( 723 ) 夜4kmランニング - 東京モノレールに乗った

2016年3月8日(火)、晴れ、8℃~19℃

○ 朝の濃霧と気温上昇
・ 前日に4月下旬から5月上旬並みに暖かくなった中で雨が降り湿度が非常に高い状態が続いたため、今朝は全国各地で霧が発生した。
・ 特に関東全域には濃霧注意報が出て、鉄道や羽田空港での発着便に遅れや運休も発生した。
・ 八王子でも高尾山などの麓に霧が発生していた。
・ 日中はぐんぐん気温が上がって20℃近くに達した。5月並みで初夏の感じだ。
画像画像













◎ 夜4kmランニング
・ 20時05分、6℃、寒さは和らいだが南東風があった。
・昼間から右脇腹の痛みがあって右足がだるかったので、ゆっくりペースで走ったが、トイレに行きたくなって4kmで切り上げた。
(2km)9分53秒、(4km)19分45秒

◎ 東京モノレールに乗った

・ 八王子から羽田空港に行くときは、品川駅から京浜急行で行くことが多いが、今回は浜松町駅から東京モノレールで行くことにした。
・ JRからモノレール駅への乗り換えはそれほど時間はかからず、モノレールの乗車ホームと降車ホームが分かれているので乗車しやすい。
画像画像









・ 運賃は、東京モノレールは17.8kmで490円。京浜急行の品川-羽田空港(14.5kmで410円)よりかなり高い。
・ 所要時間と本数を比較すると、モノレールは6~8時台と17~18時台は普通(所要24分)だけだが、日中は空港快速(19分)と区間快速(21分)が1時間当たり5本ずつ運行されている。
・ 京浜急行のエアポート快特はノンストップ15分と速いが本数は少ない。朝・夕はエアポート急行(23分)が増え、日中は快特(17分)が多い。
・ 運行本数はモノレールの方が京浜急行より2倍以上多い。
画像画像












○ モノレールからの景観
・ 羽田空港の利用者数は国内線が6216万人、国際線が1059万人で、2017年度には8000万を超え、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年にはさらに増える。
・ 久しぶりにモノレールからの景色を見ると、臨海地域の高層マンションと商業施設が林立しているのに驚くが、2020年に向けてさらに都市開発は加速するであろう。
・ 羽田空港に降り立ってから首都東京に向かうアクセスとして、東京モノレールからの景観は群を抜いている。
画像画像











画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック