( 767 ) 川中島合戦戦国絵巻を見た

2016年4月21日(木)、曇り/雨、11℃~20℃

画像・ 午前中は曇っていたが、低気圧の通過により昼過ぎには雨が降りはじめ、南風が強くなって肌寒くなった。
・ 雨は夕方に強くなって深夜までしっかり降り続いた。




◎ 雨でランニング見送った。


◎ 川中島合戦戦国絵巻を見た

○ 川中島合戦戦国絵巻について
・ 4月17日(日)に、笛吹市桃源郷春まつりのメインイベントとして「川中島合戦戦国絵巻」が開催された。
・ これは、戦国時代の450年余前、武田信玄、上杉謙信の宿命の対決を再現する一般参加型の体験イベントで、参加者は鎧を着用し、シナリオに沿って、武田軍、上杉軍に分かれて合戦絵巻を繰り広げた。

○ 前年に続いての見学だったので、今回は一般参加者の活動に注目した。

(一般参加者の募集)
 ・武田軍24隊・上杉軍28隊、各隊12名から14名の編成となり、各グループで大将1人、副将1人が大将・副将甲冑を装着する。
 ・ 一般参加者の募集要項を見ると、参加費は衣装代・弁当代・記念品・記念写真・保険料が含まれており、武田信玄30万円、上杉謙信10万円、一般兵5千円で600名。
 ・ 参加条件は、合戦に参加可能で健康な高校生以上の者で、女性や外国人も参加していた。
 ・ 参加者は主催者の用意した衣装で参加し、自前鎧の使用はできない。
 ・ 今年は1月12日に一般兵の参加申込みは定員に達した。
(出陣についての注意事項)
 ・ 丸首シャツを下着に着ていると、えり元から見えるので、必ずVネックかUネックにしてください。
・ ひげはきれいにそってしまうより、伸びている方が強そうに見えるので、ひげを伸ばすことは大歓迎。また、頭髪も油気が少ない方がしっくりする。
 ・ 武装すると、小用もしにくくなり、とくに中堅武者以上の方はこの傾向が強いので、当日は朝からあまり水を飲まないでください。
(当日のスケジュール)
 ・ 一般参加者は、朝9時集合から午後3時すぎまでスケジュールが決まっている。
  ・ 9時集合、武具着付け、記念撮影
  ・ 11時リハーサル
  ・ 12時45分上杉軍、50分武田軍出陣パレード。13時10分中州の本陣に上杉軍と武田軍の入陣。13時40分火縄銃。
 ・ 14時20分1回目合戦、5回目合戦14時55分、15時10分両軍の勝ち鬨。
  ・ 15時20分帰陣開始

★ 感想
・ 午前中は雨で心配したが、昼には晴れて暖かくなり、観客も増えて良かった。
・ 一般参加者など約800名によるスペクタクルは見事なものだ。
・ 3時間もの長い時間をスムーズに進行していくのは大変なことだと感心した。
・ 長年イベントを続けてきているだけあって、出陣についての注意事項はよく練られていると思う。
・ トイレが近い中高年には長時間の出陣は難しいようだ。
・ 来年も見学に行きたい。
   (上杉軍)                  (武田軍・真田隊)
画像画像
















   (武田軍に押し寄せる上杉軍)
画像














   (両軍の戦い)               (上杉謙信の単騎突入)
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック