(105) 高尾16kmランニング - ヒメジョオン と 豪雨でビショ濡れ

6月29日(日)20~29℃
今日の天気は 朝から、雨→曇り→晴れ→豪雨→曇り へ目まぐるしく変わった。
画像昨夜からの雨は7時頃に上がったが、高尾山の方には厚い曇がかかっていた。





(高尾16kmランニング)
曇りで涼しかったので、10時30分頃に、高尾往復16kmランニングに出た。
スタートすると、すぐに晴れて気温が上がり、真夏のような蒸し暑さになった。
体感温度30℃で呼吸は苦しく、復路でスピードアップした時には、両ひざ外側から腰にかけて痛みが出た。
往路8km41分21秒、復路8km37分09秒。計16km78分29秒
(ヒメジョオン)
今、浅川ランニングコース脇にたくさん咲いているのは、白く小さい花のヒメジョオン。
一見すると、かわいく、かよわい印象を受けるが、土手にはびこるたくさんの強雑草の中で、これだけの場所を占めるのはすごい繁殖力だ。北米原産の帰化植物は手ごわい。
画像
画像 








(晴れから豪雨へ)
帰宅後、13時頃から15時頃まで晴れていたので、靴や洗濯物をベランダに干した。
15時半頃に買物に出る時、黒雲がアッという間に出て明暗2層になったが、雨は降っていなかった。
しかし、16時30分頃、買物を終えて店から出たら土砂降りとなっていた。
カサを持ってきていたので助かったが、胸の前に米5kg袋を2袋(10kg)抱え、背中のリュックには大根1本、キャベツ1個、その他の食品で満杯で重い中、カサをさして帰った。
15分ほど歩いたため、陸上靴はビショ濡れになったが、下は短パンで救われた。
濡れてもいいように、ランニングウェアで外出して良かった。
帰宅後、濡れたついでに浴室掃除や洗濯を終えたら、雨は上がっていた。
画像画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック