('19-151) 夜7kmラン-第11回あきしま郷土芸能まつり へ行った

2019年5月30日(木)、晴れ、15~27℃

・ 低気圧と前線が日本列島から去って、全国的に晴れたが、気温はそれほど上がらなかった。
・ 東京でも、朝からスッキリ晴れたが、東京での最高気温は26℃位にとどまった。
・ 午後は南風が強くなって雨っぽくなった。
 (7時)                  (18時半)
画像画像
















◎ 7kmランニング 
・ 20時07分、曇り、20℃、南風5m/s。気温は良かったが、南風が強く肌寒かった。
・ レース3日前なので、いつもより速めのペースで走ったが、身体は重く、左足付け根の痛みもあって、でだし2kmはキロ5分を切れなかった。
・ その後ペースアップして、4kmからの全力走ではキロ4分10秒を切った。
・ しかし、左脚が痛くなって5㎞で失速した。
(1km)5分27秒 (2km)10分39秒[5:11]  (3km)15分32秒[4:53]
(4km)20分15秒[4:42] (5㎞)24分23秒[4:08] (6㎞)28分40秒[4:16] (7㎞)33分32秒[4:52]


◎ 第11回あきしま郷土芸能まつりへ行った

○ あきしま郷土芸能まつりとは
・ あきしま郷土芸能まつりは、昭島観光まちづくり協会が、昭島市と共催して開催するお祭りで、今年は10回目となった。
・ 地元企業の協力や多くの市民が参加して、昭島市内で継承された伝統文化を一同に集めて披露するもので、見どころ満載だ。
画像・ あきしま郷土芸能まつりの始まりは、平成20年に昭和飛行機工業株式会社が昭島市の発展や伝統芸能の継承を目的に開催した「あきしま昭和の森郷土芸能まつり」。
・この目的を受け継ぎ、平成24年の第4回目から、昭島観光まちづくり協会が主体となる「あきしま郷土芸能まつり実行委員会」が昭島市と共に開催してきている。
・ あきしま郷土芸能まつりは、昭島市内で継承された伝統文化を一同に集めて披露される郷土芸能の祭典。
・ 屋台、山車の引き回しや神輿の巡行、獅子舞に和太鼓、居囃子が会場を盛り上げる。
・ 昭島にゆかりのある地域の郷土芸能も披露される。
・ 毎年5月の土曜日に前夜祭が開催されて、昭島民謡流し流し踊りが披露される。
・ 日曜日の本祭では、6基の神輿と4台の屋台、山車が集合し、和太鼓や獅子舞、お囃子などが披露される。
・ 今年も、友好都市である岩手県岩泉町の「中野七頭舞」が披露された。

○ 26日(日)の様子
・ 5月26日(日)12時15分、JR昭島駅北口前のモリタウン北側の道路に着いた。
・ちょうど屋台と山車の巡行が行われていて、居囃子とのぶっつけが行われていた。キツネと獅子の踊り合戦は見ものだ。
画像

















・ 続いて、6基のお神輿が集まってきて威勢のいい練りが行われた。昼間なので、子供達も活躍していた。
画像



















・ 屋台と山車、御神輿は、駅北口ロータリーからモリタウン北側の市道を練り歩いた。
・ さらに、御神輿はイチョウ並木を渡御していった。
画像

















・ 主会場のイチョウ並木の両側には、行政や観光のPRブースや地元の特産品や模擬店が並んでいて、お客さん達で混雑していた。
・ 夏祭りの前に、このような本格的な祭りの雰囲気を味わうことができるのは最高だ。

('19-150) 夜7kmラン-調布市民スポーツまつり へ行った

2019年5月29日(水)、曇り、18~26℃

・ 低気圧と前線が日本列島を西から東へ通過して、雨雲が広がったため、暑さも一段落した。
・ 東京でも、朝からどんよりした雲り空で、蒸し暑くなったが、30℃には届かなかった。
 (9時)                  (18時55分)
画像画像

















◎ 7kmランニング 
・ 19時55分、曇り、22℃、微風。
・ 少し湿っぽいが、気温はちょうど良かった。中2日ラン休したので、脚の痛みは緩和したが、体は重く、ペースは上がらなかった。
・ 3kmからペースアップしようとしたが思うようには上がらなかった。
・ 3km後半でようやく体が慣れてきて、4kmからの全力走では久しぶりにキロ4分10秒を切った。
・ 5㎞からは疲れてペースダウンしたが、まあまあだった。
(1km)5分29秒 (2km)10分52秒[5:22]  (3km)15分50秒[4:57]
(4km)20分40秒[4:50] (5㎞)24分48秒[4:08] (6㎞)29分01秒[4:12] (7㎞)33分46秒[4:45]

◎ 第37回調布市民スポーツまつり へ行った

○ 調布市とは
・ 調布市は、東京都の多摩地域東部で23区で接しており、都心に近くて住環境が整った住宅地になっている。
・ 深大寺と神代植物園など落ち着いた名所と、FC東京と東京ヴェルディの本拠地「味の素スタジアム」などスポーツ施設も充実している。

○ 第37回調布市民スポーツまつり へ行った
・ 5月26日(日)10時すぎ、味の素スタジアムのメインゲートに入った。
・ このイベントは、味の素スタジアムと周辺施設で、様々なスポーツを体験できるスポーツのおまつり。
画像・ 調布市と(公社)調布市体育協会の主催だが、特別協賛の味の素、アフラックをはじめ、多くの協賛、協力企業があるので、無料なのに、イベントやプレゼントも多彩。幼児から大人まで誰でも楽しめるアトラクションが全部で40以上も用意されていた。
・ メインゲートではスタンプラリーカードが配布されていて、各アトラクションでスタンプを5つ貯まれば、味の素グループから豪華賞品がプレゼントされるという。
・ なお、自分は調布市民ではないので遠慮して、各イベントを見学するだけにしたが、すごく勉強になった。



(メインゲート付近)
・ メインゲート脇の一画には、アフラックスポーツガーデンが設置されていた。巨大なフットダーツや健康チェック、フォトスポットなどがあった。
画像画像


















(人工芝フィールド)
・ スタンドに入って、人工芝フィールドに降りた。
・ ここは、色々なスポーツなどの体験会場になっていた。
・ まず目に入ったのは、フォークダンスのサークルだ。遠くから見ると、同じ年齢位の女子が大半でフォークダンスの衣装を着ていたので、普段からやっている人たちのようだ。足腰を鍛え、交流には最適だろう。
・ 柔道の練習が披露されていた。柔道は中学と高校の体育でやったが、受け身の練習はランニングで転んだときのダメージ軽減に役に立つ。
画像画像















・ 巨人軍の選手たちが、野球教室をするのだろうが、この時は玉入れのサービスをしていた。さすがのファンサービスだ。
・ ネオホッケーの体験教室も人気があった。
画像画像















・ アフラックスポーツガーデン走り方教室だろうか?陸上選手によるウォームアップや走り方のコーチが行われていた。
・ サッカー体験はいつも人気だ。
画像画像
















・ このほか、スタジアムのコンコースエリアなどでも、体力測定やスタジアムツアーなど多彩な催しがあったが、時間がなくて見られなかった。
・ 家族連れでゆっくり滞在するのにとても良いイベントだ。

('19-149) 5月27日の北海道は暑くて、大変だった

2019年5月28日(火)、曇り/雨、16~27℃

・ 低気圧と前線が西日本から東日本に移動して、日本列島を覆っていた暑い空気はようやく去った。
・ 東京では曇りから小雨になって、4日連続の真夏日からようやく解放された。

◎ 北海道は暑くて、大変だった

○ 27日(月)
・ 朝、羽田空港から新千歳空港に飛んだ。
・ この日も全国的に気温は高く、30℃を超える予報だった。
画像









(札幌)
・ 15時、札幌駅に行って、16時18分発の帯広行き特急列車「スーパーとかち」に乗ろうとすると、改札口に人だかりができていた。
・ そういえば、昨日のニュースで、「北海道では35℃以上の猛暑になったため鉄道の線路が延びて運行に危険が生じたため運休になった」と報道していた。しかし、まさか今日もそんなトラブルに遭遇するとは思わなかった。
・ この後の列車の様子を見に行くと、もうグリーン車しか空いていなかったし、JRのことだからほんとに運行されるか不安だったので、高速バスで行くことにした。
・ バスの予約所に行くと、同じ境遇の人が多いようで、1時間ごとに出ているバスは満席が続いて、最終の19時発しか空いていなかった。
・ 仕方なく、4時間待つことになった。
画像画像

















・ 時間つぶしに、札幌駅近くの北海道同大学の構内を散策した。
・ 緑の木陰は最高に気分が良かった。
画像


















画像・ 19時に高速バスは出発して、22時15分、帯広駅前に着いた。
・ バスは3列シートでゆったりしていて助かった。








○ 28日(火)
画像・ 朝から曇り空で、この日の最高気温は22℃の予報だったので助かったが、雨が降らないことを願った。
・ なんとか予定をこなして、十勝帯広空港に着いて、13時50分に、14時半発羽田空港行きのADO便に乗るために手荷物検査を終えた。
・ その直後、羽田空港からこちらに向かう飛行機の到着が50分遅れるので、折返しの機材を使うADO便の出発時間は15時15分に変更するとアナウンスがあった。
・ 後で、機内でのアナウンスで、羽田空港からの出発が遅れたのは、大統領が出発するので待たされたためだった。








○ 帰宅が1時間遅れたので、ランニングは見送った。

○ アルプスの少女ハイジ
・ いろいろとトラブルはあったが、なんとかに八王子に帰ってきて、JR八王子駅のセレオ八王子前に来ると、アルプスの少女ハイジの特別セールが行われていた。
・ その一角に、巨大な「ヨーゼフ」のぬいぐるみがあった。
・ TVアニメ「アルプスの少女ハイジ」は大好きでよく見たものだ。
・ 旅の最後が「アルプスの少女ハイジ」で良かった。
画像

('19-148) ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ 2019 へ行った

2019年5月27日(月)、晴れ、16~33℃  

・ 東日本は引き続き高気圧に覆われて、晴れて高温が続いたが、西日本からは低気圧が進んできた。
・ 東京では今日も晴れて30℃を超えた。
・ 昨日35℃を超えた北海道では、今日も高温になって、道内の3割の地点で5月の最高気温の記録を更新した。





◎ ランニングはなし

◎ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ 2019
・ 5月25日(土)・26日(日)の2日間、、『ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ 2019』が開催された。
・ 今年は7回目の開催で、全国各地のご当地キャラクター総勢約100キャラクターが参加し、フェスティバルを盛り上げた。
・ このフェスティバルの目的は、墨田区・東京スカイツリータウン・地元商店街・墨田区観光協会が一体となって、ご当地キャラクターによるイベントを開催することで、東京スカイツリータウンから足をのばして“タワーのある街”を回遊していただくことにより、街の魅力を伝えるとともに、全国ご当地の魅力を発信する。
・ 昨年は約13万人を超える来場者があった。

< 25日の様子 >

○大横川親水公園会場
・ 12時40分、大横川親水公園の会場に着くと、たくさんのキャラクターブースが並んでいた。
・ ブースの前には色々なキャラクターがいて、記念撮影のサービスをしていた。
                        (たかたのゆめちゃん)
画像画像





















・ ステージに来ると、ノリノリの歌とダンスが披露されていた。所沢市のイメージマスコット「トコろん」と JAY'S GARDEN がテーマ曲「toko toko トコろん」を披露していた。
画像


















・ ステージの控えには、青森県つがる市の「つがーるちゃん」とピーアークの宣伝部長「ピークン」がいた。
画像













○ スカイアリーナ
・ 東京スカイツリータウンのスカイアリーナにやってきた。
画像


















・ ステージでは、ちょうど「しまねっこ」がいた。人気者なので、その終了後は、記念撮影サービスをしていた。
・ 後に登場したのは、小樽観光協会推奨の「おたる運がっぱ」。
・ 見どころ満載なので、また来年が楽しみだ。
画像画像

('19-147) 味スタ‐国分寺:昭島‐八王子17kmランニング

2019年5月26日(日)、晴れ、16~33℃  

・ 日本列島は大陸からの高気圧に広く覆われて、晴れて気温が上昇し、5月としては過去にない暑さになった。
・ 全国の気象観測地点のうち53地点で猛暑日(35℃以上)、566地点で真夏日(30℃以上)になった。
・ 特に北海道では、フェーン現象によって佐呂間町で39.5℃を記録するなど、全国の最高気温の高い地点ランキングの32位までを北海道が占めた。
・ 関東でも7地点で猛暑日になった。東京では、練馬34.7℃、青梅33.8℃、八王子33.5℃、都心32.6℃になった。
・ 夕方も気温は高く、明日も真夏日が続く予報。
 (7時半)              (18時半) 
画像画像














◎ 味スタ‐国分寺:昭島‐八王子17kmランニング

○ 北野駅~味の素スタジアム
  (八王子市:湯殿川)         
・ 9時20分、晴れ、30℃、南3m/s。晴れて気温はすでに25℃を超えていた。
・ 体はだるく、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅から京王線に乗って、10時に飛田給駅に着いた。
(1.5km北野駅)9分58秒  (飛田給駅)40分
 (八王子市:湯殿川)        (飛田給駅)
画像画像















○ 味の素スタジアム
画像・ 10時05分、調布市にある味の素スタジアムに着いた。
・ 第37回調布市民スポーツまつり を訪れた。【後ほどレポート】








○ 味の素スタジアム~国分寺駅
・ 10時40分、味の素スタジアムからランニングをスタートし、甲州街道を西へ向かった。
・ もう30℃近くになっている感じだが、甲州街道の歩道沿いの並木はあまり日陰の効果はない。
・ タチアオイの花が満開になっている。
・ 若松町交差点から新小金井街道に沿って、北へ向かった。
 (1.5㎞味の素スタジアム)80分 (4㎞若松町)97分30秒
 (甲州街道:調布市)          (若松町)
画像画像

















(浅間山)
・ 暑い日差しの下で走っていると、樹木に覆われた小高い丘が見えたので、立ち寄ってみた。
・ 入口の案内板を見ると、浅間山公園だった。気持ちのいい木陰の小道を歩いていった。
・ 浅間山は、多摩の台地が河川に削られ小高い丘として残ったもので、標高80mで3つのピークがあるというが、時間がなかったので頂上には行かずに、東屋の所で下山した。
・ 次は、ちゃんと山頂に行こう。
(5㎞浅間山公園)104分30秒~112分
画像画像
































(野川)
・ 浅間山公園から再び新小金井街道に戻って北上して、東八道路を横切って、さらに進むと、野川に着いた。
・ 川の水はほとんどないが、両岸に遊歩道が整備されているので、木陰の下を進んだ。
・ 1.8kmで国分寺駅前に着いた。国分寺駅からJR中央線-青梅線に乗って、昭島駅に向かった。
(7.3㎞野川貫井橋)124分  (9.1㎞国分寺駅前)140分50秒
 (野川)               (国分寺駅)
画像画像

















○ 昭島駅北口
・ 12時10分、昭島駅北口のモリタウン前道路で、第11回あきしま郷土芸能まつり を見た。【後ほどレポート】
(昭島駅北口)170分~200分 
画像











○ 昭島駅前~八王子駅前
・ 昭島駅南口からランを始めて、八王子駅へ向かった。
・ 13時頃で、気温はピークになっていた。暑さと疲れでスローペース、歩きも交えてゆっくり進んだ。
・ 道の駅八王子滝山でトイレに寄った。ここで休憩時間が長くなった。
・ ひよどり山トンネルの中が涼しくて気持ちよかった。
・ 真夏のランはもっと過酷だろう。
(11.9㎞拝島橋南)218分 (13.6㎞道の駅八王子滝山)231分~245分
(17.4㎞八王子駅)272分

('19-146) 銀座-木場公園-墨田15kmランニング

2019年5月25日(土)、晴れ、15~32℃  
  (16時) 
・ 日本列島は高気圧に覆われて、広い範囲で季節外れの暑さになった。
・ 大分県竹田市で35℃の猛暑日となり、425の観測地点で30℃以上の真夏日になった。全国の140地点で5月の最高気温を更新した。
・ 明日はさらに気温は高くなるようだ。
・ 八王子でも朝から雲一つなく晴れて、最高気温は32.3℃になったが、全国135位だった。
・ 今日は天気が安定していたので、洗濯物や布団を干して、ランニングに出た。
画像











◎ 晴海-隅田川-浅草16kmランニング

・ 銀座から木場公園、猿江恩賜公園、錦糸公園を経て、大横川親水公園と東京スカイツリーを巡って、浅草駅までの15kmを走った。

○ 北野駅~銀座駅
 (八王子市:湯殿川)         
画像・ 朝9時15分、晴れ、25℃、南3m/s。快晴だが、まだ気温は30℃にはなっていない。
・ 体力温存のため、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅から新宿駅まで行って、地下鉄で銀座駅に向かった。
(1.5km北野駅)9分40秒 







○ 銀座駅前~都立木場公園
・ 銀座3丁目の松屋前からランをスタートした。日差しが強いので、ビルの日影ができている銀座通りを東へ日本橋に向かった。
・暑さのせいか、土曜朝のせいか、人通りは少なかった。
・ ウォーキングをしているグループたちとすれ違った。
(1.5km銀座3丁目)80分     
(銀座通り)                (京橋)
画像画像














・ 日本橋では、ちょうどクルーズ船が接岸したところだった。きょうの水上観光は暑くなりそうだ。
・ 永代通りに戻って、東へ向かって、永代橋を渡った。隅田川沿いにランニングしている人がいた。
 (4.5㎞茅場町)107分55秒 (6.2㎞門前仲町)120分50秒
 (日本橋桟橋)             (隅田川と永代橋)      
画像画像














○ 都立木場公園
・ 門前仲町からさらに東へ進むと、木場5丁目に着いた。ここから北へ少し行くと、都立木場公園に着いた。
・ 木場公園は、東京都江東区にある都立公園で、総面積は24.2haもある。
・ 元は材木業関連の倉庫や貯木場などが多かったが、貯木場としての機能が新木場へ移転した後は、江東区の防災都市計画の一環として、公園が整備された。
・ 今は、都心東部地域の貴重な緑豊かな空間となっている。
・ この日も、広大な広場の木陰で休憩したり、バーベキューをして賑わっていた。
・ 木場大橋を渡って、北東へ進んだ。
(7.6㎞木場公園南口)132分
画像画像

















○ 都立猿江恩賜公園
・ 小名木川橋を北へ渡って、江東区住吉と毛利にある都立猿江恩賜公園に着いた。
・ ここも元は、徳川幕府から明治政府の貯木場になり、その後1932年に公園になった。
・ 公園の南側は野球場、庭園、北側の地区は緑地広場や遊具がある。
・ 公園の西側にある毛利小学校で運動会が行われていた。この日は、他の小学校や幼稚園の校庭や公園でも運動会が行われていたが、暑さ対策で大変だったようだ。
(10.9㎞)171分  
 (猿江恩賜公園)             (毛利小)
画像画像


















○ 錦糸公園
・ 錦糸駅のガードを通過して、駅北東側に出ると、錦糸公園がある。
・ 公園には体育館や噴水なども整備され、再開発によって隣接して大きな商業施設が整備されて、いつも賑わっている。
・ この日は、公園内で肉料理と音楽ステージなどが行われていた。炎天下の下、肉を焼くのは大変そうだが、夏バテ防止には肉食が良いだろう。
(12.3㎞錦糸公園)182分 
画像画像



















○ 大横川親水公園~浅草
・ 錦糸公園北西の墨田区に入って、大横川親水公園に着いた。
・ 暑い日には水辺の木陰の遊歩道がうれしい。
・ 600mほど進むと、「ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ2019」が開催されていた。【後ほどレポート】
・ 業平橋から西へ、隅田川を吾妻橋で渡って、浅草駅前に着いた。
(14.2㎞ご当地キャラフェス会場)195分 (業平橋)240分 (15.2㎞浅草駅前)251分
 (大横川親水公園)           (隅田川吾妻橋)
画像画像

('19-145) 夜7kmラン-第22回渋谷・鹿児島おはら祭 へ行った

2019年5月24日(金)、晴れ、14~30℃

・ 日本列島は南方からの暖かい高気圧に覆われて、晴れて全国的に気温が上昇した。
・ 全国の174地点で30℃以上の真夏日を記録した。
・ 東京でも、朝から雲一つなくスッキリ晴れて、東京都心で31℃になり、初夏のような暑さになった。
・ 夕方もスッキリ晴れていた。
 (7時)                  (18時半)
画像画像











◎ 7kmランニング 
・ 20時12分、晴れ、22℃、微風。
・ 気温はちょうど良かったが、体は重く、ペースは上がらなかった。左足付け根の痛みも続く。
・ 前半3kmはキロ5分を切れなかったが、3㎞からペースアップして、4kmからの全力走ではなんとかキロ4分20秒を切った。
・ しかし、やはり5㎞で失速した。
(1km)5分39秒 (2km)10分53秒[5:14]  (3km)15分59秒[5:06]
(4km)20分57秒[4:58] (5㎞)25分09秒[4:12] (6㎞)29分33秒[4:23] (7㎞)34分37秒[5:03]

◎ 第22回渋谷・鹿児島おはら祭 へ行った

○ 渋谷・鹿児島おはら祭とは
-毎年5月中旬の土・日に、渋谷109前を交通止めにして、道玄坂・文化村通りをメイン会場に開催される。まさに、南九州最大の「おはら祭」を東京・渋谷での再現。
-「渋谷」と「鹿児島」の縁(えにし)は古く、渋谷一帯を所領する相模国の豪族渋谷氏は、源頼朝が鎌倉幕府を開いた後、源平合戦の功により、はるか薩摩の地、今の薩摩川内市あたりに所領を得て一族をあげて移住した。
-薩摩での渋谷家は五家に分かれ、土地の名を取り入来院氏、祁答院氏、東郷氏、高城氏、鶴田氏を名乗った。
-渋谷区広尾(現・國學院大学キャンパス)に薩摩藩渋谷藩邸があり、三田・高輪にあった江戸の薩摩藩邸は海の近くで、黒船の来航による砲撃の危険から、島津斉彬は内陸部に新しく屋敷を求めた。
-「渋谷・鹿児島おはら祭」も、その流れをくむ「ふるさとへの思い」を強くするお祭りで、当時の渋谷区長と鹿児島出身の経済人のご尽力で平成10年4月に始まった踊りパレード。

○ 5月19日の様子
・ 13時半、渋谷駅前スクランブル交差点から渋谷109へ向かった。
・ おはら祭のパレードは、12時50分から始まっていたので、もう40分位経過していた。
・ 晴れて日差しが強くなっていたので、さすがに踊り手の方々は疲れるだろう。
・ パレードは、2曲踊ってから5分の休憩を入れるようにして進んだ。
 (スクランブル交差点から109方面)
画像















(109からスクランブル交差点方面)
画像















・ 鹿児島県からの参加者や首都圏在住の鹿児島県出身者などで構成される66連の約2600名が鮮やかな法被や衣装を着て楽しく踊っていた。
  (東京世田谷鹿児島県人会)        (東京喜界会)           
画像画像





















・ ANAや鹿児島市消防団など職場の人達の連もある。
画像















・ 鹿児島市日置地区連は、鎧武者で登場した。マスコットキャラクターは何だろうか?
画像














・ 鹿児島県立武岡台高校同窓会『関東三紅会』や鹿児島商業などの卒業生で首都圏在住の方々の連も楽しく踊っていた。
・ ふるさとの人達が集まって都心をパレードすることは他県ではほとんどないと思うので、鹿児島県人がうらやましく思った。
画像

('19-144) 夜7kmラン-八王子健康フェスタ・食育フェスタへ行った

2019年5月17日(金)、晴れ、11℃~25℃
              
・ 日本列島は高気圧に覆われて、全国的に気温が上昇して、全国24地点で30℃以上の真夏日となるなど、7月並みの気温になった。
・ 東京でも朝から雲一つない青空が広がった。今日の最高気温は27℃だったが、明日から30℃を超える気温になるようだ。
・ 夕方、京王線で人身事故が発生して遅延したので、JR中央本線に乗って八王子へ帰った。
  (7時)               (18時:国分寺駅東)
画像画像















◎ 7kmランニング 
・ 20時02分、晴れ、22℃、微風。
・ 気温はちょうど良かったが、体は重く、思うようにペースは上がらない。
・ 前半3kmはキロ5分を切れなかったが、3㎞からペースアップして、4kmからの全力走ではなんとかキロ4分20秒を切った。
・ しかし、やはり5㎞で失速した。
(1km)5分34秒 (2km)10分50秒[5:16]  (3km)15分58秒[5:07]
(4km)20分52秒[4:54] (5㎞)25分07秒[4:14] (6㎞)29分33秒[4:25] (7㎞)34分24秒[4:51]


◎ 八王子健康フェスタ・食育フェスタへ行った

・ 5月19日(日)、12時前、京王高尾線狭間駅前にある市立体育館「エスフォルタアリーナ八王子」に着いた。
・ 広い体育館内で、八王子健康フェスタ・食育フェスタが開催されていた。
・ 会場内には、健康つくりと食育活動のブースがたくさん設置されていた。スタンプラリーも行われていた。
・ バランスのいい食事と毎日の運動を続けて、健康を維持していこう。
・ 定期的な健康チェックが重要だ。
画像















(健康つくり)
・ ステージでは、テニスボールを使った肩こり体操が行われていた。
・ いやしのマッサージも行われていた。
画像画像

























・ TANITAの体組成計に乗った。毎日、自宅で計測しているが、機器が異なると測定値も異なる。この値はできすぎだ。
・ 歯科医師会の方に歯科チェックをしてもらった。虫歯はなかったが、やはり歯垢があった。
画像画像



















・ 肺機能検査をした。ここは人気があって、受験直後に用意していた検査キットは終了した。検査の結果、肺年齢は53歳だったが、毎日ランニングしていることを考えると、イマイチ。
・ 大腸内視鏡検査は、1年半前にやったが、やはり毎年した方がいいのか?
画像画像
























(食育)
・ ロコモチェックのコーナーは、もっとも混雑していた。もっとも、シートに記載すると、何かもらえるのが目当だが。
・ 各食品群からバランスよく食材を選んで食べることが大切。わかっているのだが、毎日の料理はワンパターンになってしまう。
画像画像

('19-143) 夜7kmラン-第32回八王子ヘルシーウォーキング

2019年5月22日(水)、晴れ、14~25℃

・ 低気圧と前線が太平洋沖に通過して、日本列島は晴れになった。
・ 東京でも朝方には雲が残っていたが、しだいに晴れて、さわやかな天気になった。
  (7時)             (9時)
画像画像


















◎ 夜7kmランニング 
・ 20時10分、晴れ、20℃、微風。ランには好条件になった。
・ 前半3kmはいつも以上に体が重かったが、3㎞から徐々にペースアップした。
・ 4kmからの全力走は4-5kmはよかったが、5kmからはバテて失速した。
(1km)5分37秒 (2km)11分19秒[5:42]  (3km)16分23秒[5:04]
(4km)21分15秒[4:51] (5㎞)25分32秒[4:18] (6㎞)29分55秒[4:23] (7㎞)34分46秒[4:50]

◎ 第32回八王子ヘルシーウォーキング

・ 5月19日(日)は、八王子市の「市民健康の日」で、第32回ヘルシーウォーキングが開催された。
画像・ このイベントは、参加費無料・事前申込不要で、当日9時~9時50分、受付をすれば、参加できる。
・ 受付で名前を書いて、参加品として、緑のタオルとアクエリアスをもらった。
・ 開会式の後、9時50分から順次スタートしていった。






○ コース図
・ 毎回、八王子市内を10㎞程度歩くコースが設定されるが、今年は高尾地区を歩くコースになった。
画像



















○ スタート~高尾駅南口
・ 天気はスタートした頃には曇っていたが、しだいに晴れてきた。風も少しあって、ウォーキングには好条件だった。
・ 狭間駅前のエスフォルタアリーナ八王子前から出発して、西へ向かっていくと、「みころも霊堂」とみころも公園がある。
・ みころも霊堂は、京王線高尾駅のホームから南側に見える黄金色の塔で、後で調べると、昭和47年6月に、労働災害補償保険法施行20周年を記念して、労働者健康福祉機構によって建立された、産業殉職者の方々の慰霊塔。
・ この手前の駐車場から、キャラクターが出てきた。
・ 浅川中学前で東へ方向を転換して、浅川小学校前、高尾駅南口までやってきた。
   (みころも霊堂)
画像画像




















○ 高尾駅南口~陵南公園
・ 京王高尾線を北側にくぐって、JR中央線沿いに東へ向かって、東浅川保健センター、陵南中前の立体歩道橋を歩いて、JR中央本線を渡った。
・ 甲州街道の多摩御陵入口交差点を北へ渡って、南浅川橋を渡った。
・ 南浅川は水がなくて干上がっていたが、昨日(5/21)の大雨で水量が回復しただろうか?
画像画像

















・ 陵南公園内のチェックポイントに着いた。これまでは、チェックポイントは3ヶ所位あったと思うが、今回はここ1ヶ所。
・ 公園にはトイレがあって、休憩にはとても良い場所だ。
画像













○ 陵南公園~小仏関跡
・ 陵南公園の北側に位置する多摩御陵に向かって行って、御陵の入口手前を左折して、町内道路を進んだ。
・ 5km位からは南浅川沿いに小道を進んだ。5.7kmくらいで浅川事務所の北側を通過した。川沿いの気持ちいい遊歩道だ。
・ 6kmすぎの観音堂前で、南浅川と分かれて山側に入って、中央線の小さい踏切を渡った。
画像画像

















・ 高尾駒木野庭園前を通過して、小仏関跡で7kmになった。
 (小仏関跡)
画像










○ 小仏関跡~TAKAO599ミュージアム
・ 小仏川沿いの高尾梅郷遊歩道を歩いて、甲州街道に出た。樹木が生い茂って、日差しが遮られていて散歩に気持ちいい。
・ 高尾山口駅前で、黒豆饅頭を買って、ケーブルカーの清滝駅前に立ち寄って腹ごしらえした。
画像
画像



















・ 最後は、清滝駅前から500mほど歩いて、ウォーキングのゴール地点のTAKAO599ミュージアムに着いた。
・ 今回のコースは、全長9㎞ほどでそれほど長い距離ではなく、しかも、スタートとゴールが鉄道駅の近くで、途中で高尾駅の近くを2回通るので、タイヤしやすいのもいい。
・ 川沿いや山沿いのコースが多くて、景色の変化を楽しめる。
・ 天気に恵まれてとても良かったと思う。
画像

('19-142) 浅草神社・三社祭 へ行った

2019年5月21日(火)、雨/曇り、18℃~22℃
              
・ 低気圧と前線が西日本から東日本に通過して、各地で大雨と強風が吹いた。
・ 東京では昨夜から雨になって、今朝から昼すぎまで10~12m/s位の強風が吹いた。この強風で、羽田空港への着陸が一時できなくなった。
  (7時)               (7時半)
画像画像


















◎ 夜懇親会でランニングなし
 
◎ 浅草三社祭へ行った

○ 三社祭(さんじゃまつり)とは
・ 東京都台東区の浅草寺の隣にある浅草神社の例大祭で、毎年5月の第3金・土・日に開催され、3日間で200万人近い人出がある日本を代表する祭礼
・ 浅草神社の氏子四十四ヶ町を中心に、初日は、お囃子屋台、鳶頭木遣り、浅草の各舞、芸妓連の手古舞や組踊り等で編成される名物「大行列」が行われる。
・ 2日目は、「例大祭式典」が斎行され、その後、「町内神輿連合渡御」が行われる。
・ 最終日は、早朝に、宮神輿三基「一之宮」「二之宮」「三之宮」が神社境内から担ぎ出される「宮出し」が行われ、日中は氏子各町を三方面に分かれて渡御し、日没後に神社境内へ戻る「宮入り」を迎えて祭礼行事が終わる。

○ 5月19日(土)の様子
・ 12時から、浅草氏子四十四ヶ町の町内神輿約百基が神社境内に参集し、一基ずつお祓いを受けて各町会を渡御する。
・ 13時すぎ、浅草神社の大鳥居前に来ると、各町内の神輿が次々と出立してきた。
・ 男衆が勇壮に担ぐ神輿や女性だけが担ぐ神輿、小学生が担ぐ神輿など、いろいろな御神輿がやってきた。
画像





















・ 御神輿は、神社を出ると、浅草寺の正面にやってきて、参道を通って、雷門の方に向かって行った。
画像


















・ 御神輿を担ぐ人たちの熱気と威勢、それを見て沸き立つ観衆が一体となって、浅草界隈は最高の賑わいとなった。
画像










画像





('19-141) 夜7kmラン-第71回東京みなと祭り へ行った

2019年5月20日(月)、曇り、14℃~21℃
              
・ 南九州から西日本に強い雨雲が広がってきた。
・ 東京でも朝から雲が広がっていた。路面を見ると、濡れていたので、夜中に雨が降ったようだ。
・ 日中は少し晴れ間も出たが、午後は雲が厚くなった。
  (7時20分)             (12時半)
画像画像


















◎ 夜7kmランニング 
・ 19時10分、曇り、18℃、南5m/s。
・ 天気予報では雨になるということだったので、早めにランに出た。
・ 南風が強かったが、気温はちょうど良かった。左脚付け根の痛みが続いている。
・ 前半3kmはいつも以上に体が重かったが、3㎞から徐々にペースアップした。
・ 4kmから全力走したが、キロ4分20秒を切れなかった。
(1km)5分46秒 (2km)11分13秒[5:26]  (3km)16分44秒[5:31]
(4km)21分39秒[4:55] (5㎞)26分03秒[4:23] (6㎞)30分26秒[4:23] (7㎞)35分34秒[5:07]

◎ 第71回東京みなと祭 へ行った

・ 「東京みなと祭」は、1941年5月20日に国際貿易港として開港した東京港の「開港記念日」を祝して行われるイベント。
・ 今年は、5月18日(土)と19日(日)の2日間、東京都中央区の晴海客船ターミナルとその周辺で「第71回 東京みなと祭」が開催された。
○ 晴海桟橋
・ 18日11時すぎ、桟橋に着いた。
画像










・ 桟橋には、普段見ることができない「珍しい船の一般公開」として、東京都しゅんせつ船「海竜」、東京海洋大学練習船「海鷹丸」、海上保安庁測量船「明洋」、護衛艦「てるづき」が接岸していた。
・ それぞれの船への乗船は順番待ちになっていたが、時間がなかったので、岸壁からの見学にした。
(しゅんせつ船:海竜)
画像


















・ 護衛艦てるづきでは、ちょうど機関砲のデモンストレーションが行われていた。
・ てるづきは、近接僚艦防空(LAD=Local Area Defense)を補う目的で建造され2013年に就役し、横須賀港に配備されている。排水量5,100トン、全長150.5m、定員約200名。
・ 250kmの範囲を探知・追尾するレーダーと射程50kmのシースパローミサイルで、自艦や僚艦へと向かう敵ミサイルを迎撃する。
画像















○ 晴海客船ターミナル
・ ターミナルビル内では、東京港に関連する団体のPRコーナーが設置されていた。なかなか興味深いブースだ。
画像画像




















・ 会場の一画に、同好会の方々が製作した艦船模型が展示されていた。小学生の頃には戦艦のプラモデルに熱中していたのを思い出した。
画像

('19-140) 八王子高尾10kmラン&ヘルシーウォーキング9km

2019年5月21日(日)、晴れ、16~26℃ 
 (8時半) 
画像・ 朝から晴れていたが、南方には雲が広がっていて、南風も吹いていた。
・ 日中は晴れて25℃を超えたが、風が吹いてさわやかな感じだった。
・ 夕方近くには雲が広がって、肌寒くなった。







◎ 八王子高尾10kmラン&ヘルシーウォーキング9km

○ 狭間駅前のエスフォルタアリーナ八王子へ
・ 8時40分、晴れ、15℃、南東5m/s。タイツと長袖Tシャツを着て、ランに出発した。
・ 京王高尾線に沿って、高尾駅の東にある一つ狭間駅をめざした。
・ 片倉駅前から尾根沿い西へ向かった。
・ 畑ではジャガイモの花が咲きだした。畑のカブが直売所で売られていた。
(1.6km片倉駅前)11分40秒 (3㎞山田駅東)22分10秒 
 (小比企町)         
画像画像

















・ 走り出すと、体調が崩れてきた。ペースを落として西へ向かった。
・ イトーヨーカドー狭間店に立ち寄った。
・ 狭間駅前にあるエスフォルタアリーナ八王子に着いた。
(3.5㎞八王子市斎場東)27分 (6.2㎞エスフォルタアリーナ八王子前)50分
 (椚田通り)          (イトーヨーカドー狭間店)
画像画像














○ 八王子ヘルシーウォーキング
・ 9時半、狭間駅南口にあるエスフォルタアリーナ八王子前で、ヘルシーウォーキングの受付を済ませた。
・ 正式のスタートは9時50分だが、この後の予定があったので、一足早く出発して、先を急いだ。【後ほどレポート】
(6.2kmエスフォルタアリーナ八王子前)60分 (15.7㎞TAKAO599)149分18秒
画像画像



















○ TAKAO599~狭間駅前
・ TAKAO599で一服してから、再び、朝出発したエスフォルタアリーナ八王子へ向かって走った。
・ 気温は25℃で日差しが出て暑くなった。疲れて、ゆっくり走と歩きを交えて、キロ8分ペースで進んだ。
・ 途中、ヘルシーウォーキングに参加している人達とすれ違った。
・ 11時50分、エスフォルタアリーナ八王子に着いた。
・ 八王子健康フェスタ・食育フェスタへ行った【後ほどレポート】
(15.7kmTAKAO599)165分 (19.2㎞エスフォルタアリーナ八王子)190分
画像画像

('19-139) 晴海-隅田川-浅草16kmランニング

2019年5月18日(土)、晴れ、13~24℃  
  (7時半) 
・ 東京では、朝方は雲が広がっていたが、昼には晴れてきた。
・ 夕方にはまた雲が広がって、南風が強くなった。
画像










◎ 晴海-隅田川-浅草16kmランニング

○ 北野駅~新橋駅
  (八王子市:湯殿川)         
・ 朝9時、晴れ、18℃、南3m/s。薄曇りで少し風があって好条件。
・ 体はだるく、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅から新宿駅まで行って、地下鉄で新橋駅に向かった。
(1.5km北野駅)10分40秒 
画像画像















○ 新橋駅前~晴海桟橋
・ 新橋駅南口から築地中央卸売市場に向かって、ランニングを始めた。
(1.5km新橋駅前)90分   
(新橋駅南)           
画像













・ 築地市場は、現在、解体作業中だが、場外市場は相変わらずたくさんの来客で賑わっている。
(2.7㎞中央市場前)98分   (3.9㎞勝鬨橋南)109分 
  (中央市場前)            (場外市場)
画像画像



















・ 勝鬨橋を渡ってまっすぐ南へ向かって、晴海大橋に着いた。
・ 少し橋を渡り始めたが、晴海桟橋とは違うことに気づき、少し戻って、改めて晴海桟橋へ向かった。
・ 晴海地区一帯では、東京オリンピック・パラリンピックの選手村の建設が進んでいる。
・ 建設現場を通って、晴海桟橋に着いた。
・ 新橋駅から2.5kmで着くはずだったが、倍の5.5kmもかかってしまった。
・ 晴海旅客船ターミナルと桟橋で開催されている 第71回東京みなと祭 を見た。
 (5.1㎞晴海橋北詰)119分  (7㎞晴海桟橋)132分~170分
 (オリンピック・パラリンピック選手村建設地)
画像画像






















○ 晴海~隅田川~浅草
・ 晴海桟橋から豊洲へ渡って、豊洲市場で開催されている「とうきょうフェスタ in 豊洲」を見る予定だったが、道に迷ったりして時間を食ってしまったので、豊洲はパスして、隅田川沿いに浅草に向かうことにした。
・ 晴海会場で、東京都港湾局作成の「東雲水門」のカードをもらったので、これを見つけようとしたが、わからなかった。
(9.1㎞晴海橋西)188分    
 (水門カード)                (佃水門)
画像画像



















・ 相生橋を渡って、江東区に入って、隅田川の東岸を北上した。
・ 隅田川に架かっている橋は、相生橋から浅草の吾妻橋まですべて改修工事が行われている。
・ しっかりとした補修工事を完了していただきたい。
・ 晴れて日差しが強くなって、暑くなって疲れた。下半身が痛くて、ペースは上げられず、トコトコと走った。
(11.5㎞永代橋)208分 (14㎞両国橋)228分 
 (永代橋)                (両国橋)
画像画像




















・ 吾妻橋を渡って、浅草駅間に着くと、浅草神社三社祭の町内神輿連合渡御が行われていて、熱気にあふれていた。
【後ほどレポート】
(16.1㎞吾妻橋東詰)242分  (16.3km浅草駅前)246分
 (浅草交差点から吾妻橋)
画像

('19-138) 夜7kmラン-第22回ひの新撰組まつり へ行った

2019年5月17日(金)、晴れ、11℃~25℃
              
・ 日本列島は引き続き高気圧に覆われて、各地で好天になった。
・ 東京でも朝方は大きな雲が浮かんでいたが、しだいに晴れて日差しが強くなって、蒸し暑くなった。
  (9時)               (12時半)
画像画像
















○ 『Gong cha貢茶(ゴンチャ)』セレオ八王子店のオープン
・ 夕方、JR八王子駅前へ行くと、駅ビルのセレオ八王子1階に長い行列ができていた。八王子では珍しい待ち時間2時間の立札があった。
画像・ 今日は、タピオカドリンクで有名な台湾ティー専門店『Gong cha貢茶(ゴンチャ)』のオープン日だった。
・ 若者中心にスマホで情報を得てやって来ているようだ。すごいね。









◎ 7kmランニング 
・ 19時50分、晴れ、18℃、微風。
・ 昨夜は懇親会でラン休して、今夜は少し体力が回復した。
・ 気温はちょうど良くて、短パンTシャツでさわやかだった。
・ 前半3kmはキロ5分を切れなかったが、3㎞からペースアップして、4kmからの全力走ではなんとかキロ4分20秒を切った。
・ やはり左脚付け根の痛みが続いている。
(1km)5分31秒 (2km)10分50秒[5:18]  (3km)15分59秒[5:08]
(4km)20分51秒[4:52] (5㎞)25分11秒[4:19] (6㎞)29分21秒[4:10] (7㎞)34分06秒[4:47]

◎ 第22回ひの新撰組まつり へ行った

○ 「ひの新撰組まつり」とは
画像・ 東京都日野市は、新撰組副長の土方歳三、六番隊長の井上源三郎らの出身地であるため、日野は「新撰組のふるさと」として、この歴史・文化を郷土の誇りとして意識おこし・まちおこしにつなげ、市全体の活性化を目指している。
・ 日野市内には、新撰組ゆかりの地として、市立「新撰組のふるさと歴史館」、日野宿本陣、土方歳三資料館などの施設がある。
・ 今年は、土方歳三が函館の戦いで亡くなってから150年の節目の年であるため、今年のひの新選組まつりでは、さまざまな新イベントが企画された。

○ 会津藩関係のパレード参加
・ 新選組は、幕末の京都で京都守護職を務めた会津藩主松平容保公の下で京都の警備にあたったことから、会津松平家第十四代当主松平保久氏が、松平容保公役で新選組パレードに参加した。
・ 土方歳三の小姓 市村鉄之助役を、市内中学生が担当した。
・ 会津藩で同時代に活躍した少年部隊 白虎隊を日野市内中学生で編成し、会津藩主 松平容保公と一緒にパレードに登場した。
画像
















・ 新撰組隊のパレードが続いてきた。
・ 新撰組の一番隊から十番隊までが進んできたが、大半は一般参加の人達だ。
画像
















・ 新撰組隊の後から、台湾新撰組(訪日台湾人旅行者)など特徴あるグループがパレードしてきた。
・ 最後尾の一つ前は、JA東京みなみ日野しんせん野菜隊で、トマトなどを配っていた。
画像


















・ 最後尾は、仲町自治会でリラックスして楽しそうだった。
画像















・ ひの新撰組まつりは、高幡不動尊境内で出陣式 、参道で新撰組パフォーマンス、日野宿会場など多彩なイベントが盛りだくさんなので、もっとじっくり見てまわることにしよう。

('19-137) 第64回赤羽馬鹿祭り へ行った

2019年5月16日(木)、晴れ、13℃~25℃
              
・ 日本列島は高気圧に覆われて、低気圧と前線は日本列島の南岸から遠ざかって、晴れが広がった。西日本を中心に気温が上昇して夏日(最高気温25℃以上)になった。
・ 東京都心でも日中は日差しが強く、蒸し暑くなった。
  (7時)               (12時半)
画像画像



















◎ 上野公園不忍池へ行った
・ 午後、上野公園を訪問した。
・ 不忍池では、ハスの茎はまだかれていたが、来月には新しい緑の茎が出てくるだろう。
・ ボート池では、空のボートの上に、シロサギ(?)が留まっていた。
画像画像













◎ 懇親会でランニングなし


◎ 赤羽馬鹿祭り へ行った

○ 赤羽馬鹿祭りとは
・赤羽馬鹿祭り実行委員会HPによると、
 -赤羽馬鹿祭り(あかばねばかまつり)は、東京都北区赤羽で毎年4月に行われるお祭り
 -1956年に地元の商店主達が4月のエイプリルフールにちなんで開催したのが始まりで、その名も「バカまつり」となった。
初期は参加商店主が何かに扮装していた。
 -お祭りの名称が一度「大赤羽祭」となったたが、平成24年より初回開催時と同様の「赤羽馬鹿祭り」に変更し、原点回帰を図った。
 -JR赤羽駅周辺の数会場で行われ、音楽ライブやダンスなどのステージ、戦隊ヒーローショー、フリーマーケットなどが催される。
 -本祭の最後を締めくくる大規模なパレードは圧巻で赤羽春の風物詩で、学生や社会人の音楽隊を先頭に、バカロック踊りと仮装隊、江戸神輿が赤羽駅東口前通りを練り歩く壮大な催し。
 -音楽パレードには特別ゲストとしてスポーツ界、芸能界からの著名人が登場しお祭りを毎年盛り上げる。
・ 今年は、5月11日(土)と12日(日)に開催された。

○ 5月12日(日)の様子
・ 12時20分、JR赤羽駅東口に着いた。
・ 駅前広場には、福島県鮫川村、青森県東通村、北海道北斗市などの模擬店が出店していた。
画像画像















○ 北斗市のゆるキャラ「ずーしーほっきー」
画像・ 北海道北斗市のブースの前に、不気味なキャラクターがいた。
・ 後で調べると、北斗市は函館市の隣にある人口4万8千人の街で、このゆるキャラは、北海道新幹線の停車駅開設に際して、北斗市が市のPR用に誕生させたキャラクター「ずーしーほっきー」だ。
・ 北斗市の特産品ホッキ貝とふっくりんこをモチーフとした「ホッキずし」のキャラクターで、可愛さよりキモさが売りだという。
・ 最初は、北海道で真っ白だから流氷のイメージか思ったが、北斗市には流氷は関係ない。
・ ナメクジのようで、やっぱり不気味だが、記憶に残るという観点からはインパクトは強い。
・ ゆるキャラグランプリにも登録しているようだが、全国的な人気はどうなっているのかな?

○ 赤羽馬鹿祭り大パレード
・ 12時35分、赤羽駅東口から商店街アーケードに向かって、パレードがやってきた。
・ 赤羽交通安全少年団が横断幕を持って、先導してきた。
画像














・ 音楽パレードは、オープンカーに続いて、創価大学プライドオブソウカや淑徳中学高等学校などがカッコよく行進してきた。
・ この後、13時から、馬鹿踊りパレードが行われるので見たかったが、時間がなくて出発した。次は、しっかりと見よう。
画像画像













画像

('19-136) 夜7kmラン- 旧古河庭園「春のバラフェスティバル」へ行った

2019年5月15日(水)、晴れ、17℃~22℃
              
・ 日本列島全体が高気圧に覆われて、晴れになった。西日本では気温が25℃以上になったが、東日本では25℃以下で過ごしやすい天気になった。
・ 朝、八王子からも富士山が見えた。
・ 東京都心でも日中は22℃くらいだったが、湿度は高くて梅雨のような蒸し暑さを感じた。
  (7時)               (12時半)
画像画像















◎ 7kmランニング 
・ 20時10分、晴れ、17℃、微風。穏やかな天気なので、短パンTシャツで良かった。
・ 昨夜はラン休したので少し体調は良くなったが、下半身のだるさは続いている。
・ 前半は苦しかったが、3㎞から体がほぐれてきてキロ5分を切って、4kmからの全力走でもキロ4分20秒を切った。
・ 5kmから疲れて左脚付け根が痛くなって、失速した。
(1km)5分45秒 (2km)11分01秒[5:20]  (3km)16分13秒[5:11]
(4km)21分08秒[4:55] (5㎞)25分20秒[4:11] (6㎞)29分38秒[4:18] (7㎞)34分32秒[4:53]

◎ 都立旧古河庭園の「春のバラフェスティバル」へ行った

○ 都立旧古河庭園とは
・ 東京都北区にある当園は、武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴。
・ 当園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸だったが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となった。
・ ジョサイア・コンドル設計の洋館と洋風庭園、京都の著名な庭師植治こと七代目小川治兵衛が作庭した日本庭園が現存している数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例であり、また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない事例として重要であるとして、平成18年1月26日に国の名勝指定を受けた。
・ 入園料:一般150円 / 65歳以上70円 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

○ 「春のバラフェスティバル」に行った
・ 洋風庭園には、約100種199株ものバラが華やかに咲き誇る。
・ 今年5月1日(水・祝)~6月2日(日)までの間、 「春のバラフェスティバル」が開催されている。
・ 今年で17回目で、イベント期間中は、「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」「春バラの音楽会」「庭園ガイド」「春バラ人気投票」等が行われている。バラの鉢植えやバラ関連の商品の販売も行われている。

○ 5月11日の様子
・ 入園すると、瀟洒な洋館が目に付く。
・ 洋館の周囲に配置された洋風庭園のバラはほぼ満開になっていた。
画像画像






















・ 真っ赤なバラは、「プリンセスミチコ」と命名されていた。
画像



















・ 洋館をバックにしたバラ庭園は絶好の風景だ。カメラマンが集まっていた。
画像
















・ 秋には、日本庭園の紅葉が素晴らしいと思う。
・ 新宿御苑の入園料が200円から500円に大幅に引き上げられて訪問しずらくなった中で、入園料150円はうれしい。
画像

('19-135) 第20回タイフェスティバル TOKYO 2019 へ行った

2019年5月14日(火)、曇り/雨、17℃~21℃
              
・ 西日本から東日本に気圧の谷が通過して、湿った空気が流れ込んで、すっきりしない天気が続いた。奄美地方では梅雨入りした。
・ 東京では朝から雨が降ったりどんより曇ったりの天気が続いて、都心の最高気温は19.3℃と4月中旬並みの気温で、5月に入ってから初めて最高気温が20℃に達しなかった。
  (9時)               (12時半)
画像画像
















◎ 雨でランニング中止した 

◎ 第20回タイフェスティバルTOKYO 2019 へ行った

・ 5月11日(土)と12日(日)、代々木公園イベント広場とけやき並木で、第20回タイフェスティバルTOKYO 2019 が開催された。
・ タイの文化や食を体感できるイベントで、今年のテーマは「タイ・知れば知るほど好きになる」
・ 代々木公園イベント広場で開催される全イベントの中でも、秋の北海道フェアとトップを争う人気だ。

○ 11日の様子
・ 13時、代々木公園イベント広場に着いた。
・ ゲートの外から行列ができていた。タイ国際航空が行っていたキャンペーンに参加する人たちだった。
画像
















・ 観光、物産の販売やフォトスポットがあった。
画像画像















・ ステージでのライブが行われていたが、観客席はすでにいっぱいになっていた。
・ 後で知ったが、14時50分からBNK48のライブステージが予定されていたので、泊まり込みの席取りもあったそうだ。
画像
















・ タイ料理レストラン、ドリンク、フルーツなどのブースはどこも混雑していた。
画像画像


















・ タイ伝統菓子のデモンストレーションが行われていたが、手作り菓子を買った。ココナッツの味がした。
画像画像
















・ ケヤキ並木通りでは、タイ米などのタイ物産の販売が行われていた。タイカレーの試食には行列ができていた。並びたかったが、時間がなく、あきらめた。
画像

('19-134) 夜7kmラン- 神田祭・神幸祭 を見た

2019年5月13日(月)、曇り、13℃~23℃
              
・ 日本列島の南に低気圧があって、北方から寒気が入り込んで、曇りがちな天気になった。
・ 東京でも昨夜には雨が降って、朝から雲が広がっていた。
・ 日中は晴れ間が見えたが、気温は20℃台前半にとどまり、夕方にはまた雨っぽくなった。
  (9時)               (12時半)
画像画像















◎ 7kmランニング 
・ 20時10分、曇り、18℃、微風。
・ 下半身はだるかったが、今夜は少し回復した。
・ 前半はしんどくてペースは遅かったが、3㎞からようやくペースアップして、4kmから全力走したが、4-5キロは良かったが、5kmからは呼吸が苦しくて左脚付け根も痛くなって、失速した。
(1km)5分55秒 (2km)11分10秒[5:15]  (3km)16分19秒[5:08]
(4km)21分07秒[4:47] (5㎞)25分21秒[4:14] (6㎞)29分41秒[4:20] (7㎞)34分35秒[4:53]

◎ 神田祭:神幸祭を見た

・ 神田祭は、二年に一度行われる神田明神(神田神社、千代田区)のお祭りで、東京都江戸三大祭りの一つとされている。
・ また、神田祭は、京都八坂神社の祇園祭、大阪天満宮の天神祭とともに、日本三大祭りの一つに数えられている。
・ 今年は、5月9日から15日までの間、神田祭が開催されている。

○ 11日(土)の様子
・ 11日には、宮神輿(みこし)などが氏子町会を巡る祭礼行列「神幸祭(しんこうさい)」が行われた。
・ 神幸祭では、明神様がお乗りの「一の宮鳳輦(ほうれん)」「二の宮神輿」「三の宮鳳輦 」をはじめ、諌鼓山車(かんこだし)や獅子頭山車などからなる行列が氏子108町会を巡り、神々の力によって各町会を祓い清める。

・ 午前8時半頃に、神田明神を出発した行列は、神社の三柱の祭神を乗せた神輿や鳳輦(ほうれん)を中心に東京の下町(神田、日本橋、大手・丸の内、秋葉原)約30㎞の道のりを、一日がかりで進んだ。

・ 10時半、大手町の神田明神旧蹟地にある平将門公を祀る将門塚の前に着いた。
・ 神幸祭の一行は、ここで「奉幣の儀」を行っていた。
画像画像

















・ 11時前、神幸祭の御一行が出発した。
画像











「獅子頭山車」
画像

















「一の宮鳳輦(ほうれん)」  
画像



















「二の宮神輿」             
画像



















「三の宮鳳輦 」
画像
























・ 神幸祭御一行には、午後の日本橋三越前から「附(つ)け祭」として巨大な曳(ひ)き物や平将門による軍事訓練「野馬追(のまおい)」に由来する福島県相馬地方の騎馬武者なども行列に加わって、数千人規模の大行列へと膨らみ、日本橋や神田などを練り歩き、大いににぎやかになっっていくが、今回は時間がなくて、見ることはできなかった。

○ 神田明神境内
・ 11時半、神田明神の境内に着いた。
・ 境内にはたくさんの参拝者がいて、周辺では太鼓などの演芸会や露店なども立ち並んでいて、華やかな雰囲気に包まれていた。
画像画像

('19-133) 赤羽・日野・八王子15kmランニング

2019年5月12日(日)、曇り、13~22℃
  (8時) 
画像・ 低気圧が太平洋側を通過した。
・ 西日本を中心に高温が続き、全国15地点で真夏日になった。
・ 東京では朝から曇り空で、気温は20℃を少し超えたくらいで、昨日より5℃低くなった。







◎ 赤羽・日野・八王子15kmランニング

○ 北野駅
  (八王子市:湯殿川)         
画像・ 朝9時半、晴れ、20℃、南3m/s。曇りから晴れ間が出てきた。
・ 体はだるく、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅西側の湯殿川では、河川補修工事が始まっていた。
・ 北野駅から京王線で新宿駅まで行って、JR山手線で駒込駅に向かった。
(1.5km北野駅)10分40秒 






○ 駒込駅前~旧古河庭園
・ 駒込駅東口から商店街を通って、本郷通りへに沿って北へ向かった。
・ 本郷通りに沿って少し行くと、北区に入った。すると、行列待ちができていたので、最後尾に並んだ。
・ 行列整理をしていた係員に聞くと、「10~15分位待ち」ということだったが、10分で入園できた。入園料150円はうれしい。
(1.5kmJR駒込駅前)80分 
 (駒込駅前)             (北区西ヶ原:本郷通り)
画像画像


















○ 旧古河庭園
画像・ 旧古賀庭園の「春のバラフェスティバル」を見た。【後ほどレポート】
(2.2㎞旧古河庭園)90分~120分











○ 旧古河庭園~赤羽駅前
・ 旧古河庭園前からランを再開して、本郷通りを北上した。
・ 飛鳥山公園にランニンググループが入っていった。
・ 王子駅の東口にまわって、京浜東北線と東北新幹線に沿って北上した。
・ 東十条駅の前を通過して、まもなく赤羽駅前に着いた。
・ 赤羽駅東口からアーケード商店街にかけて、「赤羽馬鹿祭り」を見た【後ほどレポート】
(3.3㎞飛鳥山公園)129分  (5.2㎞東十条駅北口)152分30秒
(7.3㎞赤羽駅前)165分20秒~200分
(飛鳥山公園)             (王子駅前)
画像画像
















○ 高幡不動駅~日野駅前
・ JR赤羽駅から新宿駅に戻って、京王線で高幡不動駅に着いた。
・ 高幡不動駅からランニングで、北西に向かった。
・ 浅川に架かる高幡橋を渡って、川崎街道を北上した。
・ 中央自動車道の高架をくぐると、まもなく日野本町の旧甲州街道に着いた。
・ 「ひの新撰組まつり」の隊士パレードを見た。【後ほどレポート】
(7.3km高幡不動駅)265分 (9.8km旧甲州街道日野駅東)285分~315分
 (高幡橋から下流側)           (川崎街道入口)
画像画像

















○ 日野駅前~八王子
・ 日野駅前からランを再開して、大坂上の長い上り坂をスローに上って、八王子へ向かった。
・ 雲が多くなって、太陽が隠れて寒くなってきた。
・ 走った距離は大したことはなかったが、ずっと立ち続けたので、下半身はしんどかった。
(13.7㎞)341分 (15.8㎞)356分

('19-132) 神田明神-代々木公園15kmランニング

2019年5月11日(土)、晴れ、10~27℃
   
  (7時半) 
画像・ 全国的に高気圧に覆われて気温が上昇した。全国的に25℃以上の夏日になって、今年の最高気温を記録する観測点が続出した。西日本などの10ヶ所で最高気温30℃以上の真夏日になった。
・ 東京都心でも27.8℃になって今年の最高気温になった。






◎ 神田明神-代々木公園15kmランニング

○ 北野駅~銀座駅
  (八王子市:湯殿川)         
画像・ 朝8時50分、晴れ、20℃、南3m/s。薄曇りで少し風があって好条件。
・ 体はだるく、ゆっくり走って、京王線北野駅に向かった。
・ 北野駅から新宿駅まで行って、地下鉄で銀座駅に向かった。
(1.5km北野駅)9分40秒 






○ 有楽町駅前~神田明神

・ 銀座駅からJR有楽町駅へ歩いて、ランニングを始めた。
・ 丸の内仲通りを通って、丸の内から大手町へ向かった。
・ 休日の仲通りは空いていて木陰があって歩道にはモニュメントが設置されていて、気持ちがいい。
・ 神田明神(神田神社)の神田祭り神幸祭の一行が留まっていた。
(1.5km有楽町駅前)85分 (3.2㎞大手町)113分~140分
 (丸の内仲通り)             (大手町)
画像画像



















・ 大手町から皇居側に出た。皇居外周では、ランニングや散歩する人達が多かった。
・ 駿河台下から御茶ノ水駅前を通って、神田明神に着いた。
・ 神田祭が開催されていた。【後ほどレポート】
(5.8㎞神田明神)160分~180分
 (皇居外周)               (神田明神参道)
画像画像





















○ 神田明神~代々木公園
・ 神田明神から再び、御茶ノ水駅の聖橋を通って、皇居外周まで戻り、竹橋から半蔵門へ向かった。
・ さわやかな天気の下、皇居を走っているランナーは多かった。
・ 皇居の半蔵門まで必死に走ったが、キロ6分がやっとだった。疲れがまだ残っている。
 (7.3㎞皇居外周)190分 (9.3㎞半蔵門)202分
(御茶ノ水駅)               (皇居外周)
画像画像
















・ 半蔵門から新宿通りを四ツ谷へ向かった。
・ 四ツ谷から権田原、神宮外苑を経て、新国立競技場の建設地を通った。競技場の外観はかなり出来上がっているようだ。
(10.6km四ツ谷駅前)212分30秒 (12.8km千寿院)232分40秒
 (権田原東)           (新国立競技場)
画像画像




















・ 相変わらず混雑している原宿駅前を通って、代々木公園へ向かった。
・ 代々木公園イベント広場からケヤキ並木では、タイフェスティバル2019が開催されていて、たくさんの販売テントと大勢の人達で埋め尽くされていた。【後ほどレポート】
(15㎞代々木公園イベント広場)255分

('19-131) 夜7kmラン-昭和記念公園の春のフラワーフェスティバル

2019年5月10日(金)、晴れ、11℃~26℃
              
・ 日本列島は高気圧に覆われて、各地で気温が上昇し、季節外れの夏日(最高気温25℃以上)になった。
・ 東京都心でも日中は日差しが強く27.1℃になった。7月上旬並みの気温となった。
  (7時)               (12時半)
画像画像















◎ 7kmランニング 
・ 20時10分、晴れ、18℃、微風。
・ 昨夜は最悪の体調だったが、今夜は少し回復した。
・ このため、前半は遅かったが、3㎞からはキロ5分を切って、4kmからの全力走でもキロ4分20秒を切った。
・ 5kmからは左脚付け根が痛くなって、失速した。
(1km)5分49秒 (2km)11分13秒[5:24]  (3km)16分28秒[5:14]
(4km)21分28秒[4:59] (5㎞)25分45秒[4:17] (6㎞)30分05秒[4:20] (7㎞)35分07秒[5:02]


◎ 国営昭和記念公園の「春のフラワーフェスティバル」へ行った

・ 5月1日(水)、GW休暇中に、東京都立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園を訪れた。
・ 国営昭和記念公園では、3月23日~5月26日までの間、FLOWER FESTVAL 2019 が開催されている。
画像









・ 西立川口から入園すると、正面に水鳥の池がある。たくさんの足こぎボートが浮かんでいた。
・ 池を周っていくと、湿地帯エリアでは蓮の花が咲いていた。
画像画像












・ 橋を渡って北側のエリアに入ると、まずネモフィラの畑があった。ブルーの花が咲いてじゅうたんのようになっている。
・ ネモフィラの畑と言えば、国営ひたち海浜公園が有名だが、ここのネモフィラもきれいだ。
画像




















・ 渓流広場には、チューリップガーデンが作られていた。
・ 広大なみんなの原っぱでは、シートを広げてくつろいだり、軽いスポーツをしたり、リラックスしていた。
画像画像


















・ 5月上旬には、菜の花畑が満開で、菜の花の香りが漂っていた。
・ 菜の花畑の中に入ると、熊蜂がたくさん飛んでいた。蜜を集めるのに忙しいようだ。
画像画像


















・ 国営昭和記念公園は、5月19日(日)も「春の都市緑化推進運動」の日で無料開放になる。
・ 国営昭和記念公園は、いつ訪問しても、見どころたくさんだ。

('19-130) 夜5kmラン- 相模の大凧まつり へ行った

2019年5月9日(木)11℃~22℃
              
  (7時)              
画像・ 朝から曇りがちだったが、富士山の山肌は雪解けが進んでいるのが見えた。
・ 午前中は気温があがって20℃を超えたが、昼頃には南風が強く、肌寒くなった。
・ 夕方には風はおさまって、さわやかな天気になった。







○ 台場へ行った
・ 午後、新橋から「ゆりかもめ」に乗って、台場へ行った。
・ 平日の昼は空いていた。
画像画像












◎ 夜5kmランニング 
・ 20時03分、晴れ、17℃、南3m/s。
・ 気温は高く好条件だが、下半身に疲れがたまって、いつも以上に走るのがしんどかった。
・ 出だしはキロ6分近くかかって、その後も体が重くて、キロ5分を切れなかった。
・ 5kmでランをやめた。
(1km)5分53秒 (2km)11分29秒[5:35]  (3km)16分41秒[5:12]
(4km)21分43秒[5:02] (5㎞)26分45秒[5:01]

◎ 相模の大凧まつり へ行った

○ 相模の大凧とは
・ 相模の大凧の歴史は、天保年間(1830年頃)からと言われ、明治中期から本格的な大凧になった。
・ 相模川の河川敷で、5月4日と5日に「相模の大凧まつり」が開催された。
・ 相模の大凧文化保存会が実施する大凧揚げ会場は、上流から「上磯部会場」「下磯部会場」「勝坂会場」「新戸会場」の4会場がある。
・ プログラムでは、大凧を揚げる予定時間は設定されているが、当日の天候・風向き・風速により、実際に揚げる時間は変更される。

○ 5月5日の様子
・ 12時半すぎ、 「相模大凧まつり」の新戸会場に着いた。
・ 相模川河川敷に設けられている相模大凧まつりの4会場のうち規模が最も大きい新戸会場で、凧あげの様子をじっくり見た。
・ 会場には、8間凧、4間凧、3間凧などがたてかけられていた。
 (12時半:新戸会場)
画像
               











 (12時45分)
画像















・ 13時14分、まず3間凧が揚げられた。
・ 1回目の挑戦でスムーズに揚がっていった。凧には「天福」と書き込まれていた。
 (13時15分)
画像















・ 13時半、4間凧が揚げられることになった。
・ 3回にわたって揚げようとしたが、3回目に向かい風を受けて大凧が立ち上がりそうになったところで、左右のバランスが崩れて地面に激突してしまった。この時に骨組みが損傷して、揚げるのは困難になった。
(13時36分)
画像

















・ 次に、8間凧を揚げることになった。
・ 8間凧は、14.5m(8間)四方あり、重さは950㎏、綱の長さ200mもある。
・ この巨大な凧を揚げるには、80~100人の人員と、風速10~15mが必要とされている。
・ まず、大凧を引き始める場所にみんなで運んでいった。
 (13時58分)
画像









・ 最初はうまくいかなかったが、2回目は風速8~10mでうまく風をとらえてふわりと揚がった。32秒間浮揚していたが、風が弱まったせいか、地面に戻った。
・ 続けて再トライしようとしたが、骨折箇所があることがわかって、補修することになった。
(14時29分)
画像



















○ 座間の大凧まつり
・ 新戸会場のすぐ近くの下流側では、座間市の大凧まつりが開催されていた。
・ 「座間市大凧まつり」も200年以上の伝統を誇るもので、大凧(約13m四方)、三間凧(約5.4m四方)、市内全6中学校による一間凧(約1.8m四方)が揚げられる。
・ 14時39分、座間市の大凧が揚げられた。
・ 来年は、座間市の会場をじっくり見ることにしよう。
 (14時39分)
画像

('19-129) 夜7kmラン-在日米海軍厚木基地「日米親善春祭り」 へ行った

2019年5月8日(水)、6℃~22℃
              
  (7時)              
画像・ 日本列島は高気圧に覆われて、全国的に晴れになった。
・ 八王子でも朝から雲一つなくスッキリ晴れた。富士山もクッキリ見えたが、また雪に覆われて真っ白になっていた。
・ 早朝は冷え込んで6℃に下がったが、日中は20℃を超えた。




◎ 7kmランニング 
・ 20時03分、晴れ、17℃、微風。
・ 好条件だが、GWの疲れがピークになった感じ。
・ 出だしから体が重くて3㎞までキロ5分を切れなかった。左足付け根の痛みが出て、ペースは上がらなかった。
・ 4㎞からの全速力走では、やはりキロ4分20秒を切れなかった。
・ さすがに、休息が必要になっている。
(1km)5分36秒 (2km)10分56秒[5:19]  (3km)16分01秒[5:05]
(4km)20分59秒[4:58] (5㎞)25分19秒[4:20] (6㎞)29分40秒[4:20] (7㎞)34分41秒[5:01]

◎ 在日米海軍厚木基地の「日米親善春祭り」へ行った

・ 4月27日(土)、神奈川県の在日米海軍厚木基地で「日米親善春祭り (NAF厚木 スプリングフェスティバル2019)」が開催された。隣接する海上自衛隊厚木航空基地との共同開催。
・ 以前は、桜の開花時期にあわせて「桜まつり」として行われていたが、現在は時期をずらして「春まつり」として開催されている。
・ 例年、2~4万人もの来場者がある人気イベントで、朝10時の厚木基地開場前から長い行列ができて、30分位の待ち時間がかかると言われている。
・ ずっと以前に、海上自衛隊厚木基地を訪問したことがあったが、このイベントでの訪問は初めてだ。

(入場チェック)
・ 11時45分に入口ゲートに着いた。ここでは行列はなかった。
・ 身分証明書類を提示してスムーズに入場した。身分証明書類としては、横田基地では運転免許証だけで入場できたが、ここでは、運転免許証のほかに本籍地記載の住民票の提示が必要だ。
・ ここはスムーズに通過したが、この後の荷物検査と金属探知機によるチェックに時間がかかった。
・ すでに100人位の列ができていて、通過するのに15分位かかった。
画像画像
















・ 基地構内に入ると、この日のイベント予定と場内案内の看板が掲げられていた。
画像

















・ 会場入口付近の広場周辺は最もにぎわう場所で、米国海軍の航空機展示、アメリカンファストフードやビールの販売、米海軍・海上自衛隊グッズの販売、音楽ライブなどが行われる。
・ 一番の人気行列は、ピザ販売だった。
・ 広場にシートを敷いて、飲食しながらライブ演奏を聴いてくつろぐ人たちがたくさんいた。
画像画像
























・ アメリカ海軍・海上自衛隊の航空機地上展示は、基地の一番奥のエリアなので、歩いていくのに時間がかかった。
・ 連絡路の途中にも、米海軍のヘリコプターや基地内消防車などが展示されていて、隊員たちがヘリに乗せてくれたり、気さくに記念撮影に応じてくれていた。
画像画像






















・ 厚木基地は、横須賀基地を母港とする米海軍空母「ジョージ・ワシントン」艦載機の基地なので、滑走路上には、第5空母航空団(CVW-5)所属の主力機、F/A-18E/F スーパーホーネットをはじめ、米海軍艦載機が地上展示されていた。ただし、飛行展示は行われなかった。
画像
















○ 海上自衛隊哨戒機 P-1
・ 厚木基地は、日本の海上自衛隊も共同運用しているので、この日も、厚木基地配備の哨戒機P3Cと最新鋭哨戒機P-1が並んで展示されていた。
・ P3CとP-1を比べると、機体の大きさや性能は大きな違いがある。
・ 普段見ることのできない飛行機を間近に見ることができる、貴重な機会だ。
画像画像

('19-128) 夜7kmラン- 道の駅掛川でツバメの巣作り を見た

2019年5月7日(火)、11℃~16℃             
  (7時)              
画像・ 北日本を低気圧が取り囲んでいて、昨夜は前線が東日本を通過して、強い寒気が流れ込んで、天気が崩れた。
・ 東京では曇りがちの日になったが、日中には強い北風が吹いて肌寒かった。
・ 夕方には少し雨がパラついた。



◎ 7kmランニング 
・ 20時、晴れ、10℃、北風3/s。風は弱くなったが、肌寒かった。
・ 5月1~6日のロングランの疲れで体が重く、3kmまでは全くペースは上がらなかった。特に左脚付け根の痛みがきつかった。
・ 4㎞からの全速力走でも、キロは4分20秒を切れなかった。
(1km)5分35秒 (2km)10分52秒[5:16]  (3km)16分08秒[5:15]
(4km)21分05秒[4:56] (5㎞)25分30秒[4:25] (6㎞)29分52秒[4:21] (7㎞)34分59秒[5:07]

◎ 道の駅掛川でツバメの巣作りを見た

・ 4月28日深夜、道の駅掛川に立ち寄ると、建物の軒下で、ツバメが寝ていた。その隣にクギが打たれていて、クギの下に土で固められはじめていた。
画像










・ 翌朝、改めて軒下に見に行くと、2羽のツバメがライトの上に留まっていた。
・ この2羽は、近くにあるクギに飛び移ったりしていた。
画像画像






















・ 少し離れた所には、すでに完成した巣があった。ここでは1羽のツバメがずっと動かず止まっていた。
・ この施設では、巣作りが進むと、ツバメのフンが下に落ちないように、巣の下に受け板を設置している。
画像















○ ツバメ除け器具?
・ ツバメが巣を作ると、その下にフンが積もるので困ることになる。巣を作らせないような仕掛けの実験だろうか? ツバメが留まりにくい突起物やヘビの人形が設置されていた。
・ しかし、この両方にもツバメは留まろうとしていた。ヘビの偽物を見破っているようだ?
・ 次に訪問する時には、巣の中にはヒナがいるだろう。楽しみだ。
画像画像


('19-127) 八王子富士森公園-浅川12kmランニング

2019年5月6日(月)、13℃~21℃、曇り/晴れ

・ 低気圧と前線が日本海側を進んで、日本海側では天候が崩れた。
・ 東京では朝方から曇りがちの天気になって、昼前から強い北西風が吹いたので、気温は20℃を超えたものの、肌寒さを感じた。
   (7時)               (12時40分)
画像画像

















◎ 八王子富士森公園-浅川12kmランニング 

・ 5月1日から5日まで5日連続で20kmランをして、かなり疲れがたまっているので、最終日は八王子市内を走った。

○八王子駅南~富士森公園
・ 15時30分、曇り、20℃、北西10m/s。気温は高いので短パンで走ったが、北西風が強く、肌寒かった。
・八王子駅南にある六本杉公園の南側の丘に上がって、西へ向かった。
・ 国道16号の小安交差点のガソリンスタンドでは、レギュラーガソリン価格は140円/L だった。
(1.8km京王片倉駅前)13分27秒
(子安5差路)            (六本杉公園上) 
画像画像





















 (京王高尾線)             
画像・ 京王高尾線に沿って西へ山田駅まで走った。
・ 途中、車体がモスグリーンの高尾山ラッピング電車がやって来た。
・ 丘の上では、強風を正面から受けて、しんどかった。
(3.5km京王山田駅)26分07秒






○ 富士森公園
画像・ 山田駅前から北へ向かって、谷を下って、丘を上って、富士森公園に着いた。
・ 公園でもツツジの花が咲いていたが、夕方に近くなって閑散としていた。
・ 富士森公園陸上競技場の改修工事が進んでいる。地面の整地作業が終わったようだ。完成が待ち遠しい。
(4.5㎞富士森公園東口)33分 (5.1㎞富士森公園北西)39分30秒






画像画像






















○富士森公園~浅川水無瀬橋
・ 富士森公園北西角から西八王子駅方面へ向かった。
・ 中央本線西八王子駅東の踏切を渡って、甲州街道の千人町交差点を横切って浅川に向かった。
・ 甲州街道のイチョウ並木は緑の葉がふさふさとしている。
(6.1㎞甲州街道千人町)46分20秒
   (西八王子駅東踏切)           (甲州街道千人町東)
画像画像



















○ 浅川ゆったりロード
・ 浅川の水無瀬橋西に出て、浅川ゆったりロードを下流に向かった。
・ 16時すぎで時間が遅いせいか、GW最終日のせいか、いつもより散歩やランニング中の人は少なかった。
・ 八王子市役所の北側、鶴巻橋周辺の河川敷には、まだバーベキューを楽しむ人たちが多くいた。
・ 国道16号の浅川橋までは、かなり本番に近いスピードで走った。
(6.8km水無瀬橋)50分40秒 (9.2㎞浅川橋)64分50秒 
 (鶴巻橋西)               (浅川橋南詰)
画像画像

















○ 甲州街道~八王子駅北口
・ 浅川橋から浅川を離れて、甲州街道に沿って八王子駅へ向かった。
・ 八日町交差点から八王子駅北口放射線ユーロードにやってくると、八王子古本市が開催されていた。
・ 八王子駅南口に出て、さらにランをした。
(10.2㎞八日町)63分15秒 (10.9㎞八王子駅北口)79分50秒 (12.1㎞)88分11秒
 (八王子古本市)          (東京電力多摩支店)
画像画像

('19-126) 八王子-相模大凧25kmランニング

2019年5月5日(日)、晴れ、8~25℃

・ 日本列島は、広く高気圧に覆われて晴れた。昨日は午後に大気不安定になったが、今日は安定した晴天になった。
・ 全国424地点で最高気温25℃以上の夏日になった。東京でも25℃になった。
・ 掃除、布団干しをして、ランニングに出た。
  (9時)                  (18時)
画像画像

















◎ 八王子・相模大凧25kmランニング

・ 八王子市内から相模原市南区の相模川河川敷で開催された「相模の大凧まつり」を見に行った。
・ 昨年は、大凧会場から八王子までランで帰ったが、帰宅時間が遅くなったので、今年は八王子から南下して相模川の大凧会場まで走り、帰りは電車に乗ることにした。

○ 八王子~橋本
・ 9時半、八王子市内からランニングをスタートした。晴れ、気温22℃、南5m/s。
・ 南へ向かうので、向かい風が続いた。
・ 兵衛川に沿って、八王子みなみ野駅前を通って、宇津貫町の坂道を上って、町田市の相原駅東口を通過した。
・ 相原から国道16号に出て、橋本5差路に向かった。
(3㎞八王子みなみ野駅前)19分25秒 (6.5㎞相原駅東)43分55秒
 (八王子・町田市境)          (橋本)
画像画像
















○ 橋本~相模の大凧まつり会場
・ 橋本5差路を、国道129号に沿って進んだ。
・ 2㎞ほど進んで、作の口交差点を左折して、相模川東岸を進んだ。
・ ここからはJR相模線に沿って進んでいく。
・ 今日は、ドリンクを忘れてきてしまったので、番田駅近くのスーパーSANWAでグリーダカラと柏餅を補給した。
・ 身体はしんどくて、スピードは全くでないので、トコトコ走って、原当麻を経て、新磯橋入口に着いた。
(9.6km橋本5差路)67分11秒 (11.9km作の口)80分30秒
(14.7㎞番田)109分 (18.4㎞新磯橋入口)
 (作の口交差点)        (番田駅周辺)
画像画像

















(原当麻駅入口)
画像












・ 橋に着いたのは、11時54分で、上から、大凧まつりの上磯部会場が見えた。何か挨拶が行われていた。
・ 会場に行ってみると、ここでの凧揚げは13時からだというので、下流側の会場へ進んだ。
(上磯部会場)
画像画像



























○ 相模の大凧まつり会場
・ 相模の大凧まつりの4会場を、上流から、上磯部会場-下磯部会場-勝坂会場-新戸会場へと見てまわった。
【後ほどレポート】
(21.1㎞新戸会場)170分~290分

○ 相武台下駅・ 新戸会場から約1㎞歩いて、JR相模線の相武台下駅に着いた。
・ ここは普段は無人駅だが、15時前には、凧揚げ会場から帰る人たちでホームは混雑していた。
 (相武台下駅)    
画像









○ 八王子みなみ野駅~八王子市内
・ 八王子みなみ野駅前からランニングで八王子駅方面に向かった。
・ 出発してからずっと立ちっぱなしできたので、身体はガタガタだったが、なんとか出発地点に戻った。
(21.1㎞八王子みなみ野駅)355分 (25.3㎞)382分
 (兵衛川)
画像

('19-125) 相模湖-高尾山-八王子20kmハイク&ラン

2019年5月4日(土)、晴れ/雨/晴れ、14~24℃

・ 関東では午前中は晴天で気温は上昇し、6月前半並みの暖かさになった。
・ 穏やかな晴天だったので、布団を干してランニングへ出た。
・ しかし、昼すぎから上空に寒気が入り込んできて、大気が不安定になり、午後2時頃から東京多摩地方などで雷、ヒョウ、雨が降った。
・ 夕方には、また青空が戻った。
   (7時)             (15時50分)    
画像画像















◎ 相模湖-高尾山-八王子20kmハイク&ラン

○ 相模湖駅~小仏城山             
・ 9時40分、晴れ、気温20℃、北3m/s。 JR八王子駅まで走った。
・ 八王子駅から中央本線の電車に乗って、20分ほどで相模湖駅に着いた。
・ 10時15分、駅南からランスタートして、相模湖畔に向かった。
・ 国道20号(甲州街道)に戻って、東(高尾方面)へ向かって走った。
・ 小原宿本陣に立ち寄った。本陣は大名が宿泊する家で、現在、東海道と甲州街道で本陣が残っているのはここだけだ。きれいに整備されている。
(0.7㎞JR八王子駅)5分 (相模湖駅南)35分
 (相模湖)             (小原宿本陣)  
画像画像




















・ 富士見茶屋脇から山歩きが始まった。関東ふれあいの道として、ハイキングコースが整備されている。
・ ほぼまっすぐ東に向かうが、かなりきついアップダウンがある。
画像















・ 茶屋脇から2㎞ほどの上り坂を歩いた。足腰にはきついが、森林の中はさわやかな風が吹いて気持ちよかった。
・ 40分ほど歩いて、標高670mの城山山頂に着いた。ここの茶屋周辺はたくさんのハイカーが休憩・昼食をしていた。
・ 残念ながら、山頂から富士山は見えなかった。
(3.9㎞富士見茶屋)66分 (6.1㎞小仏城山山頂)107分
 (相模湖コース)           (11時40分城山茶屋)
画像画像

















○ 城山~高尾山
・城山山頂から下り坂を歩いて一丁平に向かった。
・ 城山の東斜面は森林が伐採されていた。この後、どんな山になっていくか楽しみだ。
・ 城山山頂から1.7km、標高200m下って、一丁平に着いた。下り坂はヒザと太ももに負担がかかってキツい。
・ 一丁平の上にあるもみじ台の茶屋も賑わっていた。
(7.8km一丁平)132分 
 (城山斜面)            (12時14分:細田屋)             
画像画像
















・ もみじ台茶屋から300mほど登って、12時20分に高尾山頂の大見晴台に着いた。
・ 1年前にこのコースを歩いた時より、1時間速かった。
・ 山頂は一帯は、これまでで最も混雑していた。富士山も見えなかったので、早々に下山を始めた。
・ まだ空は全体的には晴れていたが、西方から雲が広がってきていた。
(8.6㎞高尾山頂大見晴台)148分 
  (12時20分:高尾山頂)
画像画像













○ 高尾山~八王子駅
・ 高尾山頂から1号路を通って下山した。
・ 薬王院からケーブルカーとリフトの山上駅までは、すごい混雑だった。下山する人と同じくらい上ってくる人達がいた。ケーブルカーとリフトも乗車まで順番待ちをしなくてはいけなかった。
・ 薬王院の背後に白い雲が広がってきていた。
・ 茶屋の横で、伊藤園のお茶サービスが行われていた。渇いたノドに良い潤いとなった。
(9.5㎞薬王院)167分
 (12時39分:薬王院)             (12時45分:伊藤園のお茶サービス)
画像画像



















・ リフト乗り場を過ぎると、歩いている人は少なくなったので、下山を急いだ。
・ 下り坂を踏ん張って約1時間で清滝駅前に着いた。
・ 駅前では、ライブステージが行われていたが、先を急いだ。
(12.6㎞清滝駅前)208分
  (13時02分:1号路)      (13時20分:清滝駅前)
画像画像















○ 高尾山口~八王子駅北口
・ 13時25分、高尾山口駅前からランニングをスタートした。
・ 3時間ほど山道を歩いてきたので、足腰は疲れていたが、雲行きが怪しくなってきたので、八王子駅をめざした。しかし、ペースは上がらなかった。
・ 甲州街道から南浅川沿いの浅川ゆったりロードを1㎞ほど走って、長房橋に着いた。
・ この周辺で、5月4日と5日、長房ふれあい端午まつりが開催されている。
・ 風が弱かったので、鯉のぼりはほとんど下に垂れていた。
・ 長房橋北側の南浅川河川敷の模擬店は来場者でにぎわっていた。
・ ここで北の空を見ると、はっきりと黒雲が迫ってきていた。
・ 急いで自宅に戻って、ベランダに干してきた布団を収納しなければならなかった。
(16.5km長房橋)241分
(13時57分:長房ふれあい端午まつり)
画像








・ 長房橋から最短でも6km、必死に走っても30分かかる。
・ 焦って走っていると、西八王子のあたりでポツリと落ちてきた。
・ あと5km、なんとかもってほしいと願いつつ焦ったが、下半身は疲れて思うように動かなかった…。
(19.4㎞追分)266分 (20.7㎞八王子駅北口)281分

('19-124) GWのプチ大掃除;八王子高月水田-加住丘陵20kmランニング

2019年5月3日(金)、晴れ、10~26℃
                                        
・ 低気圧と前線が日本列島から離れて、南の暖かい高気圧が日本列島に張り出してきている。
・ 東京では朝から晴れて、気温は26℃まで上昇したが、湿度は低くて、さわやかな初夏の天気になった。
・ 富士山は白い雪に覆われていた。
・ 午後には、雲が広がってきたが、夕方にはまた晴れて、きれいな夕焼け空になった。
 (7時半)                (18時半)
画像画像













◎ GWのプチ大掃除
・ 長いGWの7日目、TVを見ていると、GW中にやりたいことに関するアンケート結果が紹介されていた。
・意外にも、 1位は「掃除」だった。梅雨入り前に、普段やらない所を掃除しておこうよいうことだ。
・ そこで、いつもの洗濯、布団干し、トイレ掃除に加えて、窓ガラス拭き、浴槽下のカビ落としをした。
・ 梅雨入り前にやるべきことはまだたくさんある。
画像
画像
















(押入れの浸水被害)
・ 押入れの寝具を整理しようとすると、床面が濡れているのを見てビックリした。
画像・ よく見ると、押し入れに配置していた除湿剤容器が横倒しになって、容器に溜まっていた水が流れ出てしまっていた。
・ ただし、ここには木製スノコを置いていたので、寝具が浸水してしまうことはなくて良かった。
・ しかし、木材内部が乾くまで時間がかかりそうだ。








◎ 八王子高月水田‐加住丘陵20kmランニング

・ 掃除、洗濯などをしていたので、ランへ出る時間が遅くなった。
・ このため、八王子駅から北へ向かって走ることにした。

○ 八王子駅~都立滝山公園
               
<・ 14時、24℃、晴れ、南4m/s。 ランニングへ出た。
・ 日差しが強かったが、風があってランには好条件。
・ JR八王子駅北口から真直ぐ北へ向かって走った。浅川の浅川大橋から高尾山方面がきれいに見えた。
・ ひよどり山トンネルをトコトコ走って、道の駅八王子滝山に着いた。道の駅はにぎわっていて、駐車場待ちの車が並んでいた。
・ ここまではキロ6分半のペースで、下半身がダル痛い。
(2.1kmひよどり山トンネル南)16分20秒  (4.1km道の駅八王子滝山)25分50秒
 (浅川上流)               (道の駅八王子滝山) 
画像画像














・ 道の駅八王子滝山の北側から谷地川沿いに遊歩道を上流へ向かった。
・ 谷地川沿いには、紫色の花と黄色の花が咲いてきれいだ。
 (6.5km滝山公園南入口)49分42秒
  (谷地川)
画像画像















○ 都立滝山公園
・ 公園入口の急坂を上ると、緑の木陰の中の遊歩道を進んだ。
・ いつもより散策する人が多かった。
・ 中の丸の展望所へ行くと、滝山城跡のガイドウォークが行われているようだった。
(7.3km滝山城跡中の丸)59分55秒
 (都立滝山公園)               (滝山城跡中の丸)            
画像画像
 

















○ 八王子市高月町の水田地帯
・ 加住丘陵に広がっている滝山公園の城跡から北斜面を高月水田の方に下って行った。
・ この水田地帯では、田んぼの耕起が終わったようだが、まだ用水に水は流れていなかった。
・ 5月下旬くらいから田植えになるだろうか?
・ 東秋川橋まで走ってから、引き返した。
(8.1㎞高月水田南)68分30秒 (10㎞東秋川橋)82分30秒
・ 東秋川橋のすぐ上流にあるキャンプ場は、ずいぶんにぎわっていた。
 (高月水田)                (東秋川橋)
画像画像
















○ 東秋川橋~加住丘陵~八王子駅北口
・ 東秋川橋から引き返す頃には、雲が広がって肌寒くなってきた。
・ 高月水田から再び加住丘陵に上って、滝山城跡中の丸から、今度は尾根沿いに東へ続く遊歩道を通った。
・ 遊歩道は木陰に囲まれて気持ちがいい。桜の花が終わって、今はツツジの花が満開になっている。
・ 前回はこの道でつんのめって転んだので、気をつけて2km半ほど走って、国道16号に出た。
(12.6㎞滝山公園中の丸入口)102分50秒 (15.1km国道16号)123分30秒
 (加住丘陵尾根道)
画像
















・ 道の駅八王子滝山で休憩して、再び、ひよどり山トンネルを通って、浅川を越えて、甲州街道八日町交差点からユーロードを通って、八王子駅北口に着いた。
(16.1km道の駅八王子滝山)135分 (18.4kmひよどり山トンネル南)146分30秒
(20.1km八王子駅北口)162分30秒

('19-123) 八王子-相原-南大沢21kmランニング

2019年5月2日(木)、曇り/雨/晴れ、14℃~23℃           

○ 天気は不安定だった
・ 東京では昨夜に低気圧と前線が通過して雨が降ったが、今朝には雨は上がって、晴れ間が広がっていた。
・ しかし、上空には寒気が残って、午前中は黒雲がやってきて雨が降ったり、不安定な天候が続いた。
・ 昨夜はドアの外に傘を置いていたが、今朝見ると、アゲハチョウがいた。こんな高い所まで飛んで来たのは驚きだ。
・ 昼過ぎには雲は過ぎ去って、晴れが安定してきた。
  (9時半)                                           
画像画像


















◎ 八王子・相原・南大沢21kmランニング

○ 八王子~相原
・ 10時、18℃、曇り、北東3m/s。
・ 黒雲が広がって雨が降りだしそうな空模様だったので、薄いレインウェアを手に持ってランスタートした。
・ 丘を越えて、片倉城跡公園に立ち寄った。公園は緑が茂ってきたが、閑散としていた。
・ 兵衛川沿いに走って、JR横浜線八王子みなみ野駅前のホームセンターに立ち寄った。
 (2km)18分    (3.7km八王子みなみ野駅前)30~40分
 (片倉城跡公園)          (八王子みなみ野駅)
画像画像













・ 駅前からランを再開した。横浜線に沿って相原駅方面に向かうと、南の空は真っ黒になっていた。
・ 宇津貫町の上り坂を走っていると、雨が降ってきた。本降りになってきたので、レインウェアを着た。
・ 八王子市から町田市に入る峠を越えると、雨はやんでいた。
(6㎞町田市との境界)65分13秒 
 (八王子みなみ野駅南)         (宇津貫)           
画像画像





















・ 相原駅までの下り坂をゆっくり走っていると、青空も出てきた。
・ 相原駅前のお寺にあるケヤキの大木は緑が茂って見事だ。
 (7.1km相原駅前)76分
 (相原駅北)
画像画像




















○ 相原~南大沢
・ 相原駅前を過ぎて、町田街道を東へ向かった。
・ 久保ヶ谷戸交差点で北へ上り坂を走った。小山ヶ丘から相模原市の橋本駅周辺の高層ビルが見えた。
・ 八王子市南大沢に入って、上柚木公園に立ち寄ると、GW中だが、野球場では中学校の試合、陸上競技場ではジュニアの競技会が行われていた。
(8.8km久保ヶ谷戸)89分30秒 (12.7㎞上柚木野球場)124分
 (小山ヶ丘から橋本方面)  (上柚木陸上競技場)           
画像画像


















○ 南大沢~八王子
・ 南大沢から太田平橋まで下り坂を走った。
・ 下柚木郵便局前で野猿街道に入って、野猿峠までの上り坂を走った。ここは2キロ弱をキロ7分台のペースでトコトコ走ったが、歩きを4回入れた。
・ 殿ヶ谷戸にある水田でも、田植えの準備が進んでいた。
・ 野猿峠を越えて、八王子駅方面を眺めると、青空がかなり広がっていた。
・ 峠を越えて下り坂になるが、左脚付け根の痛みと疲れでペースは上がらなかった。
・ 疲れたが、なんとか20kmを超えた。
(14㎞太田平橋)134分30秒 (14.8㎞下柚木郵便局前)139分10秒 
(16.7㎞野猿峠)152分57秒 (21.2㎞)189分57秒 
  (野猿街道殿ヶ谷戸)      (野猿街道絹ヶ丘から八王子駅方面)
画像画像

('19-122) 八王子-国営昭和記念公園20kmランニング

2019年5月1日(水)、晴れ/曇り/雨、14~23℃

・ 朝方は雲があったが、昼前にはいったん晴れて、昼頃から雲が広がって、午後3時頃から雨がパラついた。
・ 朝に掃除などをして、ランニングへ出た。
・ 昼から天気が崩れることを考えて、ベランダ干しはやめた。
 (7時40分)               (10時)           
画像画像














◎ 八王子-国営昭和記念公園20kmランニング

○ 令和時代の初ラン
・ 5月1日は、国営昭和記念公園が新天皇御即位祝賀のために無料入園日(入園料450円)になったので、訪問することにした。
・ 往路は、JR八王子駅付近から多摩大橋を渡って立川市の国営昭和記念公園へ行って、公園内を散策する。
・ 復路は、公園を出て立川駅から多摩都市モノレール沿いに南下して立日橋を渡って、甲州街道を通って八王子駅まで帰る。
・ コース沿いの、花と緑を鑑賞しながら走った。

○ 八王子~国営昭和記念公園

・ 10時30分(晴れ、20℃、南東4m/s)、ランスタートした。
・ 29日の10kmレースの影響はあまりないが、その後の2日間の草取り作業で、腰と肩などに筋肉痛があり、下半身もだるいので、いつものキロ6~8分のゆっくりペースで走った。
・ 八王子第4小学校前の歩道では小学生が街路樹の周りに花をきれいに植栽していた。
・ 今日は各地域の緑化の取組を見ながら進むことにした。
・ 浅川の大和田橋から上流の高尾山方面を見ると、雲がまだかかっていた。
・ 石川入口から多摩大橋通りを北へ向かった。
(1.2㎞大和田橋)8分40秒 (2.1㎞石川入口)15分23秒
 (八王子市立第4小前)           (浅川上流)
画像画像



















・ 多摩大橋を渡っていると、北風を真正面に受けたが、それほど寒くはなくて助かった。
・ 多摩大橋を渡って昭島市へ入ると、街路樹にツツジの植栽が増えてきた。真っ赤な花で覆われている。
(5.6㎞多摩大橋南詰)41分05秒 (6.9㎞和田橋北)51分20秒
 (多摩大橋)              (多摩大橋通り)
画像画像





















・ 和田橋北交差点で、奥多摩街道を東に向かった。ここはハナミズキの街路樹。
・ 2kmほど走って、国営昭和記念公園の西立川口に着いた。
・ 入場門の前に着くと、今日は無料開園日と知らずに来ている人達も多かった。
(9㎞西立川口)68分20秒
 (奥多摩街道)            (国営昭和記念公園西立川口)  
画像画像
















○ 国営昭和記念公園を散策した【後ほどレポート】

○ 昭和記念公園あけぼの口~八王子
・ あけぼの口から復路のランを始めた。
・ JR立川駅には多摩都市モノレールが乗り入れており、駅周辺には高層ビルも増えて、ますます発展している。
・ 八王子駅周辺にも多摩都市モノレール延長促進運動の看板が目に付くようになったが、実現可能性はどうだろうか?
・ 立日橋を渡って、日野市に入った。
・ モノレール沿いの道路脇の街路樹はきれいに整備されている。
(9kmあけぼの口)150分 (11km立日橋)169分40秒
 (泉体育館前)          (日野市民の森スポーツ公園東)
画像画像















・ 甲州街道に沿って日野駅から八王子駅へ向かった。
・ 日野駅を通過して1㎞ほどの上り坂があるので、トコトコとゆっくりノンストップで上がった。この後のマラソンレースを想定した練習だ。キロ6~7分くらいか。
・ 大坂上から日野台にかけては日野自動車の工場脇の街路樹、日野台から西にはコニカミノルタの工場の街路樹がある。ともに満開に近かった。
(13㎞JR日野駅)185分40秒 (15.1㎞日野台)199分40秒
  (日野自動車前)              (コニカミノルタ前)
画像画像














・ 八王子駅北口放射線ユーロードには、小学生の花植えが飾られている。
・ また、「奉祝:天皇・皇后両陛下の御即位を謹んでお祝い申し上げます」という横断幕が掲げられている。
・ 令和の時代は、子どもたちと花と緑の時代になれば良いと思う。
(17㎞石川入口)213分 (20.7㎞八王子駅北口)241分10秒
画像画像

('19-121) 静岡県磐田市のつつじ公園と霊犬神社

2019年4月30日(火)、雨、(磐田)12~18℃

・ 低気圧が前線を伴って、太平洋岸を西日本から東日本へ移動して、全国的に雨が続いた。
・ 東海から関東では一日中、しっかりとした雨が続いた。

◎ 道の駅掛川
画像・ 朝6時に目覚めると、外はザーザー降りだった。この時、遠州西部地方に大雨警報が発令された。
・ 雨だったが、小降りになることを期待して、磐田市での雑草取り作業に出発した。






◎ 磐田市での雑草との戦い
・ 4月29日(月)午後と30日(火)午前に雑草取り作業を行った。【後ほどレポート】

◎ 磐田からの帰路
・ 往路と同様、国道一号バイパスから国道246号を通って帰った。
・ GW中だったが、国道一号バイパスから道の駅ふじおやままでは、ほぼ順調だった。
・ しかし、静岡県小山町から神奈川県松田町へ向かう峠の下りが、渋滞した。山道の下り片側1車線から2車線になって、また1車線に狭まる所でその先に清水橋の信号機がある。わずか1.6㎞を40分もかかった。ここはいつも詰まる所だが、2車線をやめればもっとスムーズに行くと思うが。
画像















◎ 磐田市の「つつじ公園まつり」

○ 磐田市立つつじ公園
画像・ 磐田市立つつじ公園は、見付天神の北側に広がる公園で、3月下旬には桜、4月中旬~5月上旬はつつじが見頃となる。
・ 特に、つつじは、キリシマ・ミヤマ・カガ・モチなど3500株もあり、毎年4月にはつつじ公園写生大会が開催される。






○ 4月30日の様子
・ 朝8時、つつじ公園を訪れた。あいにくの雨で園内には誰もいなかった。
・ 公園入口付近では、ツツジの花はまだ咲いていたが、園内ステージから霊犬神社や池に至るたくさんのツツジはピークを過ぎていたようだ。
画像














画像画像





















○ 霊犬神社
・ 公園内には、日本唯一の犬を祀った霊犬神社がある。
・ 約700年前、見付の町の怪物を退治するため、長野県駒ケ根市の光前寺より「悉平太郎(しっぺいたろう)」という名犬を借り受けて退治し、平和な町を取り戻した。その謝恩のためにお祀りしたのが霊犬神社で、厄除け・災難除、最近ではペットの健康祈願にご利益があるとされている。
 (霊犬神社)
画像






















・この霊犬伝説「悉平太郎(しっぺいたろう)」をモチーフにしたのが、磐田市のイメージキャラクター「しっぺい」だ。
・ ジュビロ磐田メモリアルマラソンでは、「しっぺい」の姿をした人が多くいた理由がやっとわかった。
 (2018年11月)
画像