('18-226) 夜6kmラン: 座間ひまわり-八王子23kmラン(後半)

2018年8月13日(月)、晴れ、25℃~34℃

○ 猛暑復活も、午後は雷雨
                   
 (9時)              
画像・ 東京では早朝は晴れていたが、大気不安定になって黒い雲が流れてきた。
・ 昼すぎから東京多摩地方から都心に雷雲が流れてきた。一時的に激しい雷雨が通過していった。
・ JR青梅線では大雨で午後1時頃から運休になった。






○ 京王線が一時不通
(新宿駅)
画像・ 夕方には都心では雨は弱くなったので、新宿駅から京王線に乗ろうとすると、信号点検で調布駅-東府中駅間が不通になっていた。
・ 振替輸送でJR新宿駅中央本線のホームに行くと、新型あずさ号が停車していた。
・ 快速列車に乗って八王子に向かった。






◎ 夜6kmランニング

・ 20時05分、気温28℃、西風3m/s。
・ ゆっくり走り出したが、体がダルクてしんどかった。
・ 左脚付け根の痛みと体調不良でキロ5分を切るのが難しかった。
・ 4~6kmの全力走をしたがスピードはでなかった。
(1㎞) 5分45秒 (2㎞)11分04秒 (3㎞)16分23秒 
(4km)21分22秒 (5km)25分43秒 (6km)30分05秒
(6.3km)31分57秒

◎ 座間ひまわり-八王子23kmランニング(後半)

・ 8月11日(土)、座間市ひまわりまつり会場から八王子へ走った。【18-224より続く】

○ 相模川沿い

・ 11時20分、座間会場から出発して、ランで八王子へ向かった。
・ 会場から西へ少し行くと、相模川堤防の遊歩道へ出たので、上流に向かった。
・ すぐに県道42号の座架依橋に着いた。この河川敷に駐車場が用意されていたが、かなり埋まっていた。
・ 座架依橋から少し走ると、5月GWに行われた 「相模大凧まつり」の新戸会場に着いた。
・ ここからは、今年5月4日に八王子までランで帰ったコースなので、道に迷う心配はなかった。
・ また、堤防遊歩道は樹木に覆われて日陰になっていたので助かった。
・ その後、相模川堤防を北上して、磯部頭首工に来ると、堤防上の樹木がなくなって日差しを浴びて、ダメージが大きくなり、ほとんど歩いて、たまに走るというパターンになった。
・ 三段の滝の上に出た時には、体力の余裕は全くなくなっていた。
(6kmひまわりまつり座間会場)98分~120分 (10.1㎞三段の滝上)160分
 (座架依橋)                (相模川堤防)
画像画像














 (磯部頭首工)            (三段の滝上から相模川)
画像画像














○ 座間~相原駅

・ 座間から県道40号に沿って八王子へ向かった。
・ 日差しを浴び続けて、ノドが渇いてヨタヨタ歩いて時折走った。キロ10分ペース。
・ 作ノ口交差点から国道129号に入って、橋本に向かった。
・ 途中で、避暑のため、ケーズデンキに立ち寄った。
・ 橋本五差路から国道16号に合流して、横浜線の踏切に向かった。
・ ファミリーマートでガリガリ君を買って、クールになったが、食べ終わった後に余計に疲れる感じがした。(だから、いつもは食べないのだが、今回は我慢できなかった)
・ 横浜線踏切に着くと、正面の丘の上を黒雲が覆っていた。ということは、八王子駅の上方に雨雲があるということだ。
・ ここから八王子駅まで8㎞ほど走る予定だったが、そんな余裕はないので、最寄りの相原駅から横浜線電車に乗ることにした。
(13.4km上番田)190分20秒 (15.4km上溝)207分30秒
(18.6㎞橋本五差路)239分20秒 
  (作ノ口交差点)          (横浜線:国道16号跨線橋)
画像画像



















○ 相原駅~八王子駅方面

・ 相原駅で電車を待っていると、少し雨がパラついてきた。
・ 電車がトンネルを通って八王子みなみ野駅に近づくと、もう土砂降りになっていた。
(18.6㎞橋本五差路)239分20秒 (21.9㎞相原駅)270分10秒 
画像画像
















・ 雷雨なので、30分も待てば雨はやむだろうと思ったが、あと2㎞弱なので、雨中ランをすることにした。
・ 雨はますます強くなって、昨年のしまだ大井川マラソンと同じような土砂降りランになった。湯殿川も濁流になっていた。
・ 暑さで参っていたが、今度は肌寒くなった。今季最悪のランになった。
・ 到着後、10分ほどで雨はほとんどやんだ。
(21.9㎞片倉駅)277分30秒 (23.4km)312分
 (JR片倉駅北口)               (湯殿川)
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック