( '17-111 ) 夜5kmラン - シャクナゲの花が咲いている

2017年4月20日(木)、晴れ、7℃~20℃
                    
・ 朝は冷え込んでスッキリ晴れて、久しぶりに冠雪の富士山がハッキリ見えた。
・ 昼にかけて気温は上昇し、さわやかな春の陽気になった。
・ 都心では昨日まで4日連続で最高気温が25℃を超える夏日となったが、今日は北西風が強くなって20℃をわずかに上回る程度の平年並み気温になった。
・ 桜並木は花が散った後、緑一色になった。
・ 新緑の季節到来だ。
 (7時)    (12時半)
画像画像












◎ 穀雨
・ 4月20日は、二十四節気の「穀雨」にあたる。
・ 穀雨の頃には、春も終わりに近くなって、けむるような春雨が降る日が多くなる。
・ この雨が田畑を潤し、穀物などの生育を助けてくれる。


◎ 夜5kmランニング
・ 19時50分、気温12℃、北西4m/s。
・ 足親指付け根の痛みが続いているが、昨夜4kmを走って、今日の痛みはそれほどひどくならなかったので少し安心した。
・ 今夜は6km走りつもりで出たが、すぐにトイレに行きたくなって、ようやく5kmまで行った。
(2km)9分47秒 (4km)19分19秒 (5km)23分52秒


◎ シャクナゲ(石楠花)の花が咲いている

・ 今、ピンクの大きい花がきれいに咲いている。
・ 4月初めにはまだツボミだったが、先週から次々と咲いてきた。
・ 花の形はツツジに似ているが、ツツジより花も葉っぱも大きい。
 (4月17日)                  (4月18日)       
画像画像





















 (4月20日)                  
画像













○ シャクナゲの花
 (4月18日)
画像・ これは、シャクナゲ(石楠花)だ。
・ シャクナゲは、ツツジ科ツツジ属に属しツツジに非常に近い種類だが、ツツジは葉が小さく落葉するが、シャクナゲの葉は常緑で大きく厚みと光沢があり、寒い冬にも枯れない。
・ シャクナゲは高山植物なので、暑さと過湿を嫌う。
・ 暑くなる前の春に、美しい大きな花を房状に咲かせるので、「花木の女王」や「花木の王様」とも言われている。
・ シャクナゲは、咲いている花姿が美しく、低木で育てやすいことから、庭木として人気がある。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック