( 562 ) みなみ野10kmランニング - シルバーウィークに立川防災航空祭へ行った(その2)

2015年9月29日(火)、晴れ/曇り、18℃~23℃

画像・ 朝曇りから午前中は晴れたが、昼前には再び雲が空を覆った。
・ 気温も予想ほどには上がらず、南東風が強くなった。







◎ 八王子みなみ野10kmランニング

・18時、曇り、19℃、北風4m/s。 風が涼しかったので、長袖シャツで走った。
・ まだ少し右足付け根の腸腰筋の痛みが残っている。
・ 出だしから5km折返しまでゆっくり5分/km超ペースで走った。
・ 折返し後は痛みがひどくならなかったので、ペースアップした。
・ ラスト2kmでは左ヒザ外側が痛くなった。
 (2km)10分11秒、(4km)21分13秒、 (5km)25分57秒、
 (7km)35分19秒、(10km)49分02秒、(後半5km)23分05秒


◎ シルバーウィークに立川防災航空祭へ行った (その2) 【NO.558より続く】

〇 ヘリコプターの地上展示

・ 陸上自衛隊、海上自衛隊、警視庁、東京消防庁、米国空軍、米国陸軍などのヘリコプターが多数展示されていた。1年前の御嶽山噴火の時に出動した陸上自衛隊のUH-60JAの大型ヘリもあった。
画像画像










・ 超低空でのヘリコプターのデモ飛行が行われた。陸自の小型ヘリは急旋回など機動性がすごい。
画像 画像










・ 災害救助活動では、ヘリコプターからロープで降下して、遭難者をヘリに救出した。今回の茨城県常総市でも洪水で取り残された多くの人達を救助した。
   (東京消防庁)               (警視庁)
画像画像










・ 消火訓練では、ヘリコプターからの放水と地上放水の組合せが行われた。
・ 大型ヘリは特大バケットを吊り下げていた。山火事などに出動するだろう。福島第一原発事故の際にヘリコプターから決死の放水が行われた。
画像画像










・ 大規模化・多発化する災害等に対する救助救難活動には、ヘリコプターを中心とする航空機と地上部隊の連携が益々重要となっている。
・ 首都直下地震など巨大災害に対処するためには、装備充実と日頃の訓練がいかに大切か実感した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック