( 226 ) 朝夕9kmランニング - 柿の実が熟した

2014年10月29日(水) 晴れ、6℃~20℃
朝から晴れて冷え込みは厳しかった。今朝も富士山がくっきり見えた。車のフロントガラスには露が降りていた。
昼にかけて気温上昇したが、夕方には気温は急低下した。夜と昼の寒暖の差が大きい。
画像画像







(朝3kmランニング)
6時35分、7℃、無風で冷え込みが厳しかったが、陽射しの当たる所は暖かい。3km、15分程度走った。
(夜6kmランニング)
20時10分、12℃、無風。左太もも中央にズキズキ感が続いているので、ゆっくり走り始めたが、後半はペースアップした。前半3km15分07分、後半3km13分54秒、計6km29分01秒。左足全体に重い感じが残っている。

(柿の実が熟している)
柿の木は、町内の多くの庭で育てられている。
9月下旬には多くの柿の実は、まだ緑色から薄いだいだい色に変わってきたところだったが、赤く熟した柿の実は、カラスやヒヨドリなど食べられてしまうようだ。
 (9月27日)
画像画像










10月に入ると、柿の実全体がだいだい色に熟してきた。
庭の柿の木には実が重なってなっている。今年は豊作の年だろうか?
山里では、このように熟した柿を狙って熊が出没し木を登る。
     (10月19日)            (10月27日)
画像画像












画像「桃栗3年 柿8年」と言われている。何事も成熟するまでに相応の年月がかるということ。
芽が出てから実がなるまで栗は3年だが、柿は8年もかかるということだが、この小さな柿の木にも実がなっていた。8年も経っていないように見えるが。








画像柿の実にはタンニンを多く含み、ビタミンC、A、カロテン、糖質が豊富で、二日酔いや風邪の予防に良い。
最近店で売られている柿は種無しがほとんどだが、柿の種はあってもいいと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック