('18-038) 夜8kmランニング-しもきた天狗まつりへ行った

2018年2月6日(火)、晴れ、-3℃~5℃           
                        
 (7時) 
画像・ 日本海側に強い低気圧が居座って、今日も日本海側で大雪になった。
・ 北陸では数年に一度の記録的な大雪になっている。
・ 東京でも、今シーズン15回目の氷点下、14日連続の最高気温10℃未満となった。
・ 八王子でも、朝からスッキリ晴れて富士山もきれいに見えたが、日中も気温は上がらなかった。



◎ 夜8kmランニング

・ 19時55分、2℃。冷え込んでいたが、風は弱かった。
・ ゆっくりペースで走り出したが、靴底が薄くなっているので、足裏やヒザに響かないように慎重に走った。
・ 1kmから少しペースアップしたが、中盤には疲れてしまった。
・ 5kmからペースアップしていって、ラスト2㎞全力走をしたが、最後は完全にバテた。
(1km)5分07秒 (2km)10分00秒 (3㎞)15分00秒 (4km)19分45秒
(5km)24分35秒 (6km)29分12秒 (7㎞)33分21秒 (8㎞)37分42秒


◎ 「しもきた天狗まつり」へ行った

・ 2月3日(土)14時すぎ、下北沢駅北口の商店街に着くと、通りは人でいっぱいになっていた。
・ しばらくすると、通りの東側からホラ貝を鳴らし、ドラ、太鼓をたたきながら山伏と僧侶が歩いてきた。
・ その後から、小天狗と大天狗がやって来た。

○ しもきた天狗まつりとは

画像・ しもきた天狗まつりは、下北沢駅北口にある曹洞宗大雄山真龍寺が、守護である道了薩(天狗のこと)をお祀りしていることから、北沢一番街商店街振興組合を中心に、下北沢商店連合会、世田谷区、中・小学校、地元企業などと協力して代々受け継がれている「下北沢の節分祭」。









画像・ 通りが混雑していたので、商店街の北西の端にとどまって見ていると、天下一天狗道中の一行がやって来て、店の前で口上を行った。
・ 天狗様は、家内安全・商売繁盛・厄除開運・合格祈願などの願い事をすべて聞き入れてくれるという神様だ。
・ 大天狗の下駄は一枚刃で立っているのが難しい。














・ 挨拶が終わった後、山伏・福男・福女が御利益のある福豆をまいた。
・ 下北沢の節分祭では、「福は内」を3回唱え、 「鬼は外」とは言わない。
・ 幸運にも、福豆を拾った。
画像画像















・ 大きな天狗のお面が練りまわっていた。
・ 通りは混雑していて、なかなか前に進めなかった。
・ 見どころの多いお祭りだ。
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック