(55) ウォーキング - 東京臨海副都心へ行った(その1:日比谷公園~丸の内仲通り)

GWが終わり、落ち着いた頃を見計らって、久々に東京都心へ出かけた。
日比谷公園から東京臨海副都心をめざし、できるだけ混雑を避けてウォーキングした。

まず訪れたのは、日比谷公園。都心部にありながら池や多くの木々があり、緑は濃くなっていた。
公園内には、日比谷図書館、野外大音楽堂、テニスコートなどがあり、中でも、日比谷松本楼の白い建物の風情がいい。カレーが有名だが、いただく余裕なし。噴水は止まっていた。
画像画像










花壇では、チューリップは終わり、ポピーが盛りを迎えていた。
画像画像








北東角にある 心字池 越しに帝国ホテルが見える。
画像画像








日比谷から丸の内へと通じる「丸の内仲通り」は、大会社のオフィスビルと瀟洒な店が並び街路樹もきれいで、さすが日本ビジネス界の中心だ。
バラのハンギングバスケットが質の高さを感じさせる。(続く)
画像画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック