( 473 ) 夜8kmランニング - 東村山市立北山公園の花菖蒲(ハナショウブ)まつりへ行った

2015年7月2日(木)、雨/曇り、19℃~24℃

・ 午前中は雨が降っていたが、昼前にはやんで曇りになった。
・ 天気予報では、今日の予想最高気温は30℃だったが、あまり気温は上がらず、涼しかった。
・ 雨が降ると、朝の通勤列車は遅れる。月曜日から10分-20分-10分の遅れ。

○ 
・ 夜、京王線の特急列車に乗ると、車内広告は飲料ボトルなどで統一されていた。他の車両も同様で、10両編成の特急列車全体を使ってのキャンペーンだ。
・ いろいろなメーカーの飲料製品の広告があるので、飲料業界全体の共同広告かと思って見ると、「駅で、夏 をひと飲み」という「Summer Drink Fair 2015」のキャンペーンで、京王線の駅中、駅コンビニで飲料品を買おうという、鉄道会社と飲料メーカーとのコラボ広告だった。
・ なかなかアピール力のあるアイデアだと感心した。
画像画像










◎ 夜8kmランニング

・ 20時07分、22℃、南風3m/s。 
・ スタート時間が少し早かったのと明日は雨になりそうだったので、後半のペースアップを抑えて、走る距離をいつもの6kmから8kmに延ばした。
・ 5km位から左ヒザと左足カカトに痛みが出てきた。
 (2km)9分32秒、(4km)18分37秒、(6km)27分35秒、(8km)36分06秒


◎ 東村山市立北山公園の「花菖蒲(ハナショウブ)まつり」へ行った

画像・ 6月20日(土)に、東村山市立北山公園で行われている「第27回菖蒲まつり」を見に行った。【NO.460参照】
・ 訪問するきっかけは、駅構内で展示されていたポスターを見たことだ。






○ 東村山市北山公園

・ 北山公園は、八国山緑地を背景に、東京都と埼玉県との境にある。
・ 北山公園の6300㎡もの敷地に約220種、8000株、10万本の花菖蒲が植えられている。
・ のどかな里地里山の風景だが、公園の南側には休憩所があり、露店もたくさん並んでいて、まさに祭りの雰囲気だ。公園の外にも売店が出店していた。
画像画像










・ 漢字は「菖蒲」でも、アヤメとカキツバタという読み方もある。
・ 違いを調べると、アヤメは陸上の乾燥地で5月上旬に花が咲く。葉は細長く、白い筋はない。花弁の元に網目状の模様がある。
・ 花菖蒲は、半乾湿地に育ち6月頃花が咲く。葉に白い筋があり、花弁の元に黄色い目型模様がある。
・ 杜若(カキツバタ)は、水湿地に育ち5月中旬に花が咲き、葉に筋はなく幅広い、花弁の元に白い目型がある。
画像画像
















・ 訪問した6月後半には、花菖蒲のほか、アジサイ、ユリの花が咲いていた。
・ ピンクのハスの花ももうすぐ咲きそうになっていた。
・ 菖蒲の濃青紫とハスのピンクは対照的で美しい。
・ 池の中には、メダカ、アメンボウがいて、カエルの鳴き声が響いていた。
・ 八国山緑地とともに、ぜひじっくり訪問したいところだ。
画像画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック