( 315 ) 風邪薬「葛根湯」を飲んだ - ロウバイ の花が咲いている

2015年1月26日(月)、曇り/雨、3℃~12℃

・ 朝は晴れていたが昼前に曇りとなって、気温は3月上旬並みの暖かさとなり、ホッと一息ついた。
しかし、夜には小雨が降った。

◎ 体調不良で葛根湯を飲んで寝た。

・ 前2日間のランニングで体が冷えたせいか(特に帰りの電車での移動の際)、朝から腰が痛くて、肩こりがひどくて、眼の周りがズキズキした。
・ これは、風邪のひき始めか、花粉症になった時の症状だ。
・ 周りの方に花粉症の症状が現れたか聞いたが、まだらしいので、風邪かなと思った。

画像・ 体調不良であったのに、先週末に続いて飲み会があり、紫煙の中に2時間半どっぷり浸かってしまった。
・ 居酒屋なので、声が届くように大声で話していたら、ノドが涸れてヒリヒリしてしまった。
・ 座敷だったのでアグラをしていたら、腰が曲がって痛くなった。
・ まだ月曜日だ…。

・ 帰宅後も調子が悪かったので、風邪薬 「葛根湯エキス顆粒」 を飲んだ。

・ そんな中で、今日は、心和らぐテーマにした。


◎ ロウバイ(蝋梅) の花が咲いている


○ 1月に花が咲くロウバイの木
画像・ 1月から2月にかけての厳寒の季節には、園芸用の花以外には、ほとんど野花や樹木の花は見かけない。
・ そんな茶色の季節の中、駅に向かう途中の家の塀の上に、小さな黄色い花がたくさん咲いているのに気がついた。
・ 花の大きさは2cmほどで、細い枝にたくさんの薄い黄色い花が咲いていて、今が満開だ。
・ 図鑑で調べると、 ロウバイ(蝋梅) という木で、 花全体が黄色いロウバイをソシンロウバイ(素心蝋梅)という。
・ 満開になると、上品な薄甘い香りを漂わせせ、英名では Winter sweet という香りの花木だという。
・ 確かに、甘い良い匂いだ。


画像画像











・ 花が咲いた後に、葉が出てくるのは、梅や桜と同じ。
・ 花の中に混じって、所々に、こげ茶色のしなびた実がついている。
・ 中には種が入っている。
・ 寒い殺風景な中で目を楽しませてくれる 貴重な存在だ。 朝の元気をもらえるようだ。

この記事へのトラックバック