('19-162) 八王子市高月町の水田で田植えを見た

2019年6月10日(月)、雨、15~17℃

◎ 梅雨の空
・ 太平洋岸沖の低気圧と梅雨前線に向かって、北東側から寒気が入り込んで、関東は昨日から雨が続いている。
・ 日中も風雨が強くなって、肌寒い一日になった。
・ 東京都心の最高気温は17.6℃にとどまった。
  (9時)                   (18時半)
画像画像
















◎ 雨でランニング見送った

◎ 八王子市の高月水田で田植えを見た

○ 八王子市高月町の田園
・ 多摩川と秋川が合流する地域の八王子市高月町には、都内最大級の広さの水田があり、都内有数の米どころになっている。
・ この豊かな田園地帯を支えているのは、多摩川の支流である秋川の清流と水田の下に堆積している砂や石など透水性のある地質層。

○ 6月8日の様子
・ 高月町の水田地域に行くと、田んぼには水が満面に張られていて、7割くらいの田んぼでは、田植が終わっていた。
画像


















・ 中には、田んぼの代かき(田起こしした田んぼに水を入れて、土を細かく砕き、かき混ぜて、土を平らにする作業)や田植が行われていた。
画像画像
















・ 田植えが終わった田んぼには、カモが泳いでいた。
・ カエルもゲロゲロとうるさく鳴いていた。
画像










・ 水田地帯の用水路はきれいに整備されている。
・ 高月水田はいつ訪問しても実に気持ちがいいものだ。
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック