('18-157) 夜6kmランニング-エコライフ・フェア2018へ行った

2018年6月5日(火)、晴れ、17~29℃
           
・ 今日、梅雨前線が中国地方にかかって、中国地方で梅雨入りした。一方、北海道では高温が続いている。
・ 東京では朝はスッキリ晴れていたが、徐々に雲が広がってきた。日中は気温が上がり、初夏の暑さになった。
・ 夕方は、夕陽の中に富士山が見えた。
・ 明日は梅雨前線が日本列島全体にかかって、梅雨入りの地域が広がるようだ。
  (9時:赤坂)            (18時50分:八王子)
画像画像














◎ 夜6kmランニング

・ 20時05分、気温22℃、微風。
・ 出だし1kmはゆっくり走り、1km-2kmは全力走と、1㎞ごとのインターバル走をした。
・ 全力走は、1-2㎞は4分25秒かかったが、次の3-4㎞は4分16秒、最後の5-6kmは息が切れてばてたが、4分06秒に上がった。心拍数は140だった。
(1㎞)5分18秒 (2km)9分43秒 (3㎞)14分34秒 
(4km)18分49秒 (5km)23分20秒 (6km)27分27秒


◎ エコライフ・フェア2018へ行った

・ 環境省は、毎年6月を環境月間、6月5日を環境の日に定めている。
・ この環境の日の前後の土・日の2日間を中心に、全国各地で環境保全に関する啓もうイベントが開催される。
・ 東京都渋谷区の代々木公園ケヤキ並木・イベント広場を会場に、1990年から、環境省、関係地方公共団体、関連法人、団体、企業、NGO・NPO等が連携して、エコライフ・フェアを開催してきている。
・ 今年のテーマは、「気づき」から「行動」へ ~地球の未来のために~ だった。

○ エコライフ・フェアの会場

・ 6月3日(日)13時前、代々木公園イベント広場に着いた。
・ このイベント会場の特徴は、政府主催だけあって、啓発ブースが大半で、飲食ブースが少ないこと。
・ 飲食店も、ジビエや東北の復興関連、無農薬といったエコに関連するものだ。
画像画像













・ 首都高速道路のブースでは、クイズとアンケートに答えて、ボールペンをゲットした。大橋ジャンクションのビオトープでの米つくりが出題されていた。
・ ホンダの燃料電池車クラリティが展示されていた。 燃料電池自動車はタンクに蓄えた水素を使って走るので、排出するのは水だけでCO2も有害な排出ガスも一切出さないクリーンな車だ。レッドでカッコいいので乗りたいが、価格は766万円だった。
画像画像

















・ ホンダの近くに、しまじろうカーがあった。電気自動車で世界でこれ一台しかない。記念撮影してもらった。
・ ベネッセのブースに入って、自分のエコ宣言を書いて掲示した。しまじろうのクリーナークロスをもらった。
画像画像
















・ 会場内を3基のBOXが歩いていた。TOKYO2020の「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」のPRで、小型家電の回収BOXだった。
・ 栃木市のゆるキャラ「Hearts姫」が歩いてきた。「渡良瀬遊水地」にあるファンタスティックな国「ハートランド」の住人で、ハートの顔をしたお姫様。渡良瀬貯水池(谷中湖)のハートにちなんだもの。
・ 会場内には、面白いものがいろいろあったが、時間がなかったのが残念。
画像画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック