('19-048) マラソン前の食事:カーボローディング

2019年2月16日(土)、晴れ、1℃~13℃

・ ようやく寒気が北上して、東京では気温は大幅上昇して10℃を超えた。



○ 羽田空港から北九州空港に向かった
・ 朝6時半、自宅を出発して、羽田空港に向かった。
・ 9時10分、羽田空港を出発して、11時すぎに北九州空港に着いた。
・ 北九州市ではどんよりした曇りで肌寒かった。
・ 体調悪いし、走る意沸かないな。
・ 明日の北九州マラソンの受付に向かった。

◎ マラソン前の食事:カーボローディング

・ 昨年走った2回のフルマラソンでは、ともに30㎞付近で疲れて、走り続ける体力も気力も失って歩いてしまった。
・ 今回は、しっかりとカーボローディングをして走り切るエネルギーを蓄えようと思った。

○ カーボローディングとは
・ 体を動かすエネルギー源である糖質を、マラソンレースのためにできるだけ体内にため込んでおくための食事の摂り方。
・ 食事により摂り込んだ糖質は、筋肉や肝臓にグリコーゲンとして貯蓄される。
・ 長時間の運動で血中のグルコースが失われていくと、グリコーゲンが血液中に放出されグルコースとなってエネルギーとして使われていくので、終盤にエネルギー切れを防ぐため、レース前にカーボローディングを行い、エネルギー源の貯蓄を増やしておく。
・ カーボローディングによって筋肉中のグリコーゲンは約2~3倍、肝臓には約2倍に増やすことができるという。

○ 3日前から
・ ご飯・パン・うどん・もちを中心に、鶏肉、豆腐みそ汁、納豆、バナナ、リンゴ。
・ 間食に、大福、カステラ
・ 他方、脂肪分の多い料理、繊維質の野菜、生ものなどは食べない。利尿作用のあるカフェイン入りコーヒーやお茶は飲まない。
画像画像画像
























○ 日曜日(大会当日)の予定

・ 予定はこんなものだが、実際は無理か。
・ ゼリー飲料を3つ用意
(6時)  ご飯、餅、バナナ、リンゴ
(8時)  おにぎり、カステラ、バナナ、ENERGY10秒チャージ
(8時30分) AMINOVITAL SUPER SPORTS
(直前) クエン酸キャンディー
(レース中) 
・ 給水をできるだけ取る
・ 20㎞付近で、AMINOVITAL PERFECT ENERGY を摂る
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック