('19-183) 夜雨中7kmラン-夏越の祓(茅の輪くぐり)と水無月

2019年7月1日(月)、曇り/雨、21~26℃
          
・ 梅雨前線が日本列島に横たわっていて、全国的に雨やぐずついた天気になった。特に、九州から四国、西日本では強い雨が降った。
・ 東京でも5日連続の雨になった。
・ 八王子では、朝方は曇りだったが、夕方には雨がしっかり降ってきた。
  (7時)                  (12時半)
画像画像
















◎ 夜7kmランニング
・ 19時33分、雨、気温21℃、微風。
・ 雨が降っていたが、出る時は比較的弱まったので、帽子をかぶって走った。
・ 3㎞からペースアップして、4㎞から全力走したが、雨が強くなって、ウェアはびしょ濡れになった。
・ 5kmでは、息が切れてバテた。
(1km)5分36秒 (2km)10分53秒[5:17]  (3km)15分57秒[5:03]
(4km)20分50秒[4:53] (5㎞)25分12秒[4:21] (6㎞)29分34秒[4:22] (7㎞)34分25秒[4:50]

◎ 夏越の祓(なごしのはらえ)と水無月(みなづき)

○ 夏越の祓 とは、6月末に行われる神事で、半年分のケガレを落として、この後の半年の健康と厄除けを祈願する。

○ 茅の輪くぐり
(東京都府中市:大國魂神社)
画像・ 夏越の祓には、神社で、茅の輪くぐりが行われることがある。
・ 6月30日、東京都府中市にある大國魂神社に行くと、本殿への入口の前に、茅の輪が設けられていた。
・ 多くの人が茅の輪をくぐっていた。











・ 茅の輪の横に、神事の作法が掲載されていた。
画像・ さらに、丁寧な作法としては、
1. 輪をくぐる前に一礼をして、「水無月の 夏越しの祓する人は 千歳の命 のぶというなり」と唱えながら左まわりにくぐり、茅の輪の前に戻る。
2. 一礼をし、同様に唱えながら、右まわりにくぐって茅の輪の前に戻る。
3. 3回目も一礼をし、同様に唱えながら、左まわりにくぐって茅の輪の前に戻る。
最後に、あらためて一礼をして茅の輪をくぐり、神前に進んでお参りする。










(港区:愛宕神社)
画像・ 6月23日(日)、愛宕神社へ行くと、茅の輪くぐりをしようとする人達が行列になっていた。
・ このスペースでは、8の字に茅の輪をくぐることはできない。















・ 神田明神でも、茅の輪が設けられていた。
(神田明神)
画像
















○ 水無月
・ 夏越の祓には、茅の輪くぐりとともに、特に京都では「水無月(みなづき)」という和菓子を食べる風習があり、6月後半には店頭でよく見かけるようになる。
画像・ このルーツは、昔、宮中では6月1日に「氷の節句」が行われ、氷室に貯蔵された冬の氷を取り寄せ、氷を口にすることで夏を無事に乗り切ろうと祈願したが、庶民にとって氷は高嶺の花だったため、削り立ての鋭い氷に見立てたの生地に、邪気を払う小豆をのせたお菓子を作り、6月を意味する「水無月」と名付けたという。
・ 今では、全国的にも、 水無月は6月の和菓子として親しまれ、特に夏越しの祓の頃に食べると無病息災で過ごせるとされ、夏越しの祓の行事食として取り入られている。
・ 白いういろうのプリプリした食感と甘い小豆粒あんが美味しい!

('19-182) 府中-甲州街道-八王子18kmランニング

2019年6月30日(日)、雨/曇、21~25℃

・ 日本列島に停滞している梅雨前線が活発化して、九州から西日本、東日本にかけて、広く雨になった。
・ 東京でも朝から雨が降ったりやんだりで、4日連続の雨になった。
・ 午前中に、掃除や買い物をして、昼すぎのランに出た。
・ 夕方には少し晴れ間が見えて、多摩丘陵の南東の空に2本の虹が見えた。
 (7時)                (18時40分)     
画像画像




















◎ 府中-甲州街道-八王子18kmランニング

○ 北野駅へ      
・ 13時30分、24℃。南風3m/s。厚い曇がかかっていたが、雨は降っていなかった。
・ 傘は持たずに、ランスタートした。
・ 通りに、ノウゼンカズラのエンジ色の花が咲いていた。
・ 京王線北野駅から電車に乗って、府中駅へ向かった。
・ 多摩川上流もどんより曇っていた。
(1.5㎞北野駅)10分40秒 
  (北野町)                (多摩川)
画像画像

















○ 府中駅・大國魂神社~谷保天満宮
・ 14時、京王線府中駅に着いて、駅前のケヤキ並木に出た。FC東京のフラッグが並んでいる。
・ 駅南の大國魂神社の境内を歩いて、神殿に向かった。
・ 参拝した後、14時10分、神社前から、ランニングを再開した。
(1.5㎞大國魂神社前)40分  (2.5㎞分倍河原駅北)47分
 (府中駅前ケヤキ並木)        (大國魂神社)
画像画像




















・ 旧甲州街道を西へ向かった。
・ 分倍河原駅西の踏切を渡って、本宿交差点に着いた。ついに雨が降ってきたが、レインウェアはなく、傘もなかったので、濡れていくしかない。
・ ここから甲州街道を走った。この沿道にもノウゼンカズラの花が咲いている。
(2.5㎞分倍河原駅北)47分  (3.5㎞本宿交差点)55分30秒
 (旧甲州街道)                (甲州街道)
画像画像





















○ 谷保天満宮
・ 14時半すぎ、谷保天満宮に着いた。谷保天満宮は、東日本における天満宮としては最も古く、湯島天神、亀戸天神とならんで関東三天神と称され、学業の守護神として有名。
・ 神殿の方に向かうと、境内に数羽のきれいなニワトリが歩いていた。このニワトリは、チャボのようだ。放し飼いなので、キツネなどの被害に遭っているようだ。
(3.6㎞谷保天満宮)65分~73分
画像画像





















○ 谷保天満宮~八王子
・ 谷保天満宮からランニングを再開した。雨がパラついていたので、濡れたが涼しくて走りやすかった。
・ 日野橋を渡って、日野市に入った。
・ ここでも、ノウゼンカズラの花が咲いていた。
(6.5㎞矢川駅入口)79分50秒  (8.8㎞日野橋南詰)95分20秒 
画像画像




















・ 日野駅前から大坂上への上り坂をキロ6分でトコトコ走った。
・ この後は、寄り道しながら八王子駅へ向かった。
(10.7㎞日野駅前)110分 (12.7㎞日野台)121分30秒 (15.7㎞明神町)141分30秒 (18.1㎞)162分35秒
画像画像