( 881 ) みなみ野・造形大13kmランニング - セミの抜け殻を見た

2016年8月12日(金)、曇り/晴れ、23℃~31℃

・ 午前中は曇りですごしやすかったが、午後は日差しが出てやや蒸し暑くなった。

○ リオ・オリンピックで日本選手団大活躍
・ 今週のテレビマスコミ報道は、リオ・オリンピックでの日本選手の活躍で一色になっている。
・ 栄光のメダリスト達は、生まれつきの才能だけでなく、10年以上にわたる日々の努力と研鑽の結果だろう。周囲の支援も含め感動する。

◎ みなみ野・造形大13kmランニング
画像・ 17時、28℃、東南5m/s。
・ 夕方涼しくなるのを待ってランへ出た。時間が遅いので、慣れたコースを走った。
・ 風もあって走りやすかったが、体は重く、足裏に衝撃が大きく、突き指をしている右足中指が痛くなった。
・ 前半はスローペースだったが、東京造形大で折返しの後半はノンストップ全力で走った。
・ しかし、後半のタイムも良くなかった。
(2km) 11分85秒 (4km) 24分07秒 (6.5km)39分09秒
(8km)46分13秒 (10km)56分07秒 (13.5km)71分52秒

◎ セミの抜け殻を見た

(セミの鳴き声)
・ 7月後半からセミの鳴き声が大きくなって、8月前半は公園や街路樹などでセミの大きな鳴き声がしている。
・ ジージリ・ジー、ミン・ミーン・ミー、オーシンツクツクなど。
・ 鳴き声がするあたりを探すと、わりと簡単に見つけられる。

(セミの抜け殻)
・ セミの鳴き声につられて、メタセコイアの大木を見渡していると、高さ2~3mのあたりの葉っぱの先にセミの抜け殻がぶら下がっていた。
・ 以前、他の場所でセミの抜け殻を見た時は、1m位の高さに集中していたので、こんな高い所によく登るものだとびっくりした。
・ メタセコイアの葉っぱは細長くてギザギザして幼虫がつかまりやすいのか?
・ ネットで調べると、セミの抜け殻は、木の幹や根元、葉っぱの裏側などわりと低い所でよく見つかるという。
・ セミの声を聞くと、もう夏休みも終わりに近いし、宿題どうしようか、と条件反射的に焦ってしまう。

○ メタセコイアの木
 (8/5)
画像






















画像
画像














画像












○ 桜
(8/9)
画像画像
















○ ハナミズキ、松
 (8/12)
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック