( 843 ) 2016年7月上旬の猛暑と天気急変

2016年7月5日(火)、24℃~19℃、雨/曇り/雨

○ 7月上旬の猛暑と天気急変

・ 7月初めから太平洋高気圧が日本列島に大きく張り出して、暖かい南風が吹き込んでいる。
・ 梅雨前線は日本海から東北付近に押し上げられて、九州から近畿、東海では連日、梅雨明けのような最高気温35℃を超える非常に厳しい暑さが続いている。

・ 八王子を含む関東でも、7月に入って昨日までの4日間連続で30℃を超え、特に土日は35℃超えの猛暑だった。
・ 昨日午後には、関東では北日本から冷たい天気が入り込んできて天気不安定となり、突然の激しい雷雨や突風に襲われた。
・ 今日は、西日本から九州各地で猛烈な雷雨があった。
・ 明日も九州での猛暑、西日本から関東での天候不安定と、北陸・東北での梅雨前線による大雨が続くようだ。
・ さらに、週末にかけて台風1号が沖縄に接近するようだ。
・ 極端な天気の変化はまだ続くようだ。

○ 7月5日には関東で気温急低下
   (12時半)
画像・ 関東には北から寒気が流入して、朝から小雨がパラついた。
・ 気温は終日上がらず、昼頃は秋のような涼しさだった。
・ 八王子の日中の最高気温は22℃で昨日より10℃も下がった。










画像・ 花壇の植木には霧雨がかかって湿っていた。
・ この真夏の冷気と雨滴は、夏山登山でハイ松地帯に来たら霧に覆われて視界不良になった時のような感じだ。












・ 猛暑と乾燥で痛んでいた花壇の草花は、恵みの雨をうけて色が鮮やかになって生気を取り戻したようだ。
画像画像



















・ 午後は雨がしとしと降り続き、夕方には路面に水たまりができていた。
・ 朝顔が雨に濡れて気持ちよさそうだった。
画像画像















◎ 雨で夜ランを見送った。
  日曜日からの腰痛が残っていたので、ちょうどよかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック