('19-148) ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ 2019 へ行った

2019年5月27日(月)、晴れ、16~33℃  

・ 東日本は引き続き高気圧に覆われて、晴れて高温が続いたが、西日本からは低気圧が進んできた。
・ 東京では今日も晴れて30℃を超えた。
・ 昨日35℃を超えた北海道では、今日も高温になって、道内の3割の地点で5月の最高気温の記録を更新した。





◎ ランニングはなし

◎ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ 2019
・ 5月25日(土)・26日(日)の2日間、、『ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ 2019』が開催された。
・ 今年は7回目の開催で、全国各地のご当地キャラクター総勢約100キャラクターが参加し、フェスティバルを盛り上げた。
・ このフェスティバルの目的は、墨田区・東京スカイツリータウン・地元商店街・墨田区観光協会が一体となって、ご当地キャラクターによるイベントを開催することで、東京スカイツリータウンから足をのばして“タワーのある街”を回遊していただくことにより、街の魅力を伝えるとともに、全国ご当地の魅力を発信する。
・ 昨年は約13万人を超える来場者があった。

< 25日の様子 >

○大横川親水公園会場
・ 12時40分、大横川親水公園の会場に着くと、たくさんのキャラクターブースが並んでいた。
・ ブースの前には色々なキャラクターがいて、記念撮影のサービスをしていた。
                        (たかたのゆめちゃん)
画像画像





















・ ステージに来ると、ノリノリの歌とダンスが披露されていた。所沢市のイメージマスコット「トコろん」と JAY'S GARDEN がテーマ曲「toko toko トコろん」を披露していた。
画像


















・ ステージの控えには、青森県つがる市の「つがーるちゃん」とピーアークの宣伝部長「ピークン」がいた。
画像













○ スカイアリーナ
・ 東京スカイツリータウンのスカイアリーナにやってきた。
画像


















・ ステージでは、ちょうど「しまねっこ」がいた。人気者なので、その終了後は、記念撮影サービスをしていた。
・ 後に登場したのは、小樽観光協会推奨の「おたる運がっぱ」。
・ 見どころ満載なので、また来年が楽しみだ。
画像画像

('19-147) 味スタ‐国分寺:昭島‐八王子17kmランニング

2019年5月26日(日)、晴れ、16~33℃  

・ 日本列島は大陸からの高気圧に広く覆われて、晴れて気温が上昇し、5月としては過去にない暑さになった。
・ 全国の気象観測地点のうち53地点で猛暑日(35℃以上)、566地点で真夏日(30℃以上)になった。
・ 特に北海道では、フェーン現象によって佐呂間町で39.5℃を記録するなど、全国の最高気温の高い地点ランキングの32位までを北海道が占めた。
・ 関東でも7地点で猛暑日になった。東京では、練馬34.7℃、青梅33.8℃、八王子33.5℃、都心32.6℃になった。
・ 夕方も気温は高く、明日も真夏日が続く予報。
 (7時半)              (18時半) 
画像画像














◎ 味スタ‐国分寺:昭島‐八王子17kmランニング

○ 北野駅~味の素スタジアム
  (八王子市:湯殿川)         
・ 9時20分、晴れ、30℃、南3m/s。晴れて気温はすでに25℃を超えていた。
・ 体はだるく、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅から京王線に乗って、10時に飛田給駅に着いた。
(1.5km北野駅)9分58秒  (飛田給駅)40分
 (八王子市:湯殿川)        (飛田給駅)
画像画像















○ 味の素スタジアム
画像・ 10時05分、調布市にある味の素スタジアムに着いた。
・ 第37回調布市民スポーツまつり を訪れた。【後ほどレポート】








○ 味の素スタジアム~国分寺駅
・ 10時40分、味の素スタジアムからランニングをスタートし、甲州街道を西へ向かった。
・ もう30℃近くになっている感じだが、甲州街道の歩道沿いの並木はあまり日陰の効果はない。
・ タチアオイの花が満開になっている。
・ 若松町交差点から新小金井街道に沿って、北へ向かった。
 (1.5㎞味の素スタジアム)80分 (4㎞若松町)97分30秒
 (甲州街道:調布市)          (若松町)
画像画像

















(浅間山)
・ 暑い日差しの下で走っていると、樹木に覆われた小高い丘が見えたので、立ち寄ってみた。
・ 入口の案内板を見ると、浅間山公園だった。気持ちのいい木陰の小道を歩いていった。
・ 浅間山は、多摩の台地が河川に削られ小高い丘として残ったもので、標高80mで3つのピークがあるというが、時間がなかったので頂上には行かずに、東屋の所で下山した。
・ 次は、ちゃんと山頂に行こう。
(5㎞浅間山公園)104分30秒~112分
画像画像
































(野川)
・ 浅間山公園から再び新小金井街道に戻って北上して、東八道路を横切って、さらに進むと、野川に着いた。
・ 川の水はほとんどないが、両岸に遊歩道が整備されているので、木陰の下を進んだ。
・ 1.8kmで国分寺駅前に着いた。国分寺駅からJR中央線-青梅線に乗って、昭島駅に向かった。
(7.3㎞野川貫井橋)124分  (9.1㎞国分寺駅前)140分50秒
 (野川)               (国分寺駅)
画像画像

















○ 昭島駅北口
・ 12時10分、昭島駅北口のモリタウン前道路で、第11回あきしま郷土芸能まつり を見た。【後ほどレポート】
(昭島駅北口)170分~200分 
画像











○ 昭島駅前~八王子駅前
・ 昭島駅南口からランを始めて、八王子駅へ向かった。
・ 13時頃で、気温はピークになっていた。暑さと疲れでスローペース、歩きも交えてゆっくり進んだ。
・ 道の駅八王子滝山でトイレに寄った。ここで休憩時間が長くなった。
・ ひよどり山トンネルの中が涼しくて気持ちよかった。
・ 真夏のランはもっと過酷だろう。
(11.9㎞拝島橋南)218分 (13.6㎞道の駅八王子滝山)231分~245分
(17.4㎞八王子駅)272分

('19-146) 銀座-木場公園-墨田15kmランニング

2019年5月25日(土)、晴れ、15~32℃  
  (16時) 
・ 日本列島は高気圧に覆われて、広い範囲で季節外れの暑さになった。
・ 大分県竹田市で35℃の猛暑日となり、425の観測地点で30℃以上の真夏日になった。全国の140地点で5月の最高気温を更新した。
・ 明日はさらに気温は高くなるようだ。
・ 八王子でも朝から雲一つなく晴れて、最高気温は32.3℃になったが、全国135位だった。
・ 今日は天気が安定していたので、洗濯物や布団を干して、ランニングに出た。
画像











◎ 晴海-隅田川-浅草16kmランニング

・ 銀座から木場公園、猿江恩賜公園、錦糸公園を経て、大横川親水公園と東京スカイツリーを巡って、浅草駅までの15kmを走った。

○ 北野駅~銀座駅
 (八王子市:湯殿川)         
画像・ 朝9時15分、晴れ、25℃、南3m/s。快晴だが、まだ気温は30℃にはなっていない。
・ 体力温存のため、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅から新宿駅まで行って、地下鉄で銀座駅に向かった。
(1.5km北野駅)9分40秒 







○ 銀座駅前~都立木場公園
・ 銀座3丁目の松屋前からランをスタートした。日差しが強いので、ビルの日影ができている銀座通りを東へ日本橋に向かった。
・暑さのせいか、土曜朝のせいか、人通りは少なかった。
・ ウォーキングをしているグループたちとすれ違った。
(1.5km銀座3丁目)80分     
(銀座通り)                (京橋)
画像画像














・ 日本橋では、ちょうどクルーズ船が接岸したところだった。きょうの水上観光は暑くなりそうだ。
・ 永代通りに戻って、東へ向かって、永代橋を渡った。隅田川沿いにランニングしている人がいた。
 (4.5㎞茅場町)107分55秒 (6.2㎞門前仲町)120分50秒
 (日本橋桟橋)             (隅田川と永代橋)      
画像画像














○ 都立木場公園
・ 門前仲町からさらに東へ進むと、木場5丁目に着いた。ここから北へ少し行くと、都立木場公園に着いた。
・ 木場公園は、東京都江東区にある都立公園で、総面積は24.2haもある。
・ 元は材木業関連の倉庫や貯木場などが多かったが、貯木場としての機能が新木場へ移転した後は、江東区の防災都市計画の一環として、公園が整備された。
・ 今は、都心東部地域の貴重な緑豊かな空間となっている。
・ この日も、広大な広場の木陰で休憩したり、バーベキューをして賑わっていた。
・ 木場大橋を渡って、北東へ進んだ。
(7.6㎞木場公園南口)132分
画像画像

















○ 都立猿江恩賜公園
・ 小名木川橋を北へ渡って、江東区住吉と毛利にある都立猿江恩賜公園に着いた。
・ ここも元は、徳川幕府から明治政府の貯木場になり、その後1932年に公園になった。
・ 公園の南側は野球場、庭園、北側の地区は緑地広場や遊具がある。
・ 公園の西側にある毛利小学校で運動会が行われていた。この日は、他の小学校や幼稚園の校庭や公園でも運動会が行われていたが、暑さ対策で大変だったようだ。
(10.9㎞)171分  
 (猿江恩賜公園)             (毛利小)
画像画像


















○ 錦糸公園
・ 錦糸駅のガードを通過して、駅北東側に出ると、錦糸公園がある。
・ 公園には体育館や噴水なども整備され、再開発によって隣接して大きな商業施設が整備されて、いつも賑わっている。
・ この日は、公園内で肉料理と音楽ステージなどが行われていた。炎天下の下、肉を焼くのは大変そうだが、夏バテ防止には肉食が良いだろう。
(12.3㎞錦糸公園)182分 
画像画像



















○ 大横川親水公園~浅草
・ 錦糸公園北西の墨田区に入って、大横川親水公園に着いた。
・ 暑い日には水辺の木陰の遊歩道がうれしい。
・ 600mほど進むと、「ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ2019」が開催されていた。【後ほどレポート】
・ 業平橋から西へ、隅田川を吾妻橋で渡って、浅草駅前に着いた。
(14.2㎞ご当地キャラフェス会場)195分 (業平橋)240分 (15.2㎞浅草駅前)251分
 (大横川親水公園)           (隅田川吾妻橋)
画像画像

('19-145) 夜7kmラン-第22回渋谷・鹿児島おはら祭 へ行った

2019年5月24日(金)、晴れ、14~30℃

・ 日本列島は南方からの暖かい高気圧に覆われて、晴れて全国的に気温が上昇した。
・ 全国の174地点で30℃以上の真夏日を記録した。
・ 東京でも、朝から雲一つなくスッキリ晴れて、東京都心で31℃になり、初夏のような暑さになった。
・ 夕方もスッキリ晴れていた。
 (7時)                  (18時半)
画像画像











◎ 7kmランニング 
・ 20時12分、晴れ、22℃、微風。
・ 気温はちょうど良かったが、体は重く、ペースは上がらなかった。左足付け根の痛みも続く。
・ 前半3kmはキロ5分を切れなかったが、3㎞からペースアップして、4kmからの全力走ではなんとかキロ4分20秒を切った。
・ しかし、やはり5㎞で失速した。
(1km)5分39秒 (2km)10分53秒[5:14]  (3km)15分59秒[5:06]
(4km)20分57秒[4:58] (5㎞)25分09秒[4:12] (6㎞)29分33秒[4:23] (7㎞)34分37秒[5:03]

◎ 第22回渋谷・鹿児島おはら祭 へ行った

○ 渋谷・鹿児島おはら祭とは
-毎年5月中旬の土・日に、渋谷109前を交通止めにして、道玄坂・文化村通りをメイン会場に開催される。まさに、南九州最大の「おはら祭」を東京・渋谷での再現。
-「渋谷」と「鹿児島」の縁(えにし)は古く、渋谷一帯を所領する相模国の豪族渋谷氏は、源頼朝が鎌倉幕府を開いた後、源平合戦の功により、はるか薩摩の地、今の薩摩川内市あたりに所領を得て一族をあげて移住した。
-薩摩での渋谷家は五家に分かれ、土地の名を取り入来院氏、祁答院氏、東郷氏、高城氏、鶴田氏を名乗った。
-渋谷区広尾(現・國學院大学キャンパス)に薩摩藩渋谷藩邸があり、三田・高輪にあった江戸の薩摩藩邸は海の近くで、黒船の来航による砲撃の危険から、島津斉彬は内陸部に新しく屋敷を求めた。
-「渋谷・鹿児島おはら祭」も、その流れをくむ「ふるさとへの思い」を強くするお祭りで、当時の渋谷区長と鹿児島出身の経済人のご尽力で平成10年4月に始まった踊りパレード。

○ 5月19日の様子
・ 13時半、渋谷駅前スクランブル交差点から渋谷109へ向かった。
・ おはら祭のパレードは、12時50分から始まっていたので、もう40分位経過していた。
・ 晴れて日差しが強くなっていたので、さすがに踊り手の方々は疲れるだろう。
・ パレードは、2曲踊ってから5分の休憩を入れるようにして進んだ。
 (スクランブル交差点から109方面)
画像















(109からスクランブル交差点方面)
画像















・ 鹿児島県からの参加者や首都圏在住の鹿児島県出身者などで構成される66連の約2600名が鮮やかな法被や衣装を着て楽しく踊っていた。
  (東京世田谷鹿児島県人会)        (東京喜界会)           
画像画像





















・ ANAや鹿児島市消防団など職場の人達の連もある。
画像















・ 鹿児島市日置地区連は、鎧武者で登場した。マスコットキャラクターは何だろうか?
画像














・ 鹿児島県立武岡台高校同窓会『関東三紅会』や鹿児島商業などの卒業生で首都圏在住の方々の連も楽しく踊っていた。
・ ふるさとの人達が集まって都心をパレードすることは他県ではほとんどないと思うので、鹿児島県人がうらやましく思った。
画像

('19-144) 夜7kmラン-八王子健康フェスタ・食育フェスタへ行った

2019年5月17日(金)、晴れ、11℃~25℃
              
・ 日本列島は高気圧に覆われて、全国的に気温が上昇して、全国24地点で30℃以上の真夏日となるなど、7月並みの気温になった。
・ 東京でも朝から雲一つない青空が広がった。今日の最高気温は27℃だったが、明日から30℃を超える気温になるようだ。
・ 夕方、京王線で人身事故が発生して遅延したので、JR中央本線に乗って八王子へ帰った。
  (7時)               (18時:国分寺駅東)
画像画像















◎ 7kmランニング 
・ 20時02分、晴れ、22℃、微風。
・ 気温はちょうど良かったが、体は重く、思うようにペースは上がらない。
・ 前半3kmはキロ5分を切れなかったが、3㎞からペースアップして、4kmからの全力走ではなんとかキロ4分20秒を切った。
・ しかし、やはり5㎞で失速した。
(1km)5分34秒 (2km)10分50秒[5:16]  (3km)15分58秒[5:07]
(4km)20分52秒[4:54] (5㎞)25分07秒[4:14] (6㎞)29分33秒[4:25] (7㎞)34分24秒[4:51]


◎ 八王子健康フェスタ・食育フェスタへ行った

・ 5月19日(日)、12時前、京王高尾線狭間駅前にある市立体育館「エスフォルタアリーナ八王子」に着いた。
・ 広い体育館内で、八王子健康フェスタ・食育フェスタが開催されていた。
・ 会場内には、健康つくりと食育活動のブースがたくさん設置されていた。スタンプラリーも行われていた。
・ バランスのいい食事と毎日の運動を続けて、健康を維持していこう。
・ 定期的な健康チェックが重要だ。
画像















(健康つくり)
・ ステージでは、テニスボールを使った肩こり体操が行われていた。
・ いやしのマッサージも行われていた。
画像画像

























・ TANITAの体組成計に乗った。毎日、自宅で計測しているが、機器が異なると測定値も異なる。この値はできすぎだ。
・ 歯科医師会の方に歯科チェックをしてもらった。虫歯はなかったが、やはり歯垢があった。
画像画像



















・ 肺機能検査をした。ここは人気があって、受験直後に用意していた検査キットは終了した。検査の結果、肺年齢は53歳だったが、毎日ランニングしていることを考えると、イマイチ。
・ 大腸内視鏡検査は、1年半前にやったが、やはり毎年した方がいいのか?
画像画像
























(食育)
・ ロコモチェックのコーナーは、もっとも混雑していた。もっとも、シートに記載すると、何かもらえるのが目当だが。
・ 各食品群からバランスよく食材を選んで食べることが大切。わかっているのだが、毎日の料理はワンパターンになってしまう。
画像画像

('19-143) 夜7kmラン-第32回八王子ヘルシーウォーキング

2019年5月22日(水)、晴れ、14~25℃

・ 低気圧と前線が太平洋沖に通過して、日本列島は晴れになった。
・ 東京でも朝方には雲が残っていたが、しだいに晴れて、さわやかな天気になった。
  (7時)             (9時)
画像画像


















◎ 夜7kmランニング 
・ 20時10分、晴れ、20℃、微風。ランには好条件になった。
・ 前半3kmはいつも以上に体が重かったが、3㎞から徐々にペースアップした。
・ 4kmからの全力走は4-5kmはよかったが、5kmからはバテて失速した。
(1km)5分37秒 (2km)11分19秒[5:42]  (3km)16分23秒[5:04]
(4km)21分15秒[4:51] (5㎞)25分32秒[4:18] (6㎞)29分55秒[4:23] (7㎞)34分46秒[4:50]

◎ 第32回八王子ヘルシーウォーキング

・ 5月19日(日)は、八王子市の「市民健康の日」で、第32回ヘルシーウォーキングが開催された。
画像・ このイベントは、参加費無料・事前申込不要で、当日9時~9時50分、受付をすれば、参加できる。
・ 受付で名前を書いて、参加品として、緑のタオルとアクエリアスをもらった。
・ 開会式の後、9時50分から順次スタートしていった。






○ コース図
・ 毎回、八王子市内を10㎞程度歩くコースが設定されるが、今年は高尾地区を歩くコースになった。
画像



















○ スタート~高尾駅南口
・ 天気はスタートした頃には曇っていたが、しだいに晴れてきた。風も少しあって、ウォーキングには好条件だった。
・ 狭間駅前のエスフォルタアリーナ八王子前から出発して、西へ向かっていくと、「みころも霊堂」とみころも公園がある。
・ みころも霊堂は、京王線高尾駅のホームから南側に見える黄金色の塔で、後で調べると、昭和47年6月に、労働災害補償保険法施行20周年を記念して、労働者健康福祉機構によって建立された、産業殉職者の方々の慰霊塔。
・ この手前の駐車場から、キャラクターが出てきた。
・ 浅川中学前で東へ方向を転換して、浅川小学校前、高尾駅南口までやってきた。
   (みころも霊堂)
画像画像




















○ 高尾駅南口~陵南公園
・ 京王高尾線を北側にくぐって、JR中央線沿いに東へ向かって、東浅川保健センター、陵南中前の立体歩道橋を歩いて、JR中央本線を渡った。
・ 甲州街道の多摩御陵入口交差点を北へ渡って、南浅川橋を渡った。
・ 南浅川は水がなくて干上がっていたが、昨日(5/21)の大雨で水量が回復しただろうか?
画像画像

















・ 陵南公園内のチェックポイントに着いた。これまでは、チェックポイントは3ヶ所位あったと思うが、今回はここ1ヶ所。
・ 公園にはトイレがあって、休憩にはとても良い場所だ。
画像













○ 陵南公園~小仏関跡
・ 陵南公園の北側に位置する多摩御陵に向かって行って、御陵の入口手前を左折して、町内道路を進んだ。
・ 5km位からは南浅川沿いに小道を進んだ。5.7kmくらいで浅川事務所の北側を通過した。川沿いの気持ちいい遊歩道だ。
・ 6kmすぎの観音堂前で、南浅川と分かれて山側に入って、中央線の小さい踏切を渡った。
画像画像

















・ 高尾駒木野庭園前を通過して、小仏関跡で7kmになった。
 (小仏関跡)
画像










○ 小仏関跡~TAKAO599ミュージアム
・ 小仏川沿いの高尾梅郷遊歩道を歩いて、甲州街道に出た。樹木が生い茂って、日差しが遮られていて散歩に気持ちいい。
・ 高尾山口駅前で、黒豆饅頭を買って、ケーブルカーの清滝駅前に立ち寄って腹ごしらえした。
画像
画像



















・ 最後は、清滝駅前から500mほど歩いて、ウォーキングのゴール地点のTAKAO599ミュージアムに着いた。
・ 今回のコースは、全長9㎞ほどでそれほど長い距離ではなく、しかも、スタートとゴールが鉄道駅の近くで、途中で高尾駅の近くを2回通るので、タイヤしやすいのもいい。
・ 川沿いや山沿いのコースが多くて、景色の変化を楽しめる。
・ 天気に恵まれてとても良かったと思う。
画像

('19-142) 浅草神社・三社祭 へ行った

2019年5月21日(火)、雨/曇り、18℃~22℃
              
・ 低気圧と前線が西日本から東日本に通過して、各地で大雨と強風が吹いた。
・ 東京では昨夜から雨になって、今朝から昼すぎまで10~12m/s位の強風が吹いた。この強風で、羽田空港への着陸が一時できなくなった。
  (7時)               (7時半)
画像画像


















◎ 夜懇親会でランニングなし
 
◎ 浅草三社祭へ行った

○ 三社祭(さんじゃまつり)とは
・ 東京都台東区の浅草寺の隣にある浅草神社の例大祭で、毎年5月の第3金・土・日に開催され、3日間で200万人近い人出がある日本を代表する祭礼
・ 浅草神社の氏子四十四ヶ町を中心に、初日は、お囃子屋台、鳶頭木遣り、浅草の各舞、芸妓連の手古舞や組踊り等で編成される名物「大行列」が行われる。
・ 2日目は、「例大祭式典」が斎行され、その後、「町内神輿連合渡御」が行われる。
・ 最終日は、早朝に、宮神輿三基「一之宮」「二之宮」「三之宮」が神社境内から担ぎ出される「宮出し」が行われ、日中は氏子各町を三方面に分かれて渡御し、日没後に神社境内へ戻る「宮入り」を迎えて祭礼行事が終わる。

○ 5月19日(土)の様子
・ 12時から、浅草氏子四十四ヶ町の町内神輿約百基が神社境内に参集し、一基ずつお祓いを受けて各町会を渡御する。
・ 13時すぎ、浅草神社の大鳥居前に来ると、各町内の神輿が次々と出立してきた。
・ 男衆が勇壮に担ぐ神輿や女性だけが担ぐ神輿、小学生が担ぐ神輿など、いろいろな御神輿がやってきた。
画像





















・ 御神輿は、神社を出ると、浅草寺の正面にやってきて、参道を通って、雷門の方に向かって行った。
画像


















・ 御神輿を担ぐ人たちの熱気と威勢、それを見て沸き立つ観衆が一体となって、浅草界隈は最高の賑わいとなった。
画像










画像