( '17-202 ) 夜4kmランニング-大國魂神社すもも祭りへ行った

2017年7月20日(木)、晴れ、23~32℃
           
(7時)                
画像・ 東京は昨日梅雨明けした。
・ 朝方は雲があったものの、昼頃にはおおむね晴れて暑くなった。
・ 八王子では、30℃を超える日が続いている。







◎ 夜4kmランニング

・ 20時20分、気温26℃、南風5m/s。
・ 夕方、府中の大國魂神社へ立ち寄ってきたので、出発時間が遅くなった。
・ 風があって走りやすかったが、疲れと右肩痛でペースは上げられなかった。
・ ゆっくりペースで走って、ラスト700mほどを全力走したが、右腕がだるく、息も切れて、タイムはあまりよくなかった。
(2km)9分50秒 (3km)14分21秒 (4km)18分23秒


◎ 大國魂神社の「すもも祭」へ行った

○ すもも祭とは
・ 毎年7月20日、府中市に所在する大國魂神社境内で、夏の風物詩として「すもも祭」が斎行される。
・ すもも祭の起源は、源頼義・義家父子が、奥州安倍氏平定(前9年の役)途中、大國魂神社に戦勝祈願をし、戦に勝ち凱旋の帰途、戦勝御礼詣りをした際、神饌の一つとして李子(すもも)を供え、境内にすもも市がたつようになったという。

○ 境内の様子

・ 18時、京王線府中駅から大國魂神社へ向かった。
・ 参道には、約120軒の露天商が軒を連ね、参拝者でにぎわっていた。
画像画像














・ 本殿に近い場所で、たくさんのすももやソルダムなどが売られていた。
画像画像
















・ 神社では、この日限定で、五穀豊穣・悪疫防除・厄除の信仰をもつ「からす団扇」「からす扇子」が頒布されていた。
この扇で扇ぐと、農作物の害虫は駆除され、病人は直ちに平癒し、玄関先に飾ると魔を祓いその家に幸福が訪れるといわれる。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック