('18-149) 夜6kmラン-ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ2018

2018年5月28日(月)、曇り、16~26℃
 (7時)    
画像・ 今日、九州北部と四国が梅雨入りしたようだと発表された。平年より8日早く、昨年より23日早くなった。
・ 東京では、朝はどんより曇り空が続いた。
・ 日中は気温が上がったが、まだ湿度は低く、蒸し暑さは本格化していない。








◎ 夜6kmランニング

・ 19時15分、気温22℃、南東3/m。
・ 土日の長時間ランで下半身はだるかった。足裏と両ひざ外側の痛みが出ていた。
・ その後もペースは思うように上がらなかった。
・ 4㎞から全力走をしたが、最初から疲労感があって呼吸も苦しく、タイムはキロ4分20秒をギリギリ切ったところだった。
(1㎞)5分35秒 (2km)10分47秒 (3㎞)15分50秒 (4km)20分34秒 (5km)24分52秒 (6km)29分11秒


◎ ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ2018 へ行った

○ 「ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ」とは

・ 5月26日(土)と27日(日)、墨田区の大横川親水公園、東京スカイツリータウンのソラマチ広場などで、ご当地キャラクターフェスティバル in すみだ2018が開催された。
・ これは、墨田区・東京スカイツリータウン・地元商店街・墨田区観光協会が一体となって、ご当地キャラクターによるイベントを開催することで、東京スカイツリータウンから“タワーのある街”を回遊していただくことにより、街の魅力を伝えるとともに、全国ご当地の魅力を発信する。
・ 今年で6回目の開催となる当フェスティバルには、毎回約12万人を超える来場者がある。
・ 今年も、地元キャラクターと全国各地のご当地キャラクター総勢約100した。

○ 5月26日の様子

画像・ 12時50分、大横川親水公園の会場に着いた。
・ 遊歩道沿いの細長い会場には、52のご当地キャラブースが設置されて、熱心なPRが行われていた。
・ 公園北側のステージでは、10分刻みでキャラクターが登壇して、パフォーマンスを行った。









・ その時、登場していたキャラクターでは、「しまねっこ」と「みきゃん」がなかなか良かった。
・ 「しまねっこ」は、公益社団法人島根県観光連盟の公認島根県観光キャラクター。
・ 「みきゃん」は、愛媛県庁のイメージアップキャラクター。
・ ともに、可愛い系の正統派ご当地キャラクター。
画像画像



















・ その後に、群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」が来た。さすが、不動の人気を誇っていた。
・ キャラクターの世界も競争は厳しい。
画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック