('19-038) 夜7kmランニング-JRA東京(府中)競馬場に行った

2019年2月6日(水)、雨/曇り、3℃~9℃

・ 北海道周辺に低気圧があって、と前線が通過して雨が降った。深夜には気温が下がってミゾレや雪になった。
・ 今朝、東京ではスッキリ晴れたが、高尾山の山肌は真っ白になっていた。
・ ここから高尾山は10km位しか離れていないが、標高が100m違うと気温はかなり低くなるようだ。
・ 高尾山にこれだけ雪が積もると、2月3日の節分祭が大変だな。
 (7時)                  (9時)
画像画像
















◎ 夜7kmランニング 
・ 20時、曇り、4℃、北2m/s。日中の雨はやんだが、路面は湿っていた。
・ 風は弱かったが、靴のつま先が湿ってきて、足の指先がかじかんで感覚がマヒした。
・ 出だしは肌寒くてゆっくり出たが、徐々にペースアップしていった。左ひざに痛みが出た。
・ 3kmから全力に近くなって、4㎞から全力走した。
・ 4㎞~5kmで頑張ったので、5㎞から呼吸が苦しくなってバテた。
(1km)5分25秒  (2km)10分25秒[5:01]  (3km)15分16秒[4:50]
(4km)19分53秒[4:37] (5km)24分02秒[4:08] (6km)28分14秒[4:11]
(7km)32分47秒[4:33]

◎ JRA東京(府中)競馬場へ行った

・ 2月3日(日)12時50分、東京都府中市にあるJRA東京競馬場に入場した。競馬開催日は入場料200円。
画像












・ 第6レースの発走が13時というので、慌てて馬券を買った。何も出走馬に関する情報はなかったので、内枠でオッズが8倍位だった3番人気の2枠「スピーナ」を単勝で1枚100円買った。
・ スタンド前の立見エリアの最前列(レースコース脇)に出て大観覧席を見渡すと、かなり観客で埋まっていた。
・ この日は、東京競馬場の第1回開催(1/26~2/17)の2週目だった。
画像画像

















・ すぐに16頭の競走馬はゲートインをしていったが、1頭だけなかなか入らず、興奮している馬がいた。このレースは3歳馬の新馬戦で、慣れていない馬がいたようだ。
・ スピーナは、スタートから前方で走って、第3コーナーでは先頭を走っていたが、最後の第4コーナーでは見えなくなった。
画像画像



















・ 結局、スピーナは14着だった。
・ 後でレース結果を見ると、「上がり3ハロン」のタイムが出ていた。1着馬は34秒2で16頭中最速だったが、スピーナは38秒1もかかっていた。
・ 通常の競馬レースでは、中盤までスローな流れで行って、最後の上がり3ハロンの直線の瞬発力で勝負するようになっている。
・ 競走馬は通常1ハロン(200m)を11秒後半で走り、上がり3ハロンは32秒台から33秒台前半はでるそうだ。
・ 一般に競走馬が全力で走れる限界時間は40秒足らずなので、この上がり3ハロンのタイムはその競走馬の全力での走破能力を表すものとなる。
・ 陸上競技の中長距離レースやマラソンでも、最後のスパート能力が重要だ。
画像















・ レースの後は、痛んだ芝生の養生が行われた。
・ 勉強になった。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック