( '17-326 ) 夜8km-ランニングウォッチ「ガーミンForeAthlete 235J」

2017年11月21日(火)、晴れ、1℃~10℃

・ 朝から雲一つなく青空になった。
・ 八王子の朝の冷込みは0℃に近づいた。車の屋根は氷結していた。
・ 日中もスッキリ晴れていたが、北風が強くなって、体感温度は真冬だった。
  (7時)               
画像画像













◎ 夜8kmランニング
・ 20時05分、4℃、微風。肌寒く、足の指先がかじかんだ。
・ 左ひざの調子が良くなかったので、前半はキロ5分ペースのゆっくり走。
・ 後半は少しづつペースアップしたが、呼吸が苦しく足が上がらなかった。
・ ラスト2㎞の全力走は6~7㎞は良かったが、ラスト500mでバテた。
(1km)5分16秒 (2km)10分08秒 (3㎞)15分03秒 (4km)19分42秒
(5km)24分29秒 (6km)28分56秒 (7㎞)32分53秒 (8㎞)36分57秒


◎ ランニングウォッチ「ガーミンForeAthlete 235J」 を買った

・ ランニングをする時に、ストップウォッチとラップ計測機能のついた時計は必需品だ。
画像・ この5年間は、SEIKO のスポーツウォッチを使ってきた。デザインと機能も気に入って、ランニングでは重宝してきた。
・ しかし、先月末の「しまだ大井川マラソン」でラップ計測機能だけが不能になってしまった。
・ そこで、新しいランニングウォッチを買うことにした。

(ランニングウォッチの機能)
・ ランニングウォッチとしては、①ストップウォッチがあること、②ラップタイム(区間タイム)がとれること、③防水機能が付いていること、④暗闇でも表示が見えるようにバックライト機能がついていることが必要。
・ 今のSEIKOウォッチは、200ラップが取れて、文字盤のデジタル表示が見やすい、ボタンを押しやすいという特徴がある。
・ 新ウォッチは、これらの機能とともに、今の「SEIKOウォッチの重さ41g」を超えない軽さを重視した。

◎ 「ガーミンForeAthlete 235J」 を買った

・ 新ウォッチは、上記条件とともに、せっかくなので、GPS機能をもつ「ガーミンForeAthlete 235J」を買うことにした。
・ BICカメラで買って、赤ベースの時計バンドを黒ベースのものに付け替えた。
画像画像






画像



















・ ガーミンの特徴は、正確なGPS機能があることで、自動距離計測で1㎞ごとのラップをとることができる。
画像画像














・ 心拍数の数値もわかるので、トレーニング効果を確認することができる。
・ 歩数計もある。
・ ガーミンとスマートフォンとのペアリング、ガーミンとパソコンとのコネクトによって、ガーミンの画面を変更したり、ガーミンのGPS機能で通過したコースをトレースしたり、アクティビティデータを分析することができるが、まだそこまで使いこなしていない。
・ 今年中には、使いこなせるようにしたい。
画像画像






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック