( 1013 ) 2016年第11回掛川・新茶マラソンを走った【その6】- どうなる2017年大会

2016年12月22日(木)、曇/雨、2℃~18℃

・ 強い低気圧が日本海にあって、南の太平洋側から暖かい風が吹き込んでいる。
・ 東京では、朝方は晴れて穏やかな天気だったが、前線の移動に伴って昼頃には黒い雲に覆われて雨も降りだした。
・ 気温は高く、夜も10℃以上が続いた。
・ 八王子でも午後は雨が降って、夜には9m/sの強風が吹いた。
    (7時半)               (19時)               
画像画像















◎ 雨でランニングを見送った。

◎ 2016年第11回掛川・新茶マラソンを走った(その6)
  【NO.1012より続く】

・ 40km通過は3時間20分49秒だったので、もはや目標ゴールタイム3時間30分はあきらめた。

(40km~ゴール)
・ ゴール会場の「ヤマハリゾートつま恋」に入る南口トンネルを通過した後、ラスト1kmの急坂を上らなくてはいけない。
・ すでに下半身全体が痛くてガタガタになっており、右足中指の突き指がズキズキ痛んだので、立ち止まらないことだけを目標にヨタヨタ走った。
・ ラスト500m位の地点に応援キッズがいたので、ハイタッチして元気をいただいた。
画像画像
















・ 結局、ラスト2kmを14分近くかかってしまって、ゴールタイムは3時間30分を切ることはできなかった。
画像











(ゴール後)
・ 記録証を受け取った後、スポーツドリンクと果物をいただいて一息ついた。
・ 下半身はひどい筋肉痛で、右足ツマ先はズキズキ痛かったので、歩くのがつらかった。特に、荷物を受け取るために階段を降りる時は転げ落ちそうになった。
・ 参加賞を受け取ってから、足を引きずって10分ほど歩いて連絡バス乗り場へ着いた。
・ それでも、一昨年のコースベストを5分ほど更新して、ネットで3時間34分台を出したこと、2011年の初マラソンから9回目で初めてほぼ歩かず完走することができたことはうれしかった。
・ この調子なら、秋の「しまだ大井川マラソン」には、3時間30分を切ることができそうな感じを持てた。
画像画像

















◎ 2017年の掛川・新茶マラソンは開催されるか?

・ 毎年4月中旬に掛川市で開催されてきた「掛川・新茶マラソン」には、2013年から4年連続で出場してきたので、来年もエントリーする予定だった。
・ 当初、来年の第12回大会は4月9日開催予定とされていたが、突然、スタートとゴール地点となるメイン会場の「ヤマハリゾートつま恋」が今年いっぱいで営業終了し売却されることになったため、大会の開催は危うくなった。
・ 掛川・新茶マラソン実行委員会は、当初、11月9日の会議で一定の方向性を出す方針だったが、ヤマハの売却交渉が進展していないので結論を先送りした。
・ 新聞報道によると、12月7日の会合で「17年春大会は中止」と決定する予定であったが、大会継続の要望が大きいので最終判断の期限は、つま恋の一般営業が終了する12月25日に再度延期された。

・ 掛川・新茶マラソンは、毎回、1万人も参加する一大イベントであり、大会運営もスムーズで、丘陵の茶畑から田園地帯まで変化に富んだ美しいコースで、地元の方々の応援もたくさんあって、おいしいものも食べられて、大変評判の高い大会となっている。
・ 来年は無理としても、なんとか工夫して再開できるようにしていただきたいものです。

・ 12月25日の最終決定を注目しよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック