( 905) 夜6kmランニング - 目黒さんま祭りへ行った

2016年9月5日(月)、晴れ、22℃~33℃
  
    (12時半)
画像・ 台風12号は熱帯低気圧になって、日本海沿岸に沿って北上している。
・ 今日は西日本で豪雨となったが、明日はまた北日本で大雨になるようだ。

・ 東京では朝から晴れて、日中は30℃を超えて蒸し暑くなった。
・ 昼頃、東京の空は真っ青だったが、北方には大きな白い入道雲が出ていた。





◎ 夜6kmランニング
・ 19時55分、28℃、南西4m/s。
・ 土日のロング走で疲れたので、出だしはゆっくりペースで走ったが、後半はペースを上げた。
・ 呼吸は苦しかったが、まあまあの走りになった。
・ 後半はトイレに行きたくなった。
(2km)9分43秒 (4km)19分02秒 (6km)27分51秒


◎ 第21回目黒のさんま祭り へ行った

○ 第21回目黒のさんま祭りとは

・ 9月4日(日)、10時から14時の間、目黒駅前商店街で行われた。
・ 例年3万人もの来場者がある人気イベント。
・ さんま無料配布として、岩手県宮古市の新鮮さんま 7,000匹、徳島県神山市の芳醇すだち 10,000個、栃木県高林の大根(おろし)500本が用意された。
・ 品川区・目黒駅前商店街振興組合と「目黒のさんま祭り」実行委員会が主催している。

○ 会場の様子

(目黒駅東口ロータリー)
・ 9月4日(日)11時、JR目黒駅東口へ出た。
・ 駅東口ロータリーでは、テントで岩手県産さんまや徳島県産すだち販売や商店街ワゴンセール、くじ引き抽選会、ステージ踊りなどが行われていた。
 (駅前ふるさと産品販売)
画像画像






















(さんま無料配布)
画像・ 目黒駅南東の目黒通りへ行くと、片側車線が通行止めにされてさんまの煙が立ち上っていた。
・ 無料配布は10時から始まるが、開始前に大行列ができるので、待ち時間は最低2時間と言われている。しかも昨年は午前10時15分に新規の行列は打ち切られたという。
・ 今年の会場では「2時間半待ってさんまを受け取った」という話を聞いた。
・ なぜこんなに並ぶのだろうか?









(さんま焼の流れ)
画像・ 三陸から届けられた生さんまに塩を振る。








・ 炭火コンロでさんまを焼く。
・ さんまを並べてひっくり返す人とウチワであおる人がいる。
・ 煙がすごいので、ゴーグルをつけている。
・ 焼きあがると、あぶって殺菌した笹葉を乗せた紙容器に、さんまを載せて、客に配る。
画像画像





















画像・ 客は、焼さんまの隣に、すだちと大根を受け取る。















画像・ おいしそうな「目黒のさんま」の出来上がり。お見事!










画像・ 隣接した路上のテーブルで食べる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック