('19-155) 夜7kmラン- 初夏の新宿御苑に行った

2019年6月3日(月)、曇り、18~25℃

・ 日本列島の南方に低気圧と前線ができて、太平洋側は曇りがちの天気になった。
・ 東京でも、朝から薄曇りだったが、日中は最高気温25℃位まで上がって、蒸し暑くなってきた。
・ いよいよアジサイの花が咲いてきた。
  (9時)                   (12時半)
画像画像
















◎ 7kmランニング 
・ 20時16分、曇り、20℃、微風。気温はちょうど良かった。
・ 昨日はハーフレースを走った。筋肉痛は特にないが、右足中指に血豆ができて腫れている。しかし、次のレースが今月16日なので、今夜も走った。
・ レースの疲れか、前半3㎞のペースは上がらなかった。3㎞からペースアップしていったが、いつもよりタイムは良くなかった。
・ 4kmからの全力走も体がダルクてしんどかった。
(1km)5分32秒 (2km)10分47秒[5:15]  (3km)16分01秒[5:13]
(4km)20分46秒[4:45] (5㎞)25分05秒[4:18] (6㎞)29分26秒[4:21] (7㎞)34分14秒[4:47]

◎ 初夏の新宿御苑に行った

・ 6月1日(土)は、新宿御苑は6月5日の「環境の日」にちなんで無料開放日だったので、久しぶりに訪問した。
・ 新宿門の前には、初夏の見どころの樹木や花たちが紹介されていたので、これにしたがって、広い園内を散策した。
画像
















・ まず、日本庭園のサツキのピンクの花が満開になっていた。
・ 緑とピンクのコントラストが素晴らしい。曇り空で、青空の背景がなかったのが残念だった。
画像
















・ プラタナス並木の大きな葉っぱが日差しをさえぎってくれて、涼しげだ。
・ その隣のバラ園のバラの花は、満開のピークを過ぎて散り始めていた。
画像画像

















・広い芝生の広場に行くと、高い樹木が思い切り緑の葉を広げていた。意外にも閑散としていた。
・ 大木戸門の近くにある大温室に向かった。
画像画像















○ 日本絶滅危惧植物展
・ 大温室の一角では、日本絶滅危惧植物展が開催されていた。
・ 日本の野生植物の4分の1が、開発行為や採取によって絶滅の危機に瀕している。環境省はそれらの植物をレッドリストに掲載して、広く社会に警鐘を鳴らしている。
・ 新宿御苑では、生息域の外で、栽培することや種子を保存することによって、それらの植物を守ることに取り組んでおり、現在約170種の日本の絶滅危惧植物を栽培している。
・ 今回は、特別企画展として、その一部が展示されていた。
画像

('19-154) 信州安曇野へ行ってきた

2019年6月2日(日)、曇り、18~25℃
           
◎ 信州安曇野の朝
○ 道の駅アルプス安曇野ほりがねの里
画像
・ 夜1時すぎ、安曇野市にある道の駅アルプス安曇野ほりがねの里に着いた。高地なので夜は冷え込むかと思っていたが、曇りだったせいか、夜の気温は15℃もあってちょうどよかった。駐車はかなり埋まっていた。
・ 朝5時半に起きて、朝食を食べて、レース用のウェアに着替えた。
・ 信州安曇野ハーフマラソンの参加者用駐車場に指定されていたセイコーエプソン豊科事業所駐車場に向かった。

   



(セイコーエプソン豊科事業所駐車場)
・ 6時7分、駐車場に着いた。駐車場は無料で、開門は5時半、
・ 駐車場のすぐ隣がバス乗り場で、シャトルバスの運行は6時~7時半になっていた。
・ バスは5~6台留まっていて、乗客が3分の2くらい乗ると発車していくので、バスを待・ つことはほとんどなかった。
・ 6時50分に連絡バスに乗って、スタート会場に7時5分に着いた。
・ マラソンスタートまでまだ2時間弱あった。
  (道の駅あずみの堀金)   
画像画像
















◎ 信州安曇野ハーフマラソンを走った【後ほどレポート】

◎ 松本城
画像・ 12時前、安曇野から出発して、松本市内の松本城を見ようと思ったが、駐車場が混んでいて時間がかかりそうだったので、スルーした。
・ 松本城は、ずっと前に天守閣まで登ったことがあるが、また機会があったら登ろう。。















◎ 信州花フェスタ2019 へ行った
 (駐車場)
画像・ 信州松本空港に隣接している長野県松本平広域公園(信州スカイパーク)をメイン会場に開催されている「第36回全国都市緑化信州フェア(信州花フェスタ2019)」へ行った。【後ほどレポート】
・ 松本市内から空港まで10kmほどだが、途中の国道19号が混雑渋滞していて45分もかかった。
・ 駐車場からメイン会場まで大半の人は歩いていたので、痛い足を引きずりながら20分近く歩いた。
・ 駐車場とメイン会場を結ぶロードトレイン(300円)と連絡バス(100円)があるが、乗り場がわからなかった。
・ 帰る時、飛行機が離陸していくのを見ていた。
画像画像











('19-153) 新宿御苑-代々木公園10kmランニング

2018年6月1日(土)、晴れ、17℃~25℃

・ 朝からさわやかに晴れた。
・ 掃除をしていても気持ちがいい。加湿器を洗って、収納した。
・ 日中もそれほど暑くはならなかった。
画像










◎ 夜、長野県安曇野市へ向かって出発した。
画像・ 明日は、信州安曇野ハーフマラソンに出場する。
・ いろいろなサービスがあるようだ。























◎ 新宿御苑‐代々木公園10kmランニング

○ スタート~新宿御苑
・ 9時05分、晴れ、22℃。薄曇りだが日差しは強い。
・ 信州安曇野ハーフマラソンの前日なので、疲れないように走ろうと思った。
・ 左脚付け根の痛みは消えず、呼吸も苦しくてペースは上がらなかった。
・ 北野駅から新宿駅に向かった。
・ 新宿駅から地下鉄丸ノ内線で新宿御苑駅まで行った。
(1.5km北野駅)9分55秒 
 (湯殿川)                 (北野駅)
画像画像


















○新宿御苑を散策した
画像・ 10時20分、新宿御苑に入園した。入園料は500円に引き上げられてからは、無料開放日にしか訪れていない。
・ 今日は「環境月間にちなみ、無料開放」になったので、訪問した。【後ほどレポート】










○ 新宿御苑~代々木公園
・ 11時15分、新宿御苑大木戸門からランニングを始めた。
・ 新国立競技場の建設作業は、競技場の本体工事は終わって周辺施設の建設が進んできた。
・ 千駄木小学校では運動会が行われていた。今日は運動会日和だ。
・ 原宿駅前を通って、代々木公園イベント広場に着いた
(1.5㎞新宿御苑大木戸門前)130分 (3.9㎞千駄木小前)145分45秒
 (千寿院前から新国立競技場)           
画像














○ 代々木公園イベント広場
・ エコライフ・フェア2019 の会場をまわった。【後ほどレポート】
(5.3㎞代々木公園)157分~200分 

○ 代々木公園イベント広場~笹塚駅
・ イベント会場から出発して、代々木公園内を走った。
・ 深紅のバラの花が美しく咲いていた。2009年に日本・ブルガリア外交関係再開50周年にブルガリア大統領夫人から友好親善のシンボルとして寄贈された、ブルガリアローズのナディア。
・ 木陰を走るのは気持ちがいいが、疲れて脚は重かった。
画像
画像
















・ 代々木公園を出て、代々木上原駅前を通って、笹塚駅へ向かった。
・ 笹塚駅南側の旧玉川上水の遊歩道には、サボテンやタチアオイの花が咲いている。
(8.6㎞代々木上原駅前)227分 (10.2㎞笹塚駅)240分
 (旧玉川上水)
画像画像

('19-152) 夜7kmラン-ツバメの巣とヒナを見た

2019年5月31日(金)、曇り、18~26℃

・ 日本列島の南方に低気圧と前線ができて、全国的に曇りがちの天気になった。
・ 九州南部では、今日、梅雨入りした。平年と同じで、昨年より5日早かった。
・ 東京でも、朝からどんよりした雲り空だったが、最高気温は25℃位でそれほど蒸し暑くはならなかった。
  (9時)                   (12時半)
画像画像
















