( 242 ) 朝・夜8kmランニング ― ご当地アイドル 「川崎純情小町」は大活躍!

2014年11月14(金)、晴れ、2℃~15℃

画像今朝も晴れて今季一番の冷え込みとなった。寒波到来で、朝陽を浴びた富士山の冠雪が広がっている。
都心では初めて10℃を下回ったとニュースになっていたが、八王子では2℃、北海道や東北では大雪だ。
昼にかけて気温は上昇したが、15℃止まりで、夕方には10℃を下回った。

(朝3kmランニング)
朝6時35分、3℃、無風、体全体が冷えたが、ゆっくりランで15分間走った。
(夜6kmランニング)
20時10分、7℃、無風。体は冷えていたが、出だしからわりと良いペースで走れているなと思ったが、2kmからトイレに行きたくなった。何とか5kmまで粘った。
やはり、冬のマラソンレースには参加できないな…。
(2km) 9分47秒、(4km)19分11秒(9分23秒)、(5km) 23分34秒(4分23秒)

◎川崎幸市場の食鮮まつりへ行った。

(川崎幸市場とは)
画像11月9日(日)12時頃、川崎幸市場で開催された「第22回食鮮まつり」を見に行った。
正式名称は、川崎市地方卸売市場南部市場だが、26年4月に「川崎幸市場」に改称された。
市場には、青果物、花卉、水産物の卸売場と仲卸店、関連店舗がある。



(市場の食鮮まつりは安くておいしい)
この日は市場全体で、魚、野菜、花などの即売会、模擬店、イベント等が行われ多くの市民が来場していた。
子供向けの遊びもバッチリだ。
画像画像








◎「川崎純情小町」 は大活躍!
・ 市場の中でも特に盛り上がっていたのは、川崎のご当地アイドル「川崎純情小町」のステージだ。
  着いた時にはすでにステージは始まっていて、 「風鈴火山」などの元気なアップビートの歌とキレのある踊りはなかなかのものだ。
 中でも「川崎純情音頭」は「ドンドンドンドン川崎」「川崎競輪で奇跡をおこせ」など、さすが地域おこしの歌だ。
 ステージの脇には熱心な応援団もいてパフォーマンスを盛り上げていた。
画像画像











・ 川崎純情小町は、川崎市の地域活性化プロジェクトとして平成23年10月に結成された女性5人組グループで、川崎市内を中心に横浜、東京など年間100件以上のイベントに出演し、引っ張りだこの人気だ。
 活動内容は、川崎の地域の魅力、製品や食品、職人、お店のPR活動、企業や店舗とのコラボ商品の開発、企業訪問、介護ボランティア、チャリティ活動、3R推進活動、市内の多摩川花火大会、大型商業施設、川崎競馬場でのイベント出演、神奈川県警察一日サイバーポリス、中原警察署一日警察署長、川崎競輪イメージキャラクター、川崎市消費生活応援隊など数えきれないほど多彩だ。
 さらに、ラジオ日本の情報番組「かわさきマッチングタイム」のメインパーソナリティ、24年9月にはメジャーデビュー、ホリプロ主催の25年ご当地アイドルNo.1決定戦で全国約300組の中からファイナリスト11組に選ばれた実力だ。
・ 11月16日の川崎国際多摩川マラソンにも登場する。元気なパフォーマンスが楽しみだ。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック