('19-141) 夜7kmラン-第71回東京みなと祭り へ行った

2019年5月20日(月)、曇り、14℃~21℃
              
・ 南九州から西日本に強い雨雲が広がってきた。
・ 東京でも朝から雲が広がっていた。路面を見ると、濡れていたので、夜中に雨が降ったようだ。
・ 日中は少し晴れ間も出たが、午後は雲が厚くなった。
  (7時20分)             (12時半)
画像画像


















◎ 夜7kmランニング 
・ 19時10分、曇り、18℃、南5m/s。
・ 天気予報では雨になるということだったので、早めにランに出た。
・ 南風が強かったが、気温はちょうど良かった。左脚付け根の痛みが続いている。
・ 前半3kmはいつも以上に体が重かったが、3㎞から徐々にペースアップした。
・ 4kmから全力走したが、キロ4分20秒を切れなかった。
(1km)5分46秒 (2km)11分13秒[5:26]  (3km)16分44秒[5:31]
(4km)21分39秒[4:55] (5㎞)26分03秒[4:23] (6㎞)30分26秒[4:23] (7㎞)35分34秒[5:07]

◎ 第71回東京みなと祭 へ行った

・ 「東京みなと祭」は、1941年5月20日に国際貿易港として開港した東京港の「開港記念日」を祝して行われるイベント。
・ 今年は、5月18日(土)と19日(日)の2日間、東京都中央区の晴海客船ターミナルとその周辺で「第71回 東京みなと祭」が開催された。
○ 晴海桟橋
・ 18日11時すぎ、桟橋に着いた。
画像










・ 桟橋には、普段見ることができない「珍しい船の一般公開」として、東京都しゅんせつ船「海竜」、東京海洋大学練習船「海鷹丸」、海上保安庁測量船「明洋」、護衛艦「てるづき」が接岸していた。
・ それぞれの船への乗船は順番待ちになっていたが、時間がなかったので、岸壁からの見学にした。
(しゅんせつ船:海竜)
画像


















・ 護衛艦てるづきでは、ちょうど機関砲のデモンストレーションが行われていた。
・ てるづきは、近接僚艦防空(LAD=Local Area Defense)を補う目的で建造され2013年に就役し、横須賀港に配備されている。排水量5,100トン、全長150.5m、定員約200名。
・ 250kmの範囲を探知・追尾するレーダーと射程50kmのシースパローミサイルで、自艦や僚艦へと向かう敵ミサイルを迎撃する。
画像















○ 晴海客船ターミナル
・ ターミナルビル内では、東京港に関連する団体のPRコーナーが設置されていた。なかなか興味深いブースだ。
画像画像




















・ 会場の一画に、同好会の方々が製作した艦船模型が展示されていた。小学生の頃には戦艦のプラモデルに熱中していたのを思い出した。
画像

('19-140) 八王子高尾10kmラン&ヘルシーウォーキング9km

2019年5月21日(日)、晴れ、16~26℃ 
 (8時半) 
画像・ 朝から晴れていたが、南方には雲が広がっていて、南風も吹いていた。
・ 日中は晴れて25℃を超えたが、風が吹いてさわやかな感じだった。
・ 夕方近くには雲が広がって、肌寒くなった。







◎ 八王子高尾10kmラン&ヘルシーウォーキング9km

○ 狭間駅前のエスフォルタアリーナ八王子へ
・ 8時40分、晴れ、15℃、南東5m/s。タイツと長袖Tシャツを着て、ランに出発した。
・ 京王高尾線に沿って、高尾駅の東にある一つ狭間駅をめざした。
・ 片倉駅前から尾根沿い西へ向かった。
・ 畑ではジャガイモの花が咲きだした。畑のカブが直売所で売られていた。
(1.6km片倉駅前)11分40秒 (3㎞山田駅東)22分10秒 
 (小比企町)         
画像画像

















・ 走り出すと、体調が崩れてきた。ペースを落として西へ向かった。
・ イトーヨーカドー狭間店に立ち寄った。
・ 狭間駅前にあるエスフォルタアリーナ八王子に着いた。
(3.5㎞八王子市斎場東)27分 (6.2㎞エスフォルタアリーナ八王子前)50分
 (椚田通り)          (イトーヨーカドー狭間店)
画像画像














○ 八王子ヘルシーウォーキング
・ 9時半、狭間駅南口にあるエスフォルタアリーナ八王子前で、ヘルシーウォーキングの受付を済ませた。
・ 正式のスタートは9時50分だが、この後の予定があったので、一足早く出発して、先を急いだ。【後ほどレポート】
(6.2kmエスフォルタアリーナ八王子前)60分 (15.7㎞TAKAO599)149分18秒
画像画像



















○ TAKAO599~狭間駅前
・ TAKAO599で一服してから、再び、朝出発したエスフォルタアリーナ八王子へ向かって走った。
・ 気温は25℃で日差しが出て暑くなった。疲れて、ゆっくり走と歩きを交えて、キロ8分ペースで進んだ。
・ 途中、ヘルシーウォーキングに参加している人達とすれ違った。
・ 11時50分、エスフォルタアリーナ八王子に着いた。
・ 八王子健康フェスタ・食育フェスタへ行った【後ほどレポート】
(15.7kmTAKAO599)165分 (19.2㎞エスフォルタアリーナ八王子)190分
画像画像

('19-139) 晴海-隅田川-浅草16kmランニング

2019年5月18日(土)、晴れ、13~24℃  
  (7時半) 
・ 東京では、朝方は雲が広がっていたが、昼には晴れてきた。
・ 夕方にはまた雲が広がって、南風が強くなった。
画像










◎ 晴海-隅田川-浅草16kmランニング

○ 北野駅~新橋駅
  (八王子市:湯殿川)         
・ 朝9時、晴れ、18℃、南3m/s。薄曇りで少し風があって好条件。
・ 体はだるく、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅から新宿駅まで行って、地下鉄で新橋駅に向かった。
(1.5km北野駅)10分40秒 
画像画像















○ 新橋駅前~晴海桟橋
・ 新橋駅南口から築地中央卸売市場に向かって、ランニングを始めた。
(1.5km新橋駅前)90分   
(新橋駅南)           
画像













・ 築地市場は、現在、解体作業中だが、場外市場は相変わらずたくさんの来客で賑わっている。
(2.7㎞中央市場前)98分   (3.9㎞勝鬨橋南)109分 
  (中央市場前)            (場外市場)
画像画像



















・ 勝鬨橋を渡ってまっすぐ南へ向かって、晴海大橋に着いた。
・ 少し橋を渡り始めたが、晴海桟橋とは違うことに気づき、少し戻って、改めて晴海桟橋へ向かった。
・ 晴海地区一帯では、東京オリンピック・パラリンピックの選手村の建設が進んでいる。
・ 建設現場を通って、晴海桟橋に着いた。
・ 新橋駅から2.5kmで着くはずだったが、倍の5.5kmもかかってしまった。
・ 晴海旅客船ターミナルと桟橋で開催されている 第71回東京みなと祭 を見た。
 (5.1㎞晴海橋北詰)119分  (7㎞晴海桟橋)132分~170分
 (オリンピック・パラリンピック選手村建設地)
画像画像






















○ 晴海~隅田川~浅草
・ 晴海桟橋から豊洲へ渡って、豊洲市場で開催されている「とうきょうフェスタ in 豊洲」を見る予定だったが、道に迷ったりして時間を食ってしまったので、豊洲はパスして、隅田川沿いに浅草に向かうことにした。
・ 晴海会場で、東京都港湾局作成の「東雲水門」のカードをもらったので、これを見つけようとしたが、わからなかった。
(9.1㎞晴海橋西)188分    
 (水門カード)                (佃水門)
画像画像



















・ 相生橋を渡って、江東区に入って、隅田川の東岸を北上した。
・ 隅田川に架かっている橋は、相生橋から浅草の吾妻橋まですべて改修工事が行われている。
・ しっかりとした補修工事を完了していただきたい。
・ 晴れて日差しが強くなって、暑くなって疲れた。下半身が痛くて、ペースは上げられず、トコトコと走った。
(11.5㎞永代橋)208分 (14㎞両国橋)228分 
 (永代橋)                (両国橋)
画像画像




















・ 吾妻橋を渡って、浅草駅間に着くと、浅草神社三社祭の町内神輿連合渡御が行われていて、熱気にあふれていた。
【後ほどレポート】
(16.1㎞吾妻橋東詰)242分  (16.3km浅草駅前)246分
 (浅草交差点から吾妻橋)
画像

('19-138) 夜7kmラン-第22回ひの新撰組まつり へ行った

2019年5月17日(金)、晴れ、11℃~25℃
              
・ 日本列島は引き続き高気圧に覆われて、各地で好天になった。
・ 東京でも朝方は大きな雲が浮かんでいたが、しだいに晴れて日差しが強くなって、蒸し暑くなった。
  (9時)               (12時半)
画像画像
















○ 『Gong cha貢茶(ゴンチャ)』セレオ八王子店のオープン
・ 夕方、JR八王子駅前へ行くと、駅ビルのセレオ八王子1階に長い行列ができていた。八王子では珍しい待ち時間2時間の立札があった。
画像・ 今日は、タピオカドリンクで有名な台湾ティー専門店『Gong cha貢茶(ゴンチャ)』のオープン日だった。
・ 若者中心にスマホで情報を得てやって来ているようだ。すごいね。









◎ 7kmランニング 
・ 19時50分、晴れ、18℃、微風。
・ 昨夜は懇親会でラン休して、今夜は少し体力が回復した。
・ 気温はちょうど良くて、短パンTシャツでさわやかだった。
・ 前半3kmはキロ5分を切れなかったが、3㎞からペースアップして、4kmからの全力走ではなんとかキロ4分20秒を切った。
・ やはり左脚付け根の痛みが続いている。
(1km)5分31秒 (2km)10分50秒[5:18]  (3km)15分59秒[5:08]
(4km)20分51秒[4:52] (5㎞)25分11秒[4:19] (6㎞)29分21秒[4:10] (7㎞)34分06秒[4:47]

◎ 第22回ひの新撰組まつり へ行った

○ 「ひの新撰組まつり」とは
画像・ 東京都日野市は、新撰組副長の土方歳三、六番隊長の井上源三郎らの出身地であるため、日野は「新撰組のふるさと」として、この歴史・文化を郷土の誇りとして意識おこし・まちおこしにつなげ、市全体の活性化を目指している。
・ 日野市内には、新撰組ゆかりの地として、市立「新撰組のふるさと歴史館」、日野宿本陣、土方歳三資料館などの施設がある。
・ 今年は、土方歳三が函館の戦いで亡くなってから150年の節目の年であるため、今年のひの新選組まつりでは、さまざまな新イベントが企画された。

○ 会津藩関係のパレード参加
・ 新選組は、幕末の京都で京都守護職を務めた会津藩主松平容保公の下で京都の警備にあたったことから、会津松平家第十四代当主松平保久氏が、松平容保公役で新選組パレードに参加した。
・ 土方歳三の小姓 市村鉄之助役を、市内中学生が担当した。
・ 会津藩で同時代に活躍した少年部隊 白虎隊を日野市内中学生で編成し、会津藩主 松平容保公と一緒にパレードに登場した。
画像
















・ 新撰組隊のパレードが続いてきた。
・ 新撰組の一番隊から十番隊までが進んできたが、大半は一般参加の人達だ。
画像
















・ 新撰組隊の後から、台湾新撰組(訪日台湾人旅行者)など特徴あるグループがパレードしてきた。
・ 最後尾の一つ前は、JA東京みなみ日野しんせん野菜隊で、トマトなどを配っていた。
画像


















・ 最後尾は、仲町自治会でリラックスして楽しそうだった。
画像















・ ひの新撰組まつりは、高幡不動尊境内で出陣式 、参道で新撰組パフォーマンス、日野宿会場など多彩なイベントが盛りだくさんなので、もっとじっくり見てまわることにしよう。

('19-137) 第64回赤羽馬鹿祭り へ行った

2019年5月16日(木)、晴れ、13℃~25℃
              
・ 日本列島は高気圧に覆われて、低気圧と前線は日本列島の南岸から遠ざかって、晴れが広がった。西日本を中心に気温が上昇して夏日(最高気温25℃以上)になった。
・ 東京都心でも日中は日差しが強く、蒸し暑くなった。
  (7時)               (12時半)
画像画像



















◎ 上野公園不忍池へ行った
・ 午後、上野公園を訪問した。
・ 不忍池では、ハスの茎はまだかれていたが、来月には新しい緑の茎が出てくるだろう。
・ ボート池では、空のボートの上に、シロサギ(?)が留まっていた。
画像画像













◎ 懇親会でランニングなし


◎ 赤羽馬鹿祭り へ行った

○ 赤羽馬鹿祭りとは
・赤羽馬鹿祭り実行委員会HPによると、
 -赤羽馬鹿祭り(あかばねばかまつり)は、東京都北区赤羽で毎年4月に行われるお祭り
 -1956年に地元の商店主達が4月のエイプリルフールにちなんで開催したのが始まりで、その名も「バカまつり」となった。
初期は参加商店主が何かに扮装していた。
 -お祭りの名称が一度「大赤羽祭」となったたが、平成24年より初回開催時と同様の「赤羽馬鹿祭り」に変更し、原点回帰を図った。
 -JR赤羽駅周辺の数会場で行われ、音楽ライブやダンスなどのステージ、戦隊ヒーローショー、フリーマーケットなどが催される。
 -本祭の最後を締めくくる大規模なパレードは圧巻で赤羽春の風物詩で、学生や社会人の音楽隊を先頭に、バカロック踊りと仮装隊、江戸神輿が赤羽駅東口前通りを練り歩く壮大な催し。
 -音楽パレードには特別ゲストとしてスポーツ界、芸能界からの著名人が登場しお祭りを毎年盛り上げる。
・ 今年は、5月11日(土)と12日(日)に開催された。

○ 5月12日(日)の様子
・ 12時20分、JR赤羽駅東口に着いた。
・ 駅前広場には、福島県鮫川村、青森県東通村、北海道北斗市などの模擬店が出店していた。
画像画像















○ 北斗市のゆるキャラ「ずーしーほっきー」
画像・ 北海道北斗市のブースの前に、不気味なキャラクターがいた。
・ 後で調べると、北斗市は函館市の隣にある人口4万8千人の街で、このゆるキャラは、北海道新幹線の停車駅開設に際して、北斗市が市のPR用に誕生させたキャラクター「ずーしーほっきー」だ。
・ 北斗市の特産品ホッキ貝とふっくりんこをモチーフとした「ホッキずし」のキャラクターで、可愛さよりキモさが売りだという。
・ 最初は、北海道で真っ白だから流氷のイメージか思ったが、北斗市には流氷は関係ない。
・ ナメクジのようで、やっぱり不気味だが、記憶に残るという観点からはインパクトは強い。
・ ゆるキャラグランプリにも登録しているようだが、全国的な人気はどうなっているのかな?

○ 赤羽馬鹿祭り大パレード
・ 12時35分、赤羽駅東口から商店街アーケードに向かって、パレードがやってきた。
・ 赤羽交通安全少年団が横断幕を持って、先導してきた。
画像














・ 音楽パレードは、オープンカーに続いて、創価大学プライドオブソウカや淑徳中学高等学校などがカッコよく行進してきた。
・ この後、13時から、馬鹿踊りパレードが行われるので見たかったが、時間がなくて出発した。次は、しっかりと見よう。
画像画像













画像

('19-136) 夜7kmラン- 旧古河庭園「春のバラフェスティバル」へ行った

2019年5月15日(水)、晴れ、17℃~22℃
              
・ 日本列島全体が高気圧に覆われて、晴れになった。西日本では気温が25℃以上になったが、東日本では25℃以下で過ごしやすい天気になった。
・ 朝、八王子からも富士山が見えた。
・ 東京都心でも日中は22℃くらいだったが、湿度は高くて梅雨のような蒸し暑さを感じた。
  (7時)               (12時半)
画像画像















◎ 7kmランニング 
・ 20時10分、晴れ、17℃、微風。穏やかな天気なので、短パンTシャツで良かった。
・ 昨夜はラン休したので少し体調は良くなったが、下半身のだるさは続いている。
・ 前半は苦しかったが、3㎞から体がほぐれてきてキロ5分を切って、4kmからの全力走でもキロ4分20秒を切った。
・ 5kmから疲れて左脚付け根が痛くなって、失速した。
(1km)5分45秒 (2km)11分01秒[5:20]  (3km)16分13秒[5:11]
(4km)21分08秒[4:55] (5㎞)25分20秒[4:11] (6㎞)29分38秒[4:18] (7㎞)34分32秒[4:53]

◎ 都立旧古河庭園の「春のバラフェスティバル」へ行った

○ 都立旧古河庭園とは
・ 東京都北区にある当園は、武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴。
・ 当園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸だったが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となった。
・ ジョサイア・コンドル設計の洋館と洋風庭園、京都の著名な庭師植治こと七代目小川治兵衛が作庭した日本庭園が現存している数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例であり、また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない事例として重要であるとして、平成18年1月26日に国の名勝指定を受けた。
・ 入園料:一般150円 / 65歳以上70円 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

○ 「春のバラフェスティバル」に行った
・ 洋風庭園には、約100種199株ものバラが華やかに咲き誇る。
・ 今年5月1日(水・祝)~6月2日(日)までの間、 「春のバラフェスティバル」が開催されている。
・ 今年で17回目で、イベント期間中は、「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」「春バラの音楽会」「庭園ガイド」「春バラ人気投票」等が行われている。バラの鉢植えやバラ関連の商品の販売も行われている。

○ 5月11日の様子
・ 入園すると、瀟洒な洋館が目に付く。
・ 洋館の周囲に配置された洋風庭園のバラはほぼ満開になっていた。
画像画像






















・ 真っ赤なバラは、「プリンセスミチコ」と命名されていた。
画像



















・ 洋館をバックにしたバラ庭園は絶好の風景だ。カメラマンが集まっていた。
画像
















・ 秋には、日本庭園の紅葉が素晴らしいと思う。
・ 新宿御苑の入園料が200円から500円に大幅に引き上げられて訪問しずらくなった中で、入園料150円はうれしい。
画像

('19-135) 第20回タイフェスティバル TOKYO 2019 へ行った

2019年5月14日(火)、曇り/雨、17℃~21℃
              
・ 西日本から東日本に気圧の谷が通過して、湿った空気が流れ込んで、すっきりしない天気が続いた。奄美地方では梅雨入りした。
・ 東京では朝から雨が降ったりどんより曇ったりの天気が続いて、都心の最高気温は19.3℃と4月中旬並みの気温で、5月に入ってから初めて最高気温が20℃に達しなかった。
  (9時)               (12時半)
画像画像
















◎ 雨でランニング中止した 

◎ 第20回タイフェスティバルTOKYO 2019 へ行った

・ 5月11日(土)と12日(日)、代々木公園イベント広場とけやき並木で、第20回タイフェスティバルTOKYO 2019 が開催された。
・ タイの文化や食を体感できるイベントで、今年のテーマは「タイ・知れば知るほど好きになる」
・ 代々木公園イベント広場で開催される全イベントの中でも、秋の北海道フェアとトップを争う人気だ。

○ 11日の様子
・ 13時、代々木公園イベント広場に着いた。
・ ゲートの外から行列ができていた。タイ国際航空が行っていたキャンペーンに参加する人たちだった。
画像
















・ 観光、物産の販売やフォトスポットがあった。
画像画像















・ ステージでのライブが行われていたが、観客席はすでにいっぱいになっていた。
・ 後で知ったが、14時50分からBNK48のライブステージが予定されていたので、泊まり込みの席取りもあったそうだ。
画像
















・ タイ料理レストラン、ドリンク、フルーツなどのブースはどこも混雑していた。
画像画像


















・ タイ伝統菓子のデモンストレーションが行われていたが、手作り菓子を買った。ココナッツの味がした。
画像画像
















・ ケヤキ並木通りでは、タイ米などのタイ物産の販売が行われていた。タイカレーの試食には行列ができていた。並びたかったが、時間がなく、あきらめた。
画像