◎ 7kmランニング 
・ 20時19分、曇り、20℃、微風。気温はちょうど良かった。
・ レース2日前だが、今朝、右足ふくらはぎがツッてしまった。痛かったが、痛みが引いたらまた寝た。走る前と走った後のストレッチが足りないようだ。
・ 今夜のランは、明後日のレースを意識して、出だしからキロ5分10秒前後でいつもより速めのペースで走った。
・ しかし、上り坂になると、左足付け根の痛みが大きくなった。明後日のコースがアップダウンが小さいことを願う。
・ 4kmから全力走に入ったが、キロ4分20秒を維持するのは大変だ。
(1km)5分15秒 (2km)10分23秒[5:08]  (3km)15分23秒[4:59]
(4km)20分08秒[4:45] (5㎞)24分21秒[4:12] (6㎞)28分34秒[4:13] (7㎞)33分05秒[4:31]

◎ ツバメの巣とヒナを見た

○ ツバメの巣作りとヒナの成長
・ ツバメは、3月頃に南方から日本に飛んできて、ツガイで協力して巣作りをして、4~5月に産卵する。1日に1個づつ、計3~7個の卵を産み、2週間前後でふ化する。
・ 親鳥が毎日運んできるエサを食べて、ヒナは成長して、梅雨の頃に巣立ちする。
・ しかし、無事、旅立つことができるのは半分くらいだという。
・ 春から夏を日本で過ごしたツバメは、9月中旬から10月の終わりになり気温が下がると、餌となる昆虫が少なくなる日本を後にして台湾やフィリピン、マレー半島、オーストラリアなど3000~5000kmも離れた南の国へ移動する。
・ ツバメの巣が作られた家には幸福が訪れるといわれ、縁起が良いとされる。

○ 道の駅八王子滝山のツバメの巣
・ 5月下旬、道の駅のトイレ入口付近の壁の上部などに、ツバメの巣が4つ見られた。
・ 壁の上方で天井に近い所やトイレのドアの上などに作られていた。
(巣作りの場所)
・ ツバメは、天敵のカラスやヘビが来ないように、人通りが多い所に巣を作る。ヒナの体温は40~42℃位に保つ必要があるので、巣は適度な温度で日当たりもあり、風通しが良い所が好まれる。
・ 巣は、ツバメが土やワラを運んで、口からの唾液で壁に塗り付けるので、壁はツルツルではなく凸凹していた方がいい。

・ 巣を見ていると、すでにヒナが大きくなっている所には、5羽のヒナがいた。巣の中でギュウギュウになっていた。
・ オスとメスの親鳥は、交代で餌を与えるために1日に500回も巣と餌場を往復するそうだ。
・ ヒナたちは親鳥がやってくる気配を感じると、一斉に大きく口を開けてアピールする。
画像画像


















・ ヒナ達はフンをする時はお尻を巣の外に出して、フンが巣の中に溜まらないようにしていた。このため、フンは地面に落ちるので、道の駅の人は段ボールを置いていた。
・ こんなに狭いと巣から落ちないか心配だが、実際にも落ちることはあるという。
画像画像













・ ドアの上の巣では、まだヒナたちは灰色の産毛で小さくて、生まれたばかりのようだった。
画像












・ 別の所では、まだ卵の状態の様子だった。
・ ツバメの巣の様子はいつまで見ていても飽きないものだ。
画像

('19-151) 夜7kmラン-第11回あきしま郷土芸能まつり へ行った

2019年5月30日(木)、晴れ、15~27℃

・ 低気圧と前線が日本列島から去って、全国的に晴れたが、気温はそれほど上がらなかった。
・ 東京でも、朝からスッキリ晴れたが、東京での最高気温は26℃位にとどまった。
・ 午後は南風が強くなって雨っぽくなった。
 (7時)                  (18時半)
画像画像
















◎ 7kmランニング 
・ 20時07分、曇り、20℃、南風5m/s。気温は良かったが、南風が強く肌寒かった。
・ レース3日前なので、いつもより速めのペースで走ったが、身体は重く、左足付け根の痛みもあって、でだし2kmはキロ5分を切れなかった。
・ その後ペースアップして、4kmからの全力走ではキロ4分10秒を切った。
・ しかし、左脚が痛くなって5㎞で失速した。
(1km)5分27秒 (2km)10分39秒[5:11]  (3km)15分32秒[4:53]
(4km)20分15秒[4:42] (5㎞)24分23秒[4:08] (6㎞)28分40秒[4:16] (7㎞)33分32秒[4:52]


◎ 第11回あきしま郷土芸能まつりへ行った

○ あきしま郷土芸能まつりとは
・ あきしま郷土芸能まつりは、昭島観光まちづくり協会が、昭島市と共催して開催するお祭りで、今年は10回目となった。
・ 地元企業の協力や多くの市民が参加して、昭島市内で継承された伝統文化を一同に集めて披露するもので、見どころ満載だ。
画像・ あきしま郷土芸能まつりの始まりは、平成20年に昭和飛行機工業株式会社が昭島市の発展や伝統芸能の継承を目的に開催した「あきしま昭和の森郷土芸能まつり」。
・この目的を受け継ぎ、平成24年の第4回目から、昭島観光まちづくり協会が主体となる「あきしま郷土芸能まつり実行委員会」が昭島市と共に開催してきている。
・ あきしま郷土芸能まつりは、昭島市内で継承された伝統文化を一同に集めて披露される郷土芸能の祭典。
・ 屋台、山車の引き回しや神輿の巡行、獅子舞に和太鼓、居囃子が会場を盛り上げる。
・ 昭島にゆかりのある地域の郷土芸能も披露される。
・ 毎年5月の土曜日に前夜祭が開催されて、昭島民謡流し流し踊りが披露される。
・ 日曜日の本祭では、6基の神輿と4台の屋台、山車が集合し、和太鼓や獅子舞、お囃子などが披露される。
・ 今年も、友好都市である岩手県岩泉町の「中野七頭舞」が披露された。

○ 26日(日)の様子
・ 5月26日(日)12時15分、JR昭島駅北口前のモリタウン北側の道路に着いた。
・ちょうど屋台と山車の巡行が行われていて、居囃子とのぶっつけが行われていた。キツネと獅子の踊り合戦は見ものだ。
画像

















・ 続いて、6基のお神輿が集まってきて威勢のいい練りが行われた。昼間なので、子供達も活躍していた。
画像



















・ 屋台と山車、御神輿は、駅北口ロータリーからモリタウン北側の市道を練り歩いた。
・ さらに、御神輿はイチョウ並木を渡御していった。
画像

















・ 主会場のイチョウ並木の両側には、行政や観光のPRブースや地元の特産品や模擬店が並んでいて、お客さん達で混雑していた。
・ 夏祭りの前に、このような本格的な祭りの雰囲気を味わうことができるのは最高だ。

('19-150) 夜7kmラン-調布市民スポーツまつり へ行った

2019年5月29日(水)、曇り、18~26℃

・ 低気圧と前線が日本列島を西から東へ通過して、雨雲が広がったため、暑さも一段落した。
・ 東京でも、朝からどんよりした雲り空で、蒸し暑くなったが、30℃には届かなかった。
 (9時)                  (18時55分)
画像画像

















◎ 7kmランニング 
・ 19時55分、曇り、22℃、微風。
・ 少し湿っぽいが、気温はちょうど良かった。中2日ラン休したので、脚の痛みは緩和したが、体は重く、ペースは上がらなかった。
・ 3kmからペースアップしようとしたが思うようには上がらなかった。
・ 3km後半でようやく体が慣れてきて、4kmからの全力走では久しぶりにキロ4分10秒を切った。
・ 5㎞からは疲れてペースダウンしたが、まあまあだった。
(1km)5分29秒 (2km)10分52秒[5:22]  (3km)15分50秒[4:57]
(4km)20分40秒[4:50] (5㎞)24分48秒[4:08] (6㎞)29分01秒[4:12] (7㎞)33分46秒[4:45]

◎ 第37回調布市民スポーツまつり へ行った

○ 調布市とは
・ 調布市は、東京都の多摩地域東部で23区で接しており、都心に近くて住環境が整った住宅地になっている。
・ 深大寺と神代植物園など落ち着いた名所と、FC東京と東京ヴェルディの本拠地「味の素スタジアム」などスポーツ施設も充実している。

○ 第37回調布市民スポーツまつり へ行った
・ 5月26日(日)10時すぎ、味の素スタジアムのメインゲートに入った。
・ このイベントは、味の素スタジアムと周辺施設で、様々なスポーツを体験できるスポーツのおまつり。
画像・ 調布市と(公社)調布市体育協会の主催だが、特別協賛の味の素、アフラックをはじめ、多くの協賛、協力企業があるので、無料なのに、イベントやプレゼントも多彩。幼児から大人まで誰でも楽しめるアトラクションが全部で40以上も用意されていた。
・ メインゲートではスタンプラリーカードが配布されていて、各アトラクションでスタンプを5つ貯まれば、味の素グループから豪華賞品がプレゼントされるという。
・ なお、自分は調布市民ではないので遠慮して、各イベントを見学するだけにしたが、すごく勉強になった。



(メインゲート付近)
・ メインゲート脇の一画には、アフラックスポーツガーデンが設置されていた。巨大なフットダーツや健康チェック、フォトスポットなどがあった。
画像画像


















(人工芝フィールド)
・ スタンドに入って、人工芝フィールドに降りた。
・ ここは、色々なスポーツなどの体験会場になっていた。
・ まず目に入ったのは、フォークダンスのサークルだ。遠くから見ると、同じ年齢位の女子が大半でフォークダンスの衣装を着ていたので、普段からやっている人たちのようだ。足腰を鍛え、交流には最適だろう。
・ 柔道の練習が披露されていた。柔道は中学と高校の体育でやったが、受け身の練習はランニングで転んだときのダメージ軽減に役に立つ。
画像画像















・ 巨人軍の選手たちが、野球教室をするのだろうが、この時は玉入れのサービスをしていた。さすがのファンサービスだ。
・ ネオホッケーの体験教室も人気があった。
画像画像















・ アフラックスポーツガーデン走り方教室だろうか?陸上選手によるウォームアップや走り方のコーチが行われていた。
・ サッカー体験はいつも人気だ。
画像画像
















・ このほか、スタジアムのコンコースエリアなどでも、体力測定やスタジアムツアーなど多彩な催しがあったが、時間がなくて見られなかった。
・ 家族連れでゆっくり滞在するのにとても良いイベントだ。

('19-149) 5月27日の北海道は暑くて、大変だった

2019年5月28日(火)、曇り/雨、16~27℃

・ 低気圧と前線が西日本から東日本に移動して、日本列島を覆っていた暑い空気はようやく去った。
・ 東京では曇りから小雨になって、4日連続の真夏日からようやく解放された。

◎ 北海道は暑くて、大変だった

○ 27日(月)
・ 朝、羽田空港から新千歳空港に飛んだ。
・ この日も全国的に気温は高く、30℃を超える予報だった。
画像









(札幌)
・ 15時、札幌駅に行って、16時18分発の帯広行き特急列車「スーパーとかち」に乗ろうとすると、改札口に人だかりができていた。
・ そういえば、昨日のニュースで、「北海道では35℃以上の猛暑になったため鉄道の線路が延びて運行に危険が生じたため運休になった」と報道していた。しかし、まさか今日もそんなトラブルに遭遇するとは思わなかった。
・ この後の列車の様子を見に行くと、もうグリーン車しか空いていなかったし、JRのことだからほんとに運行されるか不安だったので、高速バスで行くことにした。
・ バスの予約所に行くと、同じ境遇の人が多いようで、1時間ごとに出ているバスは満席が続いて、最終の19時発しか空いていなかった。
・ 仕方なく、4時間待つことになった。
画像画像

















・ 時間つぶしに、札幌駅近くの北海道同大学の構内を散策した。
・ 緑の木陰は最高に気分が良かった。
画像


















画像・ 19時に高速バスは出発して、22時15分、帯広駅前に着いた。
・ バスは3列シートでゆったりしていて助かった。








○ 28日(火)
画像・ 朝から曇り空で、この日の最高気温は22℃の予報だったので助かったが、雨が降らないことを願った。
・ なんとか予定をこなして、十勝帯広空港に着いて、13時50分に、14時半発羽田空港行きのADO便に乗るために手荷物検査を終えた。
・ その直後、羽田空港からこちらに向かう飛行機の到着が50分遅れるので、折返しの機材を使うADO便の出発時間は15時15分に変更するとアナウンスがあった。
・ 後で、機内でのアナウンスで、羽田空港からの出発が遅れたのは、大統領が出発するので待たされたためだった。








○ 帰宅が1時間遅れたので、ランニングは見送った。

○ アルプスの少女ハイジ
・ いろいろとトラブルはあったが、なんとかに八王子に帰ってきて、JR八王子駅のセレオ八王子前に来ると、アルプスの少女ハイジの特別セールが行われていた。
・ その一角に、巨大な「ヨーゼフ」のぬいぐるみがあった。
・ TVアニメ「アルプスの少女ハイジ」は大好きでよく見たものだ。
・ 旅の最後が「アルプスの少女ハイジ」で良かった。
画像