( '17-011 ) 夜10kmランニング - 浜松城へ行った

2017年1月10日(火)、晴れ、0℃~12℃

・ 朝からスッキリ晴れて風も弱く、昼にかけて気温は上昇した。
・ 日中は日差しが暖かく、早くも梅の花が咲き始めていた。
・ しかし、北日本には今季最強の寒波が到来して大雪になっている。
・ 明日は、関東でも厳しい寒さになるようだ。
 (7時半)                (12時半)
画像画像













◎ 夜10kmランニング
・ 19時50分、気温は5℃だが、西風4m/sがあって寒いので、着込んでスタートした。
・ 明日からまた走れない日が続くので、夜ランの距離を延ばした。
・ 出だしから左ヒザ外側に痛みがあってスローペースにしたが、2kmから右足付け根が重くなって、5kmから両ヒザ外側が痛くなった。
・ 出だし2kmは5分/kmペースだが、3kmからは4分40秒前後/kmで走った。
・ 6kmから呼吸が苦しくなって、寒さでトイレに行きたくなった。
(2km) 10分01秒 (4km)19分27秒 (6km) 28分37秒
(8km) 37分50秒 (10km)46分55秒


◎ 浜松城へ行った

○ 浜松城公園について

・ 浜松城は、浜松駅の北西1.5kmの市内中心地に所在している。
・ 現在の浜松城天守閣は、1958年に市民の浄財によって再建された。
・ 1970年、浜松城公園が子供博覧会の開催と動物園の開園を契機に開設された。この頃の動物園に行った記憶がある。
・ その後、1977年に昭和天皇在位50年記念公園として再整備され、1978年に市民プール、1983年に動物園が移転されて、浜松城の景観にふさわしい日本庭園や作左の森等が完成し、現在の浜松城公園となった。

○ 浜松城に行った

・ 1月8日(日)11時すぎ、ホテルコンコルド浜松の南側にある浜松城公園駐車場に入った。広くて無料がうれしい。
・ 駐車場から「家康の散歩道」を500mほど歩いて、浜松城の石垣の下についた。
 (浜松城公園駐車場)            (浜松城入口)
画像画像













○ 浜松城について
・ 1570年、徳川家康が29歳の時、駿府に攻め込んできた武田信玄に対抗するため、三方ヶ原台地東南端に浜松城を築城した。
・ 以後、45歳までの17年間を浜松城で過ごした。
・ この間に、戦国時代に有名な多くの戦が行われた。特に、1572年に上洛をめざした武田信玄と徳川家康が戦った三方ヶ原の合戦では、徳川軍は完敗して浜松城に逃げ延びたと伝えられている。
・ 徳川家康が駿府城に移った後、浜松城の歴代城主から江戸幕府の要職に登用される者が多かったので、浜松城はのちに「出世城」と呼ばれるようになった。中でも天保の改革を行った水野越前守忠邦が有名だ。

○ 浜松城天守閣

・ 天守閣をめざして石段を上っていくと、自然石を上下に組み合わせて積む堅固な野面積みで造られた石垣が400年を経て残っている。
・ 2014年に復元された大きな天守門を通っていくと、 浜松城天守閣がある。
・天守閣は、浜松市外の大パノラマが360度楽しめる展望台となっており、北に三方ヶ原古戦場、南に遠州灘、西に浜名湖、晴れた日には、東に富士山もくっきり見えるというが、この日は厚い雲に覆われていた。
・ 城内には歴史的資料や武具などが展示されているが、時間がなかったので城内には入らなかった。
   (天守門)                    (天守閣)
画像画像















○ 2017年NHK大河ドラマ「おんな城主伊井直虎」と浜松城

・ 天守閣の隣には若き日の家康像が建立されて、子孫たちを導いているようだ。
・ 浜松城と公園の周りには、本年1月8日から始まったNHK大河ドラマ「女城主井伊直虎」をPRする朱色の「直虎のぼり」が強風にはためいていた。
・ 今年は、浜松城と浜松市は熱く盛り上がるだろう。
・ 天気のいい日にまた訪れることにしよう。
            (徳川家康像)         (浜松城から浜松市役所)
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック