('19-114) 夜7kmラン- アースデイ東京2019 へ行った

2019年4月23日(月)、15℃~23℃
  (9時)                       
画像・ 日本列島は暖気に覆われて、気温は20℃を超えた。
・ 東京では朝方は曇りがちだったが、昼前には晴れて日差しを浴びて暑くなった。
・ 夜も気温はあまり下がらなかった。







○ 赤坂の桜
・ 都心の赤坂アークヒルズの桜並木は、緑の木陰がさわやかだ。
・ 山王日枝神社前の八重桜は満開から少し散り始めた。
  (12時半)                (9時) 
画像画像       
















◎ 夜7kmランニング 
・ 19時半、晴れ、18℃、南風4m/s。 
・ 気温はちょうど良くなったが、風が強かった。
・ 2日前の前橋・渋川シティマラソンの後の筋肉痛で、両フクラハギが痛い。右足中指のマメがつぶれた後の痛みが続いている。
・ 4kmまではキロ5分~5分半位のペースで走った。
・ 4㎞からペースアップして、5㎞から全速力走したが、右足中指の痛みが大きくて全然ダメだった。
(1km)5分49秒 (2km)11分26秒[5:36]  (3km)16分51秒[5:25]
(4km)22分05秒[5:14] (5㎞)26分55秒[4:49] (6㎞)31分28秒[4:32] (7㎞)36分30秒[5:02]

◎ アースデイ東京2019 へ行った

○ アースデイとは
・ 1970年にアメリカで、環境のかかえる問題に対して人々に関心をもってもらおうと、4月22日を”アースデイ(地球の日)”とすると宣言された。
・ アースデイは、民族・国籍・信条・政党・宗派をこえて、だれもが自由にその人の方法で、地球環境を守る意思表示をする国際連帯行動。
・ 地球のことを考えて行動するアースデイは、今や世界175ヶ国で5億人が参加する地球フェスティバルになっている。

○ アースデイ東京の様子
・ アースデイ東京は、2001年から代々木公園イベント広場などで開催されている。昨年は12万人が来場した。
・ 4月20日(土)11時20分、代々木公園イベント広場に着いた。
・ イベント広場からケヤキ並木にかけて、たくさんのブース、出展者が並んでいた。
画像画像
















・ 出展者の募集は、自然と人との共生や地球環境、社会、平和のことなど、私たちをとりまく様々な問題に取り組み、活動するNGO/NPO、団体の展示・アピールとされている。
・ 会場を見てまわっていると、いきなり8月11日「山の日」のPRグッズをもらった。山のトイレ問題も重要だ。
画像画像

















・ 人工林の間伐で出される木材を利用することで、森林つくりに貢献する。間伐材鉛筆や木材加工のブースが賑わっていた。森林、木材利用は環境問題にとって重要だ。
画像画像


















・ オーガニック食品のブースもいろいろと出ていた。自然農法のよもぎ餅を買った。
・ ステージイベントも多彩だった。好天に恵まれて興味深い出展が多かった。
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック