('18-275) 夜7kmラン: 第13回掛川・新茶マラソンを走った④

2018年10月1日(月)、晴れ、26~30℃

○ 台風24号の台風一過
・ 深夜に通過した台風24号によって、八王子では午前0時頃、瞬間風速45.6㎞/sを記録した。
・ 台風一過で朝はスッキリ晴れていたが、首都圏の鉄道網はひどく乱れた。
・ 京王線は代田橋駅付近で、中央本線でも四ツ谷駅付近で倒木のために不通になった。
・ このため、JR八王子駅から新宿駅まで中央本線で行って、地下鉄丸ノ内線に乗ったが、電車は大混雑だった。時間は1.5倍かかった。
・ 日中は気温が上がって、東京都心で33℃になった。
   (6時)                 (7時半)
画像画像
















◎ 夜7kmランニング

・ 19時10分、気温25℃、微風。
・ 気温は高く、走り出すと汗をかいた。
・ 出だしから速めに走ったが、左脚付け根が痛かった。
・ 全力走は4km-5kmは4分06秒だったが、5-6㎞は息切れして4分13秒になった。
(1㎞) 5分17秒  (2㎞)10分14秒 (3㎞)15分05秒 
(4km)19分44秒 (5km)23分52秒 (6km)28分06秒 (7㎞)32分52秒
             

◎ 2018年第13回掛川・新茶マラソンを走った④

(35㎞~ゴールの起伏図)
画像・ 4月15日に走った第13回掛川・新茶マラソンは、20~25㎞の強風と25㎞からのアップダウンで体力消耗して、30㎞では完全に失速し、上り坂では歩いて35㎞までやってきた。【NO.18-272 より続く】
・ (30km~35km)は31分13秒(キロ6分12秒)もかかった。








○ 35~40km
・ 35km通過は183分03秒で体力消耗が激しく、しかも、雨がまた降りだして、突き指で変形している右足中指が靴のつま先がジンジン痛くなった。
・ 35kmすぎで、私設メイド喫茶でコーラを飲んでホッとした。
・ ここから下り坂を走って、36km手前から37km半ばまでの約1kmの急坂は少し走ったり速足歩きで何とか5分台をキープした。
・ 37km半ばから39kmまでの急な下り坂では右足の痛みで感覚マヒになってきた。
・ 39.5kmのフルーツステーションでオレンジを食べて気を取り直して、トンネルをくぐりぬけて、最後の上り坂へ向かった。
・この5kmは、上り坂は速足歩き、下り坂と平坦地は走るというパターンで前30~35kmより若干ペースアップした。
(40km通過)212分40秒[5分57秒] (35km~40km)27分59秒(キロ5分36秒)
(36km)? (37km)193分36秒[10分31秒] (38km)201分35秒[7分59秒]
(39km)206分42秒[5分06秒] (40km)212分40秒[5分57秒]
 (35kmすぎ)           (39.5kmフルーツステーション) 
画像画像


















○ 40km~ゴール
・ 40~41kmは茶畑の間の小さなアップダウンがあるので、また体力消耗して、つま恋への入口トンネルを通過した。
・ トンネルを出ると、ラスト1kmの急な長い上り坂が始まる。
・ 上り坂では、ランはあきらめて、速歩きで上っていった。
・ あと少しで上り坂が終わる前に、元気キッズ達が声援と応援ランをしようと待ってくれていた。
・ 苦し紛れにハイタッチをして、ようやくラスト300mほどをヨレヨレになってゴールに着いた。
・ タイムは、かろうじて3時間50分を切った。
(41km)219分17秒[6分36秒] (42.195km)229分06秒[9分49秒]
 (41km手前)         (ゴール:つま恋園内)
画像画像


















○ ゴール後
・ 記録表と参加賞のタオルとお茶とスポーツドリンクを受け取った。
・ サービステントで食べたバナナとイチゴは美味しかった。
画像画像














◎ 反省
・ 昨年の第12回掛川・新茶マラソンは、後半の30㎞前で失速して3時間38分もかかった。今回は、その失敗を繰り返さないように準備したつもりだったが、それより11分もタイムを落としてしまった。
1.前回の失敗はレース前とレース中の栄養補給の失敗が原因だと思ったが、今回はレース前夜からスタート直前の食事がメチャクチャだった。
2.スタート時間に遅れたこともあって、スタート後5㎞を速いペースで走ったので、体力を消耗してしまった。
3.海岸付近の風雨で体が冷えると思い、昨年のしまだ大井川マラソンを参考に、大きなビニール袋をかぶって走った。中盤までの風除けには良かったが、後半に晴れてきた後も外さずにいたので、逆に暑くなって体力を消耗してしまった。25kmで捨てるべきだった。

◎ その後
・ 4月29日の長藤マラソン10㎞は41分台でベストタイだったが、6月17日の西湖ロードレース19.8㎞は中盤でガス欠になって、前年より10分もタイムを落とした。
・ 結局、2018年前半の長距離レースは惨敗だった。
・ 10月28日のしまだ大井川マラソンは体調面でも不安がいっぱいだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック