('19-059) 夜7kmラン-東京製菓学校「第56回菓子祭」

2019年2月27日(水)、曇り、5℃~12℃

・ 朝からどんより曇って、気温はあまり上がらなかった。
・ 日中も曇り空が続いたが、夜には雨も少し降った。
   (7時:八王子)              (9時:赤坂)    
画像画像
















◎ 夜7kmランニング 
・ 20時10分、雨/曇り、7℃、微風。
・ 走り始めると、雨が降って本格化したので、最初から速いペースで走った。
・ 雨が降り続くので3㎞でやめようと思っていたが、3㎞で雨がやんだので、そのまま走り続けた。
・ 2月17日のマラソンの影響はなくなったが、右肩痛は続いている。
・ 3㎞すぎからペースアップして、4㎞から全力走に入った。4-5㎞はまあまあだったが、5㎞から完全にバテた。
(1km)5分17秒  (2km)10分17秒[4:59]  (3km)15分09秒[4:52]
(4km)19分48秒[4:39] (5km)24分00秒[4:11] (6km)28分16秒[4:16]
(7km)33分07秒[4:50]

◎ 東京製菓学校「第56回菓子祭」へ行った

・ 2月22日(土)と23日(日)、高田馬場駅の南東にある東京製菓学校で第56回菓子祭が開催された。
・ 東京製菓学校には洋菓子・和菓子・パンの学科があり、それぞれの分野でプロを養成している。
・ 菓子祭では、目の前で製作実演・デモンストレーションが行われる「実演コーナー」、手づくりの美味しいお菓子やパンを特別価格で販売するコーナー、来場者がお菓子やパンをつくり、できた製品をお土産として持ち帰り可能な「体験コーナー」、オリジナルのスイーツやパンが味わえる「イートインコーナー」、在学生や講師陣がアートのように作り上げた作品を展示する「作品展示コーナー」など、見所と食べ処が満載だ。

・ 22日の正午頃、東京製菓学校を訪問した。
画像・ イートインコーナーや販売コーナーなどは入場制限が行われたり、順番待ちの行列ができていた。
・ 特に販売コーナーは開始の10時前に長い行列ができて、午前中で売り切れてしまうほど好評だ。校舎の外ではパンなどを買物袋にいっぱい詰め込んで帰る人たちを見かけた。









・ この日は作品展示コーナーを見てまわった。
・ 洋菓子科は、チョコレートを主な素材で「おもちゃの国」を製作した。独創性があって、お菓子の国のイメージが湧く作品だ。
(洋菓子科)
画像















・ 和菓子科2年生の大作は、梅や桜の花が1枚、1本に至るまでとても繊細に製作されていた。素晴らしい作品だ。
 (和菓子科)
画像














画像
















・ パン科の大型作品も、パンでできているとは思えないカラフルな出来栄えで、見ごたえがあった。
  (パン科)
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック