('19-110) 夜7kmラン- 札幌円山へ登頂した

2019年4月19日(金)、晴れ、11℃~24℃
              
・ 関東では引き続き高気圧に覆われて、日中は24℃まで上がって初夏のような暖かさになった。
・ 昼はYシャツだけで十分だった。
・ 朝夕はまた気温は下がって、肌寒くなった。
 (9時)
画像










・ 赤坂山王日枝神社下の八重桜並木は満開になった。
画像
















◎ 7kmランニング 
・ 19時55分、晴れ、16℃、北風4m/s。 
・ 気温は高いが、風は冷たくて肌寒かった。今季初めて、短パン・Tシャツで走った。
・ 一昨日の札幌円山登山の後、太ももにひどい筋肉痛が出ている。 明後日のマラソンまでに、筋肉痛は解消するだろうか?
・ 走り出すと、太ももにズキズキ痛みが出たので、ゆっくり走った。
・ 上り坂では特に筋肉痛がひどくなったが、左脚付け根も痛みが出た。
・ 全力走はやらなかった。
(1km)5分29秒 (2km)10分48秒[5:16]  (3km)15分49秒[5:00]
(4km)20分49秒[5:00] (5㎞)25分36秒[4:46] (6㎞)30分29秒[4:54] (7㎞)35分42秒[5:12]

◎ 札幌円山を登頂した

○ 円山とは
・ 円山は、札幌市中央区にある標高225mの山で、1921年に天然記念物に指定されて、ほぼ手つかずの原始林が楽しめる。
・ 登山道は2ルートあり、地下鉄円山公園駅に近い大師堂からの山道は円山八十八箇所と呼ばれるもので約1kmある。もう一つは、円山動物園の裏から西の尾根を登る0.7kmの道を登る。
・ 円山は低い手ごろな山として夏には大人と子供がよく登る。札幌市内の小学校や幼稚園の遠足で登ることもある。
・ 冬は雪が積もるので、毎年5月が山開き、10月が山納めとなる。
・ 天気が良いと、頂上から札幌市街を一望できる。
(札幌市建設局みどりの推進部みどりの推進課)
画像
















○ 4月17日の様子
・ 札幌市中島公園からランニングで西へ向かって、界川交差点を北へ向かって、円山の動物園裏ルートに向かった。
・ 動物園裏に入っていくのは細い道なのでわかりにくい。
・ 少し進むと、登山道の案内板があった。
  (16:04 動物園裏) (16:05 登山道入口)
画像画像



















・ こちらは陽が当たるので、雪はなくて歩きやすかった。小さな子供や高齢者も歩いていた。
・ 道脇には小さな花が咲いていた。
・ あまり険しい所はないので、比較的歩きやすい。
 (16:11)                    (16:17)
画像画像



















・ 頂上近くに来ると、少し険しい所はあるが、まもなく建物が見えてくる。
 (16:18)                   (16:20)
画像画像
















・ 頂上は岩場になっていて、札幌の市街地を一望できる。
・ この日は時間が遅かったせいか、誰もいなかった。
画像




















・ 下山は、八十八箇所ルートを降り始めたが、北斜面で陽当たりがないせいかまだ雪が残ってい。さすがにランニング靴では滑って転びそうで怖かったので、引き返して、登山したコースを下ることにした。
 (16:27)                (16:29)
画像画像




















・ 再び、動物園裏ルートに戻って、下り始めた。
・ 下り坂で加速がついて、登山口に戻ったのは16時40分だった。
・ 混んでいなかったので、下山は10分ほどだったが、ここで踏ん張ったために、太ももにキツイ筋肉痛が出てしまったのはまずかった。
・ 大都会の真ん中にこんな自然が残っているのは素晴らしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック