。
・ 坂東橋は長さ211mで、このあたりから上流では利根川の川幅は狭くなっている。橋を東から西へ渡った。
・橋を渡り終えた所で18km地点になる。この正面に見える高い山は、榛名山。上毛三山の一つで、標高1449m。
 (坂東橋東詰)                  (18㎞地点)
画像画像






















 (20㎞地点)
画像・ 18kmを超えると、1回転して、利根川西岸堤防を上流に向かった。
・上流に向かっているが、ほぼフラットな印象。
・ 15km~20kmは、23分37秒でキロ4分43秒。若干ペースは落ちたが、まだ好ペースを保っていた。
(18km) 83:33 [4:49] (19km) 88:06 [4:33] (20km) 92:39 [4:33]











・ 関越自動車道の橋をすぎた20.8km地点の第8給水所で、スポーツドリンクを飲んだ。
・ 20~21kmのラップは5分を超えた。
・ ハーフ通過は97分56秒で、好ペースだったが、右足中指と左足薬指の痛みがひどくなってきた。
・ 両方のつま先がズキズキ痛むのは初めてだ。
(21km) 97:31 [5:08] (ハーフ) 97:56
 (20.8㎞:第8給水所)                 (ハーフ地点)
画像画像

('19-177) 夜7kmラン-第6回前橋・渋川シティマラソン を走った

2019年6月25日(火)、晴れ、18~28℃
           
  (7時)           
画像・ 東京では早朝まで黒雲が残っていたが、午前中に雲は去って、青空が広がってきた。
・ 日中は日差しが強くなって、気温が上がり、初夏の暑さになった。
・ 木陰が涼しくてうれしい。











◎ 夜7kmランニング
・ 20時20分、気温22℃、南風5m/s。
・ 出るのが遅くなったので、出だしからやや速めのペースで走った。右足中指の痛みが続いてゆっくり出た。
・ 3㎞からペースアップして、4㎞から全力走したが、4-5㎞は4分16秒だったが、その後は息が切れてバテた。
・ やはり、上り坂では左足付け根の痛みが大きくなった。
(1km)5分30秒 (2km)10分41秒[5:10]  (3km)15分43秒[5:01]
(4km)20分22秒[4:39] (5㎞)24分36秒[4:13] (6㎞)29分13秒[4:19] (7㎞)33分59秒[4:45]

◎ 第6回前橋・渋川シティマラソン を走った(その2)
  【No19-112より続く】

・ 4月21日(日)、前橋市の「ヤマダグリーンドーム前橋」前を発着点とするフルマラソン(日本陸連公認コース)。
・ フルマラソンの定員は3000人。

○ スタート直前
・ ヤマダグリーンドーム前橋」前の道路に整列した。
・ この前回大会は、気温が30℃近くまで上昇して、熱中症とみられる症状で参加者16人が救急搬送されたように、過酷なレースだったが、今回は曇りで朝の気温15℃、北東風3m/sで、ベスト条件になった。
・ 身体の不安は、スタミナ切れ、左脚付け根の痛み、右足中指の突き指と靴擦れの痛み、トイレタイムなど、いっぱいあったが、それよりガーミンの電池切れが気になった。
・ スタート5分前に、ガーミンのGPSタイム計測のスイッチを入れた。

(コース図)
画像























○ スタート~5km
・ 8時にスタートした。
・ ヤマダグリーンドーム前橋の南側から利根川沿いに北上していく。
・ タイム順にブロックが指定されていたので、集団の流れに乗ってスムーズに走れた。
・ 出だし1kmはゆったりしたペースだったが、ここから4分40秒を切る好ペースになった。
(1km)4:50 (2km) 9:29 [4:39]
(スタート)                 (1㎞前)
画像画像


















・ 大渡橋を通過して、2㎞地点に第1給水所があったが、ここはスルーした。
・ ここから右手に敷島公園、左手に総社緑地のゴルフコースがあって、景色が良くて気持ちいいコース。
・ 4.2kmの第2給水所で水を飲んだので、ラップは5分を超えた。
・ 上毛大橋を東から西へ渡った。利根川の景色が良い。
(3km)14:07 [4:37]  (4km)18:41 [4:34] (5km)23:47 [5:05]
 (3㎞付近)                (4.2㎞第2給水所)
画像画像


















 (上毛大橋)
画像














○ 5km~10km
・ 上毛大橋を渡って大松交差点までが上り坂になるが、ここはあまり気にならなかった。
・ 大松から南下して、緩い下り坂になったので、自然とペースアップした。
(6km)28:26 [4:38] (7km) 32:46 [4:19] (8km) 37:11 [4:39]
画像・ 7km過ぎの第3給水所はスルーした。
・ 8km過ぎに左折して、再び利根川に向かった。
・ 距離表示は1kmごとにあるが、やや小さくて足元にあるので、見逃してしまいそうになった。









・ JR線路を越えて、利根川の大渡橋を東へ渡ると、ちょうど10㎞地点になった。
・ 10km地点までは緩い下り坂なので、自然と4分20秒台までペースアップした。
・ ここから、最初走ったコースに合流して、再び北上する。
・ 10km通過は46分で、ここまではとても良いペースだった。
(9km) 41:40 [4:29] (10km) 46:01 [4:21]
 (9㎞付近:JR跨線橋)             (10㎞付近:大渡橋東)
画像画像