( 1006 ) 迎賓館赤坂離宮の一般公開へ行った

2016年12月15日(木)、晴れ、-1℃~9℃

・ 朝から晴れて風も弱く、冷え込んだ。
・ 日中も晴れていたが、肌寒かった。
・ 都心高層ビルからの夜景はきれいだ。
 (12時半)                   (18時)
画像画像












◎ 懇親会でランニングなし。

◎ 迎賓館赤坂離宮の一般公開へ行った

○ 迎賓館赤坂離宮とは

・ 赤坂離宮は、明治42年に東宮御所として建設された日本における唯一のネオバロック様式の西洋風宮殿建築で、昭和49年に迎賓館として開館された。
・ 迎賓館赤坂離宮は、外国の国家元首や政府のトップ、王族など国の賓客をお迎えした時に宿泊、晩さん会、お食事会などの接遇、おもてなしなどを行う国の施設。
・ 昭和50年から昨年までは毎年夏の10日間一般公開されていたが、今年4月から通年公開になった。

○ 迎賓館赤坂離宮前庭の一般公開

・ 12月11日(日)13時半、迎賓館赤坂離宮の正門へ着いた。
・ 迎賓館の周辺道路には観光バスが縦列駐車していた。この一般公開は人気ツアーになっている。
・ 迎賓館赤坂離宮・本館を参観するためには、事前申込または当日受付(先着順)となり、一般公開では建物内部の4つの公用室を見学できる。

・ 事前申し込みはしていないが、門に入ってすぐ持ち物検査を受けて前庭を訪問した。(無料)
・ 正門から迎賓館赤坂離宮・本館までは約220mあり、両脇には庭園が広がっている。
・ 参観できるのは庭と建物の外観だけだが、荘厳な建築物を手軽に観覧できるのは素晴らしい。
画像画像



















画像









画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック