('19-171) 夜7kmラン- 忍野八海へ行った

19年6月19日(水)、晴れ、17~28℃
           
  (18時半)          
画像・ 東京では晴れて、初夏の暑さになった。
・ 夜も気温は20℃を超えていた。








◎ 北海道へ行ってきた
(十勝・幕別町)
画像・ 昨日は、札幌から釧路へ行った。
・ 今日は、釧路から帯広に行って、帰ってきた。
・ 昨日まで北海道は荒れ気味の天気だったが、今日はさわやかに晴れて、「なつぞら」になった。














◎ 夜7kmランニング
・ 20時、気温24℃、南風3m/s。
・ 疲れてぐったりしていたが、体を慣らしておくためにゆっくり走った。
・ ダルクて、1㎞すぎで歩いた。4㎞から全力走しようとしたが、いつもの走りはできなかった。
・ 今日のスケジュールはさすがに無理があった。
(1km)5分51秒 (2km)11分11秒[5:20]  (3km)16分24秒[5:13]
(4km)21分30秒[5:06] (5㎞)26分04秒[4:34] (6㎞)30分33秒[4:29] (7㎞)35分07秒[4:34]

◎ 忍野八海へ行った

○ 忍野八海とは
・ 忍野八海は、山梨県南都留郡忍野村にある湧泉群。富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で伏流水となって、約20年の歳月をかけてろ過され、湧水となっている。
・ 忍野八海は「形状、水質、水量、保全状況、景観、仏教思想(富士信仰)など」の観点から、昭和9年(1934年)に国の天然記念物に指定され、昭和60年(1985年)に、環境庁から全国名水百選に選定され、平成6年(1993年)に、山梨県富岳百景選定地に指定された。
・ 平成25年(2013年)6月 世界文化遺産に登録された富士山の構成資産「忍野八海」となった。

○ 6月16日(日)の様子
・ 西湖ロードレースを走った後、12時すぎに忍野村の忍野八海に着いた。この訪問は2回目となる。
・ 無料で見ることができる所を巡った。

○ 2番霊場:お釜池
・ 八海の中で最も小さい池だが、深さ4mもあって水量豊富で青く透き通っている。
画像
















・ 直前に雨が降ったせいか、川の水は濁っていた。
画像



















○ 4番霊場:銚子池
・ 湧池から阿原川沿い脇の草地の中にある。
・ 池の底の砂地から砂を巻き上げ水が湧いているのがよく見えるが、水深は3mある。縁結びの池と伝えられている
画像

















○ 5番霊場:湧池
・ 忍野八海の中で一番賑やかな通りに面する池で、土産物屋が立ち並び、向かいには水車小屋がある。
・ 湧水量も豊富で、揺れ動く水面や青く透き通った水深4mの深い水底の景観が美しい。
・ 忍野八海を代表する池。
画像





















○7番霊場: 鏡池
画像・ 湧池の北側にあり、深さは0.4mで、湧水も少ない
・ この池は条件が整えば、水面にはっきりと富士山が映り込み、見事な逆さ富士を見ることができる。
 











○八番霊場: 菖蒲池
画像・ 鏡池の東側にあり、池の周りにショウブとキショウブ等の植物がみられる。隣には八海菖蒲池公園がある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック