( 241 ) 朝・夜8kmランニング - JA八王子農業祭 は盛りだくさん!

2014年11月13日(木)、晴れ、6℃~19℃
 (6時45分)
画像朝から晴れて風も弱く冷込みが厳しかった。日の出前の最低気温は6℃。
八王子の日の出は6時13分で1日に1分づつ遅くなっている。日の入りは16時39分で1日に40秒づつ早くなっている。冬至まであと1か月余、昼の時間はますます短くなってくる。
昼にかけて気温は上がったが、南西風が強まった。夜には風はおさまった。


(朝2kmランニング)
朝6時40分、6℃、無風、手袋が暖かい。ゆっくりランで10分間走った。
(夜6kmランニング)
20時05分、11℃、無風。出だしはスローペースで無理しないようにした。
2kmから体が楽になってペースアップしていった。
4kmからペースアップすると、呼吸が苦しくなり、左足カカトに痛みがでた。
(2km) 10分15秒、(4km)19分59秒(9分44秒)、(6km) 28分50秒(8分51秒)

◎ JA八王子農業祭 は盛りだくさんだ!

(11月8~9日開催)
・八王子市中心にある冨士森公園で第28回JA八王子農業祭が行われた。
 今年は両日とも雨が降らないか心配だったが、曇りの穏やかな日となり、多くの来場者でにぎわった。
 地元で生産される農林畜産物を広く紹介し、農業への理解を深めていただくため、農林畜産物品評会、野菜、植木、花、米、みそ、茶、果実、ガス器具等の販売、模擬店、ちびっこ広場、宝船の展示、チビッコ広場、手芸教室、木工教室など内容は盛り沢山だ。
・ 実は、今までこの農業祭が開かれていることは知らなかった。今回、冨士森陸上競技場で行われた「八王子市食育フェア」に来たら、その隣で行われていたのだ。

(地元農林産物等の販売)
画像 テントでは、食事や住宅リフォーム等の模擬店、野菜・植木・花などの即売などが行われていた。








(体験型イベント)
チビッコ広場には、トラクターの試乗、ふわふわマットなどがあって子供たちが順番待ちしていた。
画像画像









中でも、八王子林業研究グループによる木工品作りと丸太切りは人気だ。 
画像画像









(農林畜産物品評会)
大型テントの中では、八王子産の農林畜産物の品評会が行われ、市長賞などを授与された農林産物が展示されていた。
八王子市は、東京都の中で農業生産額が一番多い。伝統的に農林業が盛んな地域だ。
そんな地元農家・林業家などが丹精込めて作り出品した農林産物だけあって、見るからに立派に育っている。
画像画像









(野菜の宝船はすごい!)
画像最後に会場の入り口へ行くと、地元農林産物を盛り込んだ「宝船」が展示されていた。
初めて見たが、説明文によると、野菜の宝船は江戸時代から始まったもので、生産者がお正月の初荷の飾り物として作った。
船の上には、米俵、サツマイモ、ヤツガシラ、大根、カブ、柿、卵、カリフラワー、長ネギ、ニンジン、キャベツ、ブロッコリ、白菜、ホウレンソウ、シイタケなどがあった。

来年が楽しみだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック