( 639 ) 夜5kmランニング - クロガネモチとヤマボウシの赤い実

2015年12月15日(火)、曇り、8℃~14℃

・ 朝から曇りだったが、日中は晴れ間が見えた。
・ 穏やかな小春日和で冷え込みはなかった。やはり暖冬だ。
  (7時10分)                      (12時50分)
画像画像










◎ 夜5kmランニング

・ 19時40分、9℃。風は弱く走りやすかった。
・ 走り出したときには右足付け根に鈍い痛みがあったが、左側に痛みはなかった。
・ ゆっくり走っていたら、2kmから右腸腰筋の痛みが少し緩和してきた。
・ しかし、夜は冷え込んでいるためかトイレに行きたくなって、お腹全体に痛みが広がってきて、5kmでリタイヤした。
  (2km)9分45秒、(4km)18分40秒、(5km)23分11秒

◎ クロガネモチとヤマボウシの赤い実

・ 11月から12月の樹木の花や実が少なくなる時期に、赤い実をつけて目立っているのは、クロガネモチとヤマボウシだ。
・ 冬の木の実もいろいろとあるものだ。

○ クロガネモチ

・ クロガネモチ(黒鉄黐)は、常緑性高木で10月~12月に真っ赤な実をたくさんつける。
・ 「カネモチ」と縁起がいいので、庭木によく植えられている。
・ また、大気汚染に強いので、街路樹としても広く利用されている。
・ 実を鳥が食べた後のフンからも発芽するので、繁殖力があるようだ。
・ 12月に赤い実をつける木として、ヒイラギモチ(セイヨウヒイラギ、クリスマスホーリー、チャイニーズホーリー)があるが、これらの葉のふちはトゲトゲなので違うようだ。
  (12月3日)    
画像画像












(12月5日)
画像画像















(12月13日)
画像画像











○ ヤマボウシ

・ 近くの通り沿いの植木に小さい丸い赤い果実が実っているの気になっていた。
・ 木の名前を調べると、ヤマボウシ(山法師)だ。
・ 山法師は、ミズキ属の落葉高木。6~7月に花が咲き、9月頃からサッカーボールのような赤い果実を実らせる。
   (11月23日)
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック