('19-142) 浅草神社・三社祭 へ行った

2019年5月21日(火)、雨/曇り、18℃~22℃
              
・ 低気圧と前線が西日本から東日本に通過して、各地で大雨と強風が吹いた。
・ 東京では昨夜から雨になって、今朝から昼すぎまで10~12m/s位の強風が吹いた。この強風で、羽田空港への着陸が一時できなくなった。
  (7時)               (7時半)
画像画像


















◎ 夜懇親会でランニングなし
 
◎ 浅草三社祭へ行った

○ 三社祭(さんじゃまつり)とは
・ 東京都台東区の浅草寺の隣にある浅草神社の例大祭で、毎年5月の第3金・土・日に開催され、3日間で200万人近い人出がある日本を代表する祭礼
・ 浅草神社の氏子四十四ヶ町を中心に、初日は、お囃子屋台、鳶頭木遣り、浅草の各舞、芸妓連の手古舞や組踊り等で編成される名物「大行列」が行われる。
・ 2日目は、「例大祭式典」が斎行され、その後、「町内神輿連合渡御」が行われる。
・ 最終日は、早朝に、宮神輿三基「一之宮」「二之宮」「三之宮」が神社境内から担ぎ出される「宮出し」が行われ、日中は氏子各町を三方面に分かれて渡御し、日没後に神社境内へ戻る「宮入り」を迎えて祭礼行事が終わる。

○ 5月19日(土)の様子
・ 12時から、浅草氏子四十四ヶ町の町内神輿約百基が神社境内に参集し、一基ずつお祓いを受けて各町会を渡御する。
・ 13時すぎ、浅草神社の大鳥居前に来ると、各町内の神輿が次々と出立してきた。
・ 男衆が勇壮に担ぐ神輿や女性だけが担ぐ神輿、小学生が担ぐ神輿など、いろいろな御神輿がやってきた。
画像





















・ 御神輿は、神社を出ると、浅草寺の正面にやってきて、参道を通って、雷門の方に向かって行った。
画像


















・ 御神輿を担ぐ人たちの熱気と威勢、それを見て沸き立つ観衆が一体となって、浅草界隈は最高の賑わいとなった。
画像










画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック