('18-249) 夜7kmラン: 相模原市総合防災訓練へ行った

2018年9月5日(水)、曇り/晴れ、24℃~34℃

・ 猛烈な勢力の台風21号は日本海北方に過ぎ去ったが、近畿地方を中心に甚大な被害が生じた。
・ 全国的には、台風一過で気温が上がり、真夏日(最高気温30℃以上)は429地点になった。
・ 東京では、朝方は曇りだったが、暖かい南風が入ってきて晴れて気温が上がった。八王子は33.6℃で全国8位の暑さになった。都心でも32℃を記録した。
・ 久しぶりにきれいな夕焼けになった。
 (12時半)            (18時半)
画像画像














◎ 夜6kmランニング
・ 19時55分、晴れ、28℃、微風。
・ 蒸し暑くなって走り出すと汗が噴き出た。
・ 2kmまで体が重くてキロ5分半もかかって、4㎞まででようやくキロ5分を切った。
・ 4㎞kら6kmまで全力走したが、4~5kmで体力を使い切って、5-6kmはバテタ。
(1km)5分34秒  (2km)10分58秒  (3km)15分56秒
(4km)20分39秒 (5km)24分49秒 (6km)29分14秒 (7km)34分23秒


◎ 相模原市総合防災訓練へ行った

・ 9月2日(日)11時半、相模原駅北口から徒歩10分ほどで相模総合補給廠一部返還地に着いた。
・ 入口に給水所があって、アサヒ飲料のペットボトル(茶、サイダー、カルピスなどから選択)をもらった。
・ ここで相模原市総合防災訓練が行われていたが、着いた時にはすでに閉会式になっていた。
画像画像












○ 相模原市総合防災訓練とは
・ 午前10時から11時30分まで、自治会をはじめ、自衛隊、在日米陸軍、警察、医療機関ほか、九都県市の各消防機関ら約100機関および団体、2千人が参加して、相模原市を震源域とする直下型の大規模地震の発生を想定した総合防災訓練(兼九都県市合同防災訓練)が行われた。
・ 午前10時に市直下を震源とする地震発生を想定した会場アナウンスを合図に、発災直後の1分間にとるべき3つの行動として市が推奨している「さがみはら1分間行動訓練」を一斉に実施。
・ 続いてエリアごとに防災関係機関が連携して様々な訓練が行われた。
  (閉会式)
画像画像




















○ 防災フェアの開催
・ 防災訓練の会場横では、33の機関・団体による様々な防災展示・体験コーナーが設けられていた。
・ 陸上自衛隊第4施設群の81式自走架柱橋(崩壊した橋や陥没した道路等に応急的に橋を架けて車両等を通過させる)に乗ったが、さすがに頑丈だ。
画像画像














・ ALSOKのドローンによる上空からの災害状況把握システム(ドローンで撮影して地上のパソコンモニターに映し出す)
・ 神奈川県営水道による水の缶詰をもらった。やはり、災害時には水がもっとも大切なので、ふだんからストックしておく必要がある。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック