('19-092) 夜4kmラン:新宿-文京ー千代田さくらまつり26kmラン(その2:文京)

2019年4月1日(月)、2℃~12℃
  (7時)               
画像・ 朝はスッキリ晴れて、冷え込んだ。富士山がクッキリ見えた。
・ 午前中は日差しがあって気温は上がったが、午後は寒気が関東にも南下して、雲に覆われてきた。
・ 時折、雨もパラついて、肌寒くなった。
・ 夕方にも雨がパラついた。








○ 赤坂の桜
・ 東京都心、赤坂の桜は満開になった。
・ 朝は青空の下、白い桜の花がきれいに映えていた。
 (9時:山王日枝神社前)         
画像
















・ 昼には曇り空になって、満開の桜も少しくすんでしまった。しかし、この寒波で花びらが散るのが遅くなるか。
(12時半:赤坂スペイン坂)
画像















◎ 夜4kmランニング 
・ 19時55分、小雨、8℃、北西4m/s。 
・ スタート時は雨はパラつく程度だったが、まもなく雨は本格化してきた。
・ 髪が濡れて視界も悪くなってきたので、4kmで切り上げた。
(1km)5分28秒 (2km)10分37秒[5:09]  (3km)15分15秒[4:38]
(4km)19分52秒[4:36]

◎ 新宿-文京ー千代田さくらまつり26kmランニング(その2:文京区)

・ 3月30日(土)に新宿駅前から桜見ランニングをスタート。
 (拓殖大学文京キャンパス)
画像・ 神田川沿いに文京区に入って、江戸川橋から北東へ向かった。
・ スマホで道を探しながら走って、拓殖大学文京キャンパス前から茗荷谷駅前に出た。
(9.7㎞江戸川橋)174分30秒 (11.1㎞茗荷谷駅)189分30秒  









○ 第48回文京さくらまつり
・ 茗荷谷駅から東へ少し走っていくと、11時05分、小石川5丁目交差点に着いた。
・ 交差点から北へ500mほどの広い道路は播磨坂と呼ばれている。
・ この坂は当初6車線道路だったが、中央2車線が緑道に整備されて120本のソメイヨシノが植えられた。
・ この播磨坂桜並木で「第48回文京さくらまつり」が開かれている。
(11.6㎞~12.4km播磨坂桜並木)193分~215分
画像画像













・ 会場周辺は閑静な住宅街で学校や庭園が多い特徴があるので、この祭りの趣旨は青少年育成の場ということで、イベントは地元学校などの吹奏楽やパレードが中心だ。
・ 11時20分頃、駒込学園吹奏楽部36名の演奏が始まった。動物とのふれあいコーナーは順番待ちの列ができていた。
画像画像














・ 物販は地元町会や友好都市に限定されている。
・ 友好都市の新潟県魚沼市の「おはぎ」、茨城県石岡市のいちごを食べて、美味しかった。
画像

















○ 六義園
・ 播磨坂から東京大学附属小石川植物園に沿って北西へ向かった。
・ 不忍通りに出て、国道17号交差点を横切ると、文京グリーンコートに着いた。
・ この北西にある都立庭園六義園(りくぎえん)を訪れた。
・ 六義園には国指定の特別名勝「しだれ桜」がある。
・ しだれ桜の見頃(昼は土日祝で晴れの日3/24、25と3/31、4/1)には、入園待ちの長い行列ができるというが、この土曜日は曇り空で昼時の12時直前だったせいか、行列はなかった。ライトアップされる夜は特に混雑するようだ。
(14.9㎞六義園)235分~273分
画像











・正門から少し歩いて内庭に入ると、大きなしだれ桜がある。高さ13m、幅17mだが、樹齢はまだ60年ほど(寿命約300年)
・ しだれ桜はちょうど満開になったところだった。見物客は予想したほど多くなかったのは良かったが、やはり曇天だと白い花の美しさはぼやけてしまう。
・ 来年のチャンスを待つか。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック