('19-068) 夜7kmラン-北九州マラソン2019 を走った(その6)

2019年3月8日(金)、晴れ、1℃~12℃

・ 昨夜の雨は上がって、今朝はスッキリ晴れて冷え込んだ。
・ 丹沢山系の斜面は真っ白になっていた。昨夜は雪がかなり降ったようだ。
・ 日中も晴れたが、北風が強く吹いて、やや肌寒かった。
   (7時)                  (12時半)
画像画像












 





◎ 夜7kmランニング 
・ 20時05分、晴れ、5℃、北風が強くて肌寒かったので、出だしはいつもより速めのペースになった。
・ 寒さで右肩の痛みがジンジンした。
・ 3㎞からペースアップして、4㎞から全力走に入った。
・ 4~6㎞でようやくキロ4分20秒を切ったが、6km以降は完全にバテた。
(1km)5分19秒  (2km)10分26秒[5:06]  (3km)15分21秒[4:55]
(4km)20分01秒[4:40] (5km)24分15秒[4:14] (6km)28分33秒[4:18]
(7km)33分29秒[4:56]

◎ 北九州マラソン2019 を走った(その6)
  【NO.'19-054より続く】
・ 2月17日(日)の北九州マラソン2019 は、9時にスタートした後、ついに40㎞を通過した。
(5km) 24分01秒  (10km) 46分27秒 (15km) 68分58秒
(20km) 91分46秒 (25km) 114分41秒 (30㎞) 138分01秒 
(35km) 161分45秒 (40km) 186分22秒

○ 40km~ゴール
・ 【35~40km】ラップは24分37秒でキロ4分55秒に落ちた。
・ 左足指がジンジン痛くて呼吸も苦しかったが、40㎞通過が3時間6分22秒で、このまま行けば3時間17分前後でゴールできると思って頑張った。
・ ゴールは3時間16分40秒(ネット)で、自己ベストを8分も更新できた。
(41㎞)190分59秒[4:37] (42km)195分37秒[4:37]
(ゴール)196分40秒
 (42㎞前)                (ゴール前)
画像画像





















○ ゴール後
・ ゴール後、完走記念のメダル、タオル、ヴァーム、メロンパンを受け取って、ゴール地点に隣接する西日本総合展示場内の更衣室で着替えをした。
画像画像画像






















・ 更衣室隣のEXPO会場を見ていると、ちょうど表彰式が始まった。
・ 会場の外で、陸上自衛隊小倉駐屯地の豚汁サービスをいただいて、美味しかった。
画像画像


















○ 感想
1. 大都市主催のマラソン大会だけあって、前日の受付からゴール後の対応まで、手際よく行き届いていた。
2. マラソンコースも、苦手なアップダウンが少なくて、景色に変化と見どころがあって良かった。タイムが出しやすいコースだろう。
3. 沿道の25万人もの市民たちの声援も長いコースにわたって途切れることもなく、素晴らしかった。 
4. 今回自己ベストを出せた要因
・ 数々の懸念材料があったが、幸運にも今回は顕在化しなかった。
① コースは、前半に多少アップダウンがあるが、体力的にきつくなる後半がフラットで良かった。
② 天候は30㎞前後の門司港駅付近で強い向かい風があったが、全般的には穏やかで良かった。
③ スタート直前にトイレを済ませられたので、レース中の立ち寄りがなくて良かった。
④ 給水を5kmごとにとったので、脱水症状にならず、多少の休憩にもなった。タイムロスは各10秒くらいにとどまった。
⑤ スタート前の食事と栄養ゼリー2袋で、30㎞からのガス欠を回避できた。
⑥ 右足中指の突き指を保護するため、つま先をテーピングした。それでも痛くなったが、血豆になるような最悪の事態は回避できた。
5. 今回のタイムは幸運が重なったためで、一つでも条件が違えば、昨年の2回のレースのように、3時間40~50分台の結果になってしまうだろう。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